スペインはコーヒーの種類がたくさん!バルでの頼み方をマスターしよう

スペインはコーヒーの種類がたくさん!バルでの頼み方をマスターしよう




スペイン人はコーヒーをよく飲みます。

朝食はトーストとコーヒー。昼食後にコーヒー。バルで休憩する時もコーヒー。1日でコーヒーを飲むタイミングが何度かあることも珍しくありません。

そして、ミルクの量に応じてコーヒーの呼び名が変わるのも特徴。ひとくちにコーヒーと言っても種類がたくさんあるのです。

moni
「カフェラテ」や「カプチーノ」はスペインでは通じないかも。

というわけで、スペインで飲まれるコーヒーの種類とバルでの頼み方をご紹介します。

ミルクの量で呼び名が変わるスペインのコーヒー

スペインではコーヒーに入れるミルクの量によって、名前が変わります。

セビリア中心部のチュロス専門店『El Comercio』のコーヒーマシン

達人技でコーヒーを入れていくウェイター

スペインのバルでコーヒーを頼む時に「カフェ」だけだと伝わらないのは、ミルクの量によって呼び名が異なるから。しかも、日本のように「カフェラテ」や「カプチーノ」は通じないことが多く、スペイン式のコーヒーの頼み方をする必要があります。

私がセビリアで生活していて覚えたスペインのコーヒーの呼び方はこちら。

カフェ・ソロ(cafe solo):エスプレッソ
カフェ・コルタード(cafe cortado):コーヒー7〜8割、ミルクが2〜3割
カフェ・コン・レチェ(cafe con leche):コーヒー半分、ミルク半分
カフェ・マンチャード(cafe manchado):コーヒー2〜3割、ミルク7〜8割
カフェ・アメリカーノ(cafe americano):コーヒー半分、お湯半分

ただしコーヒーの呼び方には地域差があるので、別の呼び方で呼ばれることもあります。コーヒーの種類と別の呼び方は以下で解説!

カフェ・ソロ(cafe solo)

カフェ・ソロはコーヒー(エスプレッソ)のみで、小さいカップで出されます。

食後や目を覚ましたい時にカフェ・ソロを頼む人がいるようです。バルでカフェ・ソロを飲んでいる人は実際はあまり見かけないけど。

カフェ・コルタード(cafe cortado)

コーヒーが7〜8割で残りがミルクと、ミルクの量が少ないコーヒーがカフェ・コルタード。地域によっては、カフェ・ラルゴ(cafe largo)という言い方もされるようです。

日本でエスプレッソ以外にここまで濃いミルク入りコーヒーはないはず。コーヒーの苦味が好きな人は、カフェ・コルタードだとコーヒーのパンチを感じることができるでしょう。

カフェ・コン・レチェ(cafe con leche)

スペインで一番飲まれているコーヒーがカフェ・コン・レチェ。

「何飲む?」と聞かれたら「カフェ・コン・レチェ」と言う人が大多数です。スペインのバルでコーヒー飲みたかったら、とりあえず「カフェ・コン・レチェ」と言っておけば万事OK。

カフェ・コン・レチェはコーヒーとミルクの割合がちょうど半分くらい。日本のカプチーノのようにミルクが泡立ってはいないですが、だいたいカプチーノと同じくらいのコーヒーの濃さです。

アンダルシアでは朝食にトーストとカフェ・コン・レチェを楽しむのが一般的。朝のバルやカフェに行ったら、みんなカフェ・コン・レチェ飲んでるはずです。

スペインチクラナのトスターダ

スペインアンダルシアのバルの朝食「トスターダ」を一挙公開!

2017-05-03

カフェ・マンチャード(cafe manchado)

私は実はコーヒーがあまり好きではありません。私のようにコーヒーが苦手な人はカフェ・マンチャードを頼むとよろし。

コーヒーの割合が2〜3割で残りはミルクなので、コーヒーの苦味に苦労することなく飲むことができます。

マンチャードは “manchar(染みをつける)” というスペイン語で、名前の通り染みをつけるくらい少しの量のコーヒーということ。

地域によっては、カフェ・ラグリマ(cafe lagrima)と呼ぶこともあるそうです。ラグリマはスペイン語で涙。涙くらいの少しの量ということでしょうね。

そんな少しの量のコーヒーでも、バルによっては元々のエスプレッソが濃くてマンチャードでも苦いなと感じることがあります。

私のように本当にコーヒーが苦手な人は「ムイ クラロ(muy claro)」または「ムイ ポコ カフェ(muy poco cafe)」と伝えてみてください。ほとんどミルクのコーヒー牛乳風の飲み物が出てきます。

ヘレス・デ・ラ・フロンテーラでは「レチェ・マンチャ(leche mancha)」と言うと、同じくコーヒー牛乳風の薄めコーヒーのマンチャードが出てきます。

マラガはコーヒーの呼び名がさらに細かい

アンダルシア地方のマラガでは、さらに細かい段階でコーヒーの呼び名が定義されています。

カサベルメハのバルのコーヒー

左がヌベで右がソンブラ

ソロ(solo):コーヒー100%
ラルゴ(largo):コーヒー90%
セミラルゴ(semi largo):コーヒー80%
ソロ コルト(solo corto):コーヒー70%
ミタッド(mitad):コーヒー50%
エントレ コルト(entre corto):コーヒー40%
コルト(corto):コーヒー30%
ソンブラ(sombra):コーヒー20%
ヌベ(nube):コーヒー10%

以前にマラガのバルで「カフェ・マンチャードの超薄いやつ!」と頼んだら、「マラガではヌベって言うんだぜ」と店員さんに教えてもらいました。

moni
マラガの人はコーヒーの名前を覚えるの大変だね!

スペインのバルのコーヒーの特徴

スペインはバル文化。コーヒーを飲む時にカフェではなくバルで頼むことも多いです。

セビリア中心部のチュロス専門店『El Comercio』の中

カウンターでコーヒー1杯も粋

休憩がてらバルで1杯のコーヒーを頼むと、それだけでスペインに馴染めた感も。

moni
ジモティっぽいYO.

ここから先は、スペインバルのコーヒーの特徴をご紹介します。

スペインのバルのコーヒーは安い

日本にたくさんあるカフェは、コーヒー1杯300円〜500円程度だと思いますが、スペインのバルのコーヒーはもっと全然安いです。

私が暮らしているセビリアのバルでは、コーヒー1杯がだいたい1.2ユーロくらい。2019年11月の為替レートで計算すると、日本円で1杯145円くらいです。

観光客がたくさんいるエリアにはスターバックスもありますが、スタバのコーヒーは4ユーロ近く(480円程度)するので、地元の人がスタバには行かずバルでコーヒーを飲むわけです。

ミルクの種類を選べることがある

スペインのバルでコーヒーを頼む時に、ミルクの種類が選べる場合があります。

レチェ・デ・ソハ(leche de soja):豆乳
レチェ・デ・アルメンドラ(leche de almendra):アーモンドミルク
レチェ・デ・アロス(leche de arroz):ライスミルク
シン・ラクトサ(sin lactosa):乳糖なしのミルク

カフェなどでは豆乳やアーモンドミルクを見かけることがあるかも。一般的なバルだと、普通の牛乳しかないことも多いので、あくまでもあったらラッキー的な感じです。

ミルクの熱さについても同様。熱いのか冷たいのか聞かれたら好きな方を答えれば良いけど、特に聞かれないことの方が多いです。

レチェ・カリエンテ(leche caliente):ホットミルク
レチェ・フリア(leche fria):常温のミルク

スペイン人は猫舌の人が多いのか、常温のミルクを入れたコーヒーの方が好きという人が多いですね。

ガラスのコップで出てくる

ガラスのコップにコーヒーが入って出てくると、スペインっぽい!

アンダルシアのコーヒー

スペインコーヒーの王道スタイル

カフェのマグカップの方が冷めずにコーヒーを飲めるのだけど、スペインの人はみんなガラスのコップで飲みたがります。ガラスのコップだからいいの。

バルによってはマグカップにシフトしているところもあるので、ガラスのコップでコーヒーが飲みたかったら「エン・バソ(en vaso)」という頼み方をすればOKです。

夏はアイスコーヒーもOK!氷代は取られます

夏のバルではコーヒーじゃなくてほとんどがビール!になるけど、アイスコーヒーが飲みたい時は氷を別でもらうことができます。

「コン・イエロ(con hiero)」と言えば、ホットのコーヒーと氷が入った大きいコップを渡されるので、氷にホットコーヒーを入れてアイスコーヒーに仕上げる形です。冷やしておいたアイスコーヒーよりこっちの方がおいしいって言うよね。

アイスコーヒー用の氷代は、別に請求するバルの方が多いです。追加20セントくらい。

カフェインを取りたくない時はカフェインレスコーヒー

午後にコーヒーを飲むとカフェインで眠れなくなっちゃう!という人は、カフェインレスコーヒーが頼めます。デスカフェイナード(descafeinado)と付け加えればOK。

デスカフェイナード・デ・マキナ(descafeinado de maquina)は、カフェマシーンで淹れたコーヒー。マキナ(maquina)と言わないと、袋入りのカフェインレスコーヒーが出されることがあります。

カフェマシーンはカフェイン入りと共有なので、ほんの少しのカフェインが入ってしまうこともあるようですが、「デスカフェイナード・デ・マキナ!」と頼んでいる人が多いです。

スペインのバル文化になくてはならないコーヒー

スペインの人々は、バルで友達とおしゃべりをしたり、休憩をとったりする合間にコーヒーを楽しんでいます。

「tomamos cafelito?(コーヒー飲んでく?)」と言われたら、コーヒーが飲みたいのではなく話がしたいということ。日本の「お茶してかない?」と同じですね。

スペインのバル文化にコーヒーはなくてはならない飲み物です。コーヒーの頼み方がわかってたくさんのコーヒーが楽しめると、スペインのバルにさらに馴染むことができますよ!

moni
ちなみに私はコーヒーが好きではないです。笑。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

おすすめ関連記事

コーヒー文化のスペインでコーヒー嫌いがバルで飲むものは?

コーヒー文化のスペインでコーヒー嫌いがバルで頼む飲み物

2019-02-02
スペインのバル巡りは一人旅にもおすすめ!頼み方や注意点を徹底解説!

スペインのバル巡りは一人旅にもおすすめ!頼み方や注意点を徹底解説!

2019-07-07
スペインに行きたくなったら
海外航空券はサプライスが安いのでおすすめです。期間限定のお安い航空券が購入できることもあるので、こまめにチェック!

Surprice(サプライス)の公式サイトへ

スペイン旅行の前にチェック!
▽ 海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを持って行こう
年会費無料の【エポスカード】公式サイト

▽ いつでもネットに繋げたいなら海外で使えるWiFiの準備を
海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

▽ スーツケースはレンタルがお得でスマート
即日発送可能!【アールワイレンタル】






スペインはコーヒーの種類がたくさん!バルでの頼み方をマスターしよう

気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬