英語とスペイン語の同時学習してみて思うこと

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

英語とスペイン語を同時に学ぶことはできるのか?

私の持論ですが、できると思います。

ただし、どちらも初心者レベルから同時に学ぶのはあまりおすすめしません。

スペイン語をベースに英語を学習している私の体験談と、英語とスペイン語を同時に学ぶ際の考え方をご紹介したいと思います。

目次

英語とスペイン語を同時に学ぶことは可能

英語とスペイン語は似ている部分があります。

例えば単語はかなり似ているものもあります。

英)continue → 西)continuar
英)divide → 西)dividir
英)study → 西)estudiar
英)authentic → 西)auténtico

ここに挙げたのは一例ですが、綴りが似ている単語は覚えるのがかなり楽になりますし、文を読んでいる時は類推することができます。

文法でも似ている部分があります。

冠詞、前置詞などのルールがあったり、時制や接続法(英語の仮定法)の考え方が似ていたりします。

日本語と英語は相当離れているし、外来語などでまだ英語に触れる機会が多い日本人からしたら、日本語とスペイン語はかなり離れていると思うでしょう。

moni
発音は英語よりスペイン語の方が日本語に近い感じがして、簡単なんだけどね。

それに比べると、英語とスペイン語の違いは、日本語と英語、または日本語とスペイン語の違いよりも近いです。

なので、英語とスペイン語を同時に学ぶと、文法の理解が早かったり、同じような単語を類推して覚えていくことができます。

ただし!

英語とスペイン語の同時学習をする時に、気をつけたいことがあります。

まずはどちらかの言語を中上級レベルにしよう

英語とスペイン語を同時に学ぶ時に私がおすすめする方法は、まずはどちらかの言語を中上級レベルにすることです。

英語とスペイン語は似てると言っても、全く異なる単語もあるし、文法ルールも同じものもあれば、異なるルールが適用される場合もあります。

例えば英語は前置詞の後ろは名詞に相当するものがくるから、動詞を置く時は動名詞になりますが、スペイン語は前置詞の後ろは原形です。

英)Thank you for coming.
西)Gracias por venir.

どちらかの言語が中上級レベルなら、「あぁそうか、これは英語ではxxのルールだけど、スペイン語だとyyのルールなんだな」と頭を整理させていくことができます。

しかしどちらも初級レベルの場合、ルールの違いを認識できないままであったり、どちらかのルールを間違って覚えてしまう可能性があります。

英語であれば英検2級程度、スペイン語ならB1〜B2程度が目安かなと思います。どちらもこのレベルなら心強いけど、そうでなくてもどちらかはこれくらいのレベルだと同時学習はしやすくなります。

もともと英語またはスペイン語が上級レベルの人は、同時に学ぶといいことだらけだよ!と言うかもしれません。

が、それはどちらかの言語が上級レベルだから言えること。

なので、どちらかの言語レベルをまずは中級以上に引き上げることをおすすめします。

どちらかを中上級レベルにする理由

なぜどちらかをまず中上級レベルにした方が良いのか。私が考える理由をご紹介します。

時間がない

多言語同時学習の障壁となるのは何よりも、時間がないことだと思います。

1日4時間以上、もしくは大学受験生並みに言語の学習に費やせますという人なら、2言語初級レベルからのスタートでも勉強時間の量でなんとかこなせるかもしれません。

しかし、多くの人は限られた時間の中で外国語の学習をしなければいけません。

1日1時間の勉強時間なら、英語とスペイン語のそれぞれを隔日で勉強することになり、忘れてしまうリスクが倍。

moni
言語の学習は3歩歩いて2歩下がる(どなたかの歌やん)だからね。

どちらかを中上級レベルになるまで毎日勉強した方が、頭に入っていく可能性は格段に上がると思います。

そして、どちらかの言語(仮に英語とします)が中上級レベルに達すると、英語の文法は一通りわかっているので、あとは英語の文章を読んだりニュースを聴いて徐々にレベルを上げていく一方で、初級であるスペイン語の勉強、はじめは文法をガッツリ勉強していく、という方法が取れます。

苦労が2倍

言語は1対1で結びつけることができないものです。

つまり、英語の文法や意味を理解したらスペイン語に相当するものも同時に理解できるわけではないので、どちらも初級レベルでスタートすると覚えることが2倍になり、2倍苦労することになると思います。

外国語の学習で最初にがんばらなければいけないのは、初級の単語となんと言っても文法です。文法が覚えることが多くて一番時間がかかるのよね。

英語ではこの文法、スペイン語ではこの文法。というルールが一度に2度押し寄せてきたらどうでしょう。

特にスペイン語は人称によって動詞が変化するので、まずはそれを覚えるので一苦労。さらにイレギュラー活用があり、何度鉛筆を投げたくなったことか…。

どちらか一方が中上級レベルであれば、同時に押し寄せる苦労は少ないです。

2つの同時学習を比較するとこんなイメージ

どっちも初級
英語初級の大変さ 1 + スペイン語初級の大変さ 1 = 2

どちらかが中級以上
英語中級以上の大変さ(文法の基礎はある)0.5 + スペイン語初級の大変さ(英語の知識で補える部分がある)0.5 = 1.2

英語とスペイン語の同時学習はどちらかのレベルを上げてから

というわけで、あくまでも私の考えですが、英語とスペイン語を同時に学ぶなら、まずはどちらかを中上級レベルにしてから取り組むことをおすすめします。

逆にどちらかが中上級レベルだと、比較しながら違いを意識して覚えていくことができるので、理解の速度は速くなると自身の体験談から感じます。

スペイン語に触れていたことで、主語-述語(後に修飾語)の順で読む&書くという習慣もついていたので、英語を読むスピードは早くなったと思います。

ちなみに「Duolingo」は同時学習のアプリとして役立ちます。

レベルの低い方を学習言語として選択し、レベルの高い方を自身の言語として設定すると、同時学習ができるYO!!

おすすめ関連記事 ▷ ツンデレアプリ「Duolingo」で多言語学習!スペイン語話者向けコースで学ぶ

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、会社を退職して2015年〜2021年までスペインのセビージャ暮らし。スペイン生活の中で気づいたこと、セビージャのこと、旅の思い出、スペイン語などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬
詳細なプロフィール

コメント

コメントする

目次