スペイン語

赤い糸の相手はスペインでは半分のオレンジ?運命の人を意味するスペイン語の伝説

2019-08-07

赤い糸の相手はスペインでは半分のオレンジ?運命の人を意味するスペイン語の伝説

スペイン語で運命の人を意味する言葉は、“Media Naranja” と言います。

先日とあるクラスで、日本語では“Media Naranja”という言葉はあるのか?と聞かれ、考え込んでしまいました。

日本語だと「赤い糸」に当たるのかな?と。

というわけで、スペイン語の “Media Naranja” の意味と伝説について調べてみました。

スペイン語「Media Naranja」の意味

スペイン語では運命の相手のことを、 “Media Naranja” という言い方で表現します。直訳すると半分のオレンジ。

自分は半分のオレンジで、それとぴったりハマる片割れの半分のオレンジを指して “Media Naranja” という言い方をするようです。

調べていると “Media Naranja” には2つの意味があるようなので、“Media Naranja” の意味をご紹介します。

理想的な生涯を共にする相手

一般的にスペイン語で “Media Naranja” と言ったら、生涯を共にする相手のことを指すことが多いはずです。

自分にぴったりの理想的な伴侶のことで、“Eres mi media naranja.” という言い方で夫婦や恋人同士で使われます。

フラメンコの歌のクラスで出てきたのはこの意味の “Media Naranja” で、運命の人に出会えた喜びを歌っているもの。

Viva la media naranja viva
Viva la naranja entera...〜♪

半分のオレンジ(運命の相手)よ万歳
オレンジ丸ごと一個(運命の相手と出会えたこと)よ万歳

日本語にするとだいぶダサいですが、歌詞全体は「運命の相手と出会え母親に契りを結んでいいかと尋ねたら、もちろんいいわよと言われた」的な内容が素敵なスペイン語で綴られています。

最高の相棒

もう一つ “Media Naranja” には、最高の相棒という意味もあります。

まさに杉下右京さんが出てくる日本のドラマ「相棒」のような感じで、これ以上ないくらい相性が良い友達や仕事仲間に対しても “Media Naranja” というスペイン語が使えるようです。

スペイン「Media Naranja」の伝説

なぜスペイン語で “Media Naranja” が自分の片割れである運命の相手を意味するようになったのか、“Media Naranja” にまつわる伝説を調べてみました。

“Media Naranja” は、ある喜劇から生まれた言葉だそうです。その喜劇の内容はこんな感じ。

かつて人間はオレンジのように丸いものだった。

それが時代を経て、2つの顔、4つの腕と足の、人間が2人くっついたような形に変化した。

神トールはこの変化に怒り、全てを殺そうとした。しかし、神ゼウスは罰を与えようと体を半分に割った。

こうして1つの顔、2つの腕と足の現在の人間の姿になったが、もともと自分の半分だった片割れを探すことになった。

この伝説が本当ならば、“Media Naranja” はもともとは自分と一心同体だった片割れ。

だから、自分とピッタリ合う相手だし、生まれた時から相手が決まっている日本の「赤い糸」にも似ているなと思いました。

日本「赤い糸」の伝説

ついでに、日本の「赤い糸」の伝説についても調べてみました。

「赤い糸」の伝説には諸説あるようですが、一般的なのは中国の「太平広記」に記されている伝説が有力のようです。それはこんな話。

ある青年が旅の途中に不思議な老人と出会う。

老人は死後の世界から来た神様で、現世で男女の足首に赤い糸を結ぶ役目をしていた。赤い糸で結ばれるとどんなことがあっても縁が切れず、最後には結ばれるのだそう。

青年が現在進行中の縁談について尋ねると、相手にはすでに赤い糸で結ばれた相手がいるので破談になると言われてしまう。そして青年の赤い糸の相手は3歳の娘だと判明。

怒った青年は3歳の娘を殺すように指示した。しかし殺害は失敗し、娘は額に傷を負ってしまう。

青年の縁談はなかなか決まらず、ついに14年後紹介された娘の額に傷があった。聞くと、14年前に殺されかけた時にできた傷だという。

青年は老人が言っていたことが正しかったのだとやっとわかり、娘と結婚して娘を大切にした。

なんだか乱暴な話ですが、運命の赤い糸で結ばれた相手とは縁を切ることができないということですね。

スペイン語「Media Naranja」は運命の人

スペイン語の “Media Naranja” は、運命の人という意味です。

日本の「赤い糸」と少し違うかなと思うのは、結婚や恋愛の相手だけでなく友達や仕事仲間など相性がピッタリ合う相手に対しても “Media Naranja” は使えるらしいということ。

私が聞いたことがあるのは、生涯を一緒に過ごす運命の相手というニュアンスでした。

ちなみに「翻訳できない世界のことば」という本に、スペイン語の “Media Naranja” が掲載されているそうです。日本語で表現しにくいスペイン語ということなんだね。

created by Rinker
¥1,760 (2021/10/27 04:58:50時点 Amazon調べ-詳細)

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

私が使っているスペイン語のおすすめ辞書とアプリ
私が使っているスペイン語のおすすめ辞書とアプリ

まだまだ難しいスペイン語。毎日のように辞書を引いています。 語彙力やボキャブラリーを左右するから辞書は重要! スペインで日本語の辞書は手に入らないしね。 というわけで、日本でスペイン語を勉強していた時 ...

NEW ENTRY

スペイン関連ニュース

スペイン人初のショパンコンクール入賞とスペインのクラシック人口

ショパンコンクールの配信ライブを毎日のように見ていました。 昨日の朝4時頃に大トリの演奏が終わり、朝9時過ぎ頃にファイナルの結果が発表となりました。 6時半頃に結果が出ると言われていたから、かなり待ったYO!! 気になるファイナルの結果なのですが! スペインのヒホン出身のMartín García García(マルティン・ガルシア・ガルシア)さんが3位入賞!そして同時にコンチェルト(協奏曲)において最優秀演奏賞も受賞されました。 Martín García Garcíaさん、おめでとうございます! Co ...

ReadMore

スペインで一番多い名字はガルシア 父母の姓を2つくっつけて自分の名字

生活全般

スペインで一番多い名字はガルシア 父母の姓を2つくっつけて自分の名字

最近家にこもりつつ、毎日ショパンコンクールをYouTubeの配信で見ています。 ショパンコンクールにスペインから唯一出場しているMartín García García(マルティン・ガルシア・ガルシア)というコンテスタントがいます。 「なんでガルシアが2回続くんだ?」と疑問に思った方がいたみたいなので、この記事を書いてみることにしました。そしてガルシアはスペインで一番多い名字だった! スペインの名字にまつわるお話。 Contents1 スペインで多い名字1.1 スペインで一番多い名字はGarcía1.2 ...

ReadMore

スペインで飲めるノンアルコール飲料!炭酸水や0,0ビールもおすすめ

グルメ

スペインで飲めるノンアルコール飲料!炭酸水や0,0ビールもおすすめ

スペインはビールやワインが安いので、お酒を飲む人はバルやレストラン、家でたくさん飲めるし飲んじゃうと思います。 肝臓気をつけてね! 私はお酒が好きなので、特に暑い暑いアンダルシアの夏はお水の飲むようにビールを飲んだりしてました。バルでソフトドリンク頼むよりビールの方が安いのでつい...。 でも「お酒は飲めないの」という方や「運転あるからお酒はダメだZE」という方もいらっしゃると思います。たまには胃を休めたい時もあるし。 というわけで、お酒が飲めない時にスペインで飲むドリンクをご紹介します。 Content ...

ReadMore

海外から帰国してそうそう日本ってこんなだった!と思ったこと

日本

海外から帰国してそうそう日本ってこんなだった!と思ったこと

日本で静養中のmoniです。 スペインから帰ってきて日本で生活をしていると「そうそう日本ってこんなだったよなー」って思うことが結構あります。 はじめは日常生活の中でちょっとした違和感や新鮮さを感じたりしていました。 今回は海外から日本に帰国して「そうそう!そうだった!」と私が個人的に思ったことを書いてみます。 Contents1 家の中編1.1 電気のスイッチが低い1.2 鍵閉めるの忘れる1.3 アイドルグループの乱立2 外出編2.1 買ったものをレジですぐ袋に詰めなくて良い2.2 車が止まってくれない2 ...

ReadMore

スペイン語で「やまない雨はない」の言い方

スペイン語

スペイン語で「やまない雨はない」の言い方

前回の記事はたくさんの方に読んでいただき、またコメントや個別のメッセージもたくさんいただき、本当にありがとうございました。 こんな弱い自分のためにかけてくださったみなさまのお言葉が本当に温かくて、ひとつひとつ大切に泣きながら読みました。Mil gracias...!! YouTubeには2分に満たない短い報告動画をあげたのですが、スペイン語でコメントくださった方がいました。 Nunca llovió que no escampara. やまない雨はない 胸に沁みたスペイン語だったので、取り上げてみます。 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

moni

スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、会社を退職して2015年〜2021年までスペインのセビージャ暮らし。スペイン生活の中で気づいたこと、セビージャのこと、旅の思い出、スペイン語などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。vlogをYouTubeにあげてます。Sevilla tiene un color especial〜♬
▶︎詳細なプロフィール

-スペイン語

© 2021 急がば回れ|moniとスペイン Powered by AFFINGER5