スマホの音をスピーカーで!iPhoneとコンポをケーブルで接続する方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

CDをコンポで聴き始めてから、スピーカーを通して聴いた音の方が魅力的なことに今さら気がつきました。←

部屋に広がって包み込むような音になるし、迫力も増します。スピーカーってすごいね!

私が持っているコンポはかなり前のもので、当然Bluetoothには対応していません。

CDはコンポで聴けるけど、サブスクの音楽やYouTubeの音もスピーカーを通して聴きたいなと思ったので、iPhoneやPCとコンポをつなげるRCAケーブルを購入して接続させました。

やっぱりコンポのスピーカーで聴く音の方がいい〜♪これでサブスク生活やYouTube視聴生活が充実しそうです。

スマホやPCとコンポを接続したい人は参考にしてみてくださいませ。

目次

RCAケーブルを購入

今回私が購入したのは、iPhoneやPCとコンポを接続させるためのRCAケーブルです。

RCAケーブルは種類がたくさんあって値段もさまざまなのですが、あまり高いものは手が出ないのと、お部屋に配線するわけなのである程度見た目もスマートなものがいいなと思いました。

それで見つけたのがこれ!UGREENの3.5mm RCAケーブル。

RCAケーブル

細めのケーブルは黒の布みたいなので覆われていて、差込口は光る茶色で高級感があります。値段はお手頃でした。

iPhoneとPCの両方を接続させたかったので、イヤホンプラグ形式のRCAケーブルを買いました。

RCAケーブルとイヤホンジャック

私が使っているのはiPhone SEなのでヘッドホン(イヤホン)ジャックはありません。

なので、Lightningから3.5mmのヘッドホンジャックに変換するアダプタは別途用意しました。

Apple(アップル)
¥1,324 (2024/04/17 13:26時点 | Amazon調べ)

差し込み口がLightning形式のRCAケーブルもありました。

PCの接続は不要でiPhoneやiPadだけを接続させたい場合は、こちらのケーブル1本でスマホとコンポを接続させることができます。

iPhoneやPCとコンポを接続

早速RCAケーブルを使って、iPhoneやPCとコンポを接続してみます。

RCAケーブルにLightningアダプタを接続

PCと接続する時は直接PCのヘッドホンジャックに差し込み、iPhoneに接続させる時はこんな感じで3.5mmのヘッドホンジャックとRCAケーブルを接続します。

RCAケーブルの差し込み口

コンポ背面のRCAの口に、UGREENのRCAケーブルを差し込みます。

購入前に大きさは要確認したのでぴったり!ケーブルの長さは、1m、2m、3m、5mがありました。

スピーカーからの音の包容力

iPhoneやPCから直接聴くのと、スピーカーを通して聴くのでは音の広がりや包容力が全然違うと思いました。

iPhoneやPCで聴いていると、どうしてもその部分だけ局所的に音が出ている感じになりますが、スピーカーを通すとお部屋全体を音が包んでくれるようで、音がまろやかで柔らかいし、深みや迫力も感じます。

スピーカーにハマってしまい、音楽のみならずインタビューや語学学習の音声テキストなども全部スピーカーを通して聴くようになりました。

もっと早く使い始めていればよかった!

スマホとコンポやスピーカーを接続させたい人はぜひ試してみてください。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、会社を退職して2015年〜2021年までスペインのセビージャ暮らし。スペイン生活の中で気づいたこと、セビージャのこと、旅の思い出、スペイン語などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬
詳細なプロフィール

コメント

コメントする

目次