バルで食べよう!セビリアの名物料理12選とおやつとアルコール!

セビリアの名物料理12選!バルで食べたいタパスとおやつとアルコール。




どこの街にも名物料理やご当地グルメはあるものです。

アンダルシアの名物料理はよく聞くけど、セビリアの名物料理なんてあるの?って思っていたら、いくつかありました!

名店と言われるバルやレストランで是非食べてみたいセビリアの名物料理12選とおまけのおやつとアルコール、グルメスポット情報とともにご紹介します。

moni
飯テロスタート!

名店で食べたい!セビリア名物料理

まずは、セビリアの名物料理と呼ばれるグルメからご紹介します。

セビリア発祥の料理や、セビリアにおいしいバルがあると私が感じたグルメはこちらの5選です!

セラニート

セラニート(serranito)とは、大きなパンに豚肉とピーマンを焼いたもの、生ハムを挟んだサンドイッチ。

『メソン・セラニート』というバルが始めた名物料理で、正真正銘のセビリア発祥ご当地グルメです。

セビリアのきのこバルマルティンブランコのセラニート

ミニセラニート(mini serranito)

セラニートはたいていポテトフライと一緒に出てくるのでボリューム満点。

一皿数ユーロでお腹パンパンになるので、セラニートはコスパの良い料理です。

ご当地セビリアにはセラニート発祥バル『メソン・セラニート』があって有名ですが、ちゃんとしたレストランなので高いし、一人だとちょっと入りにくい。

個人的に推したいのは、庶民的なきのこバル『Martin Blanco』のミニセラニートです。

ミニだからお腹いっぱいにならないし、他のタパスも楽しめる。お一人さまでも大丈夫な量です。

moni
『Martin Blanco』のミニセラニートは味もおいしいです!
MARTIN BLANCO(マルティン ブランコ)
住所:Avenida San Francisco Javier 15,Sevilla
営業時間:月〜金 7:00-0:00 土日 12:00-17:00 20:00-1:00
関連記事超おいしい!セビリアのきのこバルできのこ三昧

ほうれん草とひよこ豆の煮込み

ほうれん草とひよこ豆の煮込み(espinacas con garbanzos)はその名の通り、ほうれん草とひよこ豆をスパイシーな味付けで煮込んだ料理。

セビリア最古のバル「リンコンシージョ」のほうれん草とひよこ豆の煮込み

ほうれん草とひよこ豆の煮込み(espinacas con garbanzos)

バルのタパスの定番で、セビリアの老舗バルなら必ずと言ってあるグルメです。

かつてはセマナサンタ(イースター)前の食事とされていたそうですが、現在では一年中食べられています。

アンダルシア(特にセビリアとコルドバ)は超暑いから、スパイシーで保存がきく食べ物が必要だったというのが、ほうれん草とひよこ豆が作られた理由だそう。

小さいカスエラと呼ばれるお皿にほうれん草とひよこ豆だけがたんまり盛られてくるので、タパスで食べるので十分です。

moni
パンをちょこちょこつけながら食べるのが地元セビリア流な感じ。

ほうれん草とひよこ豆の煮込みを食べるなら、セビリア最古のバル『エル・リンコンシージョ』でしょ!アンティークな雰囲気にこのタパスがぴったり。

El Rinconcillo(リンコンシージョ)
住所:Calle Gerona 40, Sevilla
営業時間:13:00-1:30
関連記事セビリア最古のバル『El Rinconcillo』で名物タパスと雰囲気味わう

スペインオムレツ

スペイン料理と言われて誰もが思い浮かべるのがスペインオムレツ!(tortillas de patatas)

日本では “俗称トルティージャ” として親しまれる代表的なスペインの家庭料理です。

セビリアのバルサンタマルタのトルティージャ

分厚いトルティージャはマヨネーズをつけて

一般的にイメージするオムレツに比べると分厚いのが特徴で、中にはジャガイモと玉ねぎが入っています。ジャガイモと玉ねぎをオリーブオイルで揚げて、卵と一緒にしてからフライパンに流し込むという調理法。

ジャガイモは角切り、スライスでミルフィーユ仕立てなど、バルごとにスペインオムレツの作り方にはこだわりあり。パセリや生ハム、チーズなどを入れることもあります。

moni
ケーキのような量を一度に作るから、パーティやビーチに行く時におすすめ。

セビリアでスペインオムレツを食べるならバル『サンタ・マルタ』の分厚いトルティージャがおいしいので是非食べてみてほしいです。

Bar Santa Marta(バル サンタ マルタ)
住所:Calle Angostillo 2, Sevilla
営業時間:月曜〜土曜 7:00-0:00
定休日:日曜日
関連記事分厚いトルティージャと極太フラメンキン!セビリアのバル『Santa Marta』

豚ロース肉のウィスキーソース

セビリアのバルでは豚ロース肉(solmillo)をよく食べます。

豚ロース肉を焼いて、お手製のソースに絡めるスタイル。ソースは主に以下3種類があります。

ウィスキーソース(al whiskey)
ロックフォールチーズソース(al roquefort)
シェリー酒ソース(al vino de jerez)

セビリアの名物料理タパス。豚肉のウィスキーソース

豚肉のウィスキーソース(solomillo al whisky)

中でもセビリアらしいタパスと言えば、豚ロース肉のウィスキーソースです。

アルコールが苦手な人でも大丈夫。ウィスキーのアルコール分は飛んでいます。

moni
ウィスキーの味がすごくするかと言うとそうでもないです。玉ねぎソースかな?みたいな味。

チーズ好きはロックフォールチーズソースとも迷うと思います。ロックフォールチーズのソースもかなりおいしいのでおすすめ。

豚ロース肉のウィスキーソースやロックフォールチーズソースは、定番タパスなのでいろんなバルで食べられます。

私のおすすめは『Artefact Grill & Beer』というグリル料理バル。おいしいとろみ系ソースの豚ロース肉のウィスキーソースが食べられます。

Artefacto Grill & Beers(アルテファクト グリル&ビール)
住所:Calle Peral 1, Sevilla
営業時間:月曜-水曜 20:00-0:00 / 木曜・金曜 13:00-16:30 20:00-0:00 / 土曜 13:00-1:00 / 日曜 13:00-23:00
定休日:不定休
関連記事おいしいグリル料理にビール!セビリアのバル『Artefacto Grill & Beers』

『コロニアレス』や『ドス・デ・マヨ』なら、ボリュームがあって安いタパスが食べられるYO!!

Taberna Coloniales/コロニアレス
住所:Calle Fernández y González 36, Sevilla
営業時間:12:30-0:15
定休日:不定休
関連記事オレンジワインが飲めるセビリアの安いバル『コロニアレス』
Bodega Dos de Mayo(ボデガ・ドス・デ・マヨ)
住所:Plaza de la Gaviria 6, Sevilla
営業時間:月〜木 12:30-16:30 20:00-0:00 金〜日 12:30-0:00
定休日:不定休
関連記事セビリアの大混雑バル『Dos de Mayo』でボリュームスペイン料理!

カタツムリ

スペインの初夏と言えば、カタツムリ(caracoles)を食します。

初めての時は「うげー」ってちょっとなるやつですが、スペインの夏の風物詩的なグルメです。

セビリアのカタツムリバル『bodeguita la chicota」

カタツムリ絵のコップとカタツムリ

カタツムリシーズンの5月末くらいになると、いろんなバルが「Hay Caracoles(カタツムリあります)」の看板を出します。

スペインでカタツムリを食べるなら「caracoles/カタツムリ」が有名なバルに行きましょ。

moni
おいしくないところに行くと、泥食べてるみたいでまずいです。

セビリアにはカタツムリが有名なバルがいくつかあります。立ち飲みバルですが、ローカルなバルで地元民に混ざってカタツムリを食べてみよう。

Bodeguita La Chicota(ボデギータ・ラ・チコタ)
住所:Calle Luis Montoto 23, Sevilla
営業時間:12:00-1:00
定休日:不定休

Bodega Camacho(ボデガ カマチョ)
住所:Plaza Pumarejo 3C, Sevilla
定休日:不定休
関連記事スペインのカタツムリ(カラコレス)は初体験が肝心!

セビリアでよく食べられるアンダルシアの名物料理

アンダルシア発祥の名物料理は結構あります。特に有名なアンダルシア名物料理は、コルドバ発祥グルメが多いです。

セビリアでもよく食べられるアンダルシアの名物料理をご紹介します。

サルモレホ

私が大好きなアンダルシア料理はサルモレホ(salmorejo)!

夏はバルに行くごとにサルモレホをつい頼んでしまうほどです。

moni
私は自らをサルモレホゲッターと呼んでいます。
セビリアのカフェピオーラのサルモレホ

サルモレホ(salmorejo)

サルモレホとはトマトを使った冷製料理で、スープとクリームの中間のような食感が特徴。でも実はクリームは使われていません。

トマトとオリーブオイル、それにフランスパンをミキサーで細かくかく拌したものがサルモレホ。オリーブオイルとパンを大量に入れるおかげで、まったりもっさりした食感になります。

上に生ハムやゆで卵を刻んだものを散らして食べるのが定番ですが、ベジタリアンは生ハム抜きにもできます。

スープのような見た目ですが、食べると意外とお腹に溜まるので要注意。

moni
スペインに来てからサルモレホにハマる人、本当に多いです!

セビリアでサルモレホを食べるなら、超人気バル『エスラバ』かフェリア市場の場外バル『カンティーナ』がおすすめ。

『カンティーナ』ではトマトじゃなくてビーツのサルモレホが食べられます。

Eslava(エスラバ)
住所:Calle Eslava 3, Sevilla
営業時間:火曜〜日曜 13:00-16:30(開店は12:30) 火曜〜土曜 19:30-23:30
定休日:月曜日(日曜は昼のみ)
関連記事セビリアのおすすめバル 『Eslava』のリピート必至タパス!
La Cantina(ラ・カンティーナ)
住所:Calle Feria 112, Sevilla
営業時間:9:00-17:00
定休日:日曜日
関連記事セビリア『フェリア市場』の場外バルで絶対食べるべきもの

ガスパチョ

スペインのトマトスープと言えば、サルモレホよりもガスパチョ(gazpacho)が有名だと思います。

友達が家で出してくれたガスパチョ

友達が家で出してくれたガスパチョ

ガスパチョは超絶暑いアンダルシアの夏を乗り切るのに必要なグルメ。

スペインの家庭では、ガスパチョやサルモレホを大量に作り置きしていることが多いです。

トマトとにんにく、ピーマン、玉ねぎなどの野菜を混ぜてミキサーでかく拌し、サラサラしたスープ状に仕上げます。サルモレホと違っていろいろな野菜が入るのが特徴。

夏はセビリアのバルでガスパチョが提供されていて、飲み物の一つとして親しまれています。

moni
暑いと塩気のあるガスパチョを飲みたくなる!

アリーニョ・サルピコンと呼ばれるマリネ系料理

夏がとっても暑いアンダルシアは、暑くても食べたくなるさっぱり系グルメが多いです。

アリーニョ(alino)やサルピコン(sarpicon)と呼ばれるマリネのような料理は、ビネガーが効いていて夏にぴったりのタパス。

モゲルのバルのたらこ

ハラコ(hueva aliñado)

ジャガイモ(patatas)・エビ(gambas)・魚介類(mariscos)などがよく見かけるマリネだけど、おすすめはハラコ(huevas)です。プチプチしたハラコとトマト、ピーマンなどが意外と合う。

moni
さっぱりしてて、食べ始めの最初のタパスにおすすめです。

アリーニョやサルピコンは、どんなバルでもたいていカウンターに置いてあります。

冷たいタパスだから、キッチン動いてない時間帯でもこれだけは食べられたりする使い勝手の良いタパスです。

牛テールの煮込み

アンダルシア名物料理の中でも試してほしいのは、牛テールの煮込み(cola de toro/rabo de toro)です。

ヘレス『メソン・デル・アサドール』の牛テール煮込み

がっつり大きな牛テール煮込み

ほろほろの牛テールと濃厚めのソースが絡んでおいしい。これもコルドバ発祥グルメ。コルドバ強し!

moni
スペインで初めて牛テールのおいしさを知りました。

牛テール煮込みは、タパスメニューが充実しているバルならたいてい提供されています。

バルやレストランによって牛テール煮込みの味はだいぶ違うので、自分の好きな味を求めてみるというのも面白いかと。

セビリアで食べた牛テールの中では、レストラン『エンリケ・べセラ』の牛テールをスクランブルエッグ仕立てにしたのが好きでした。食べやすくほぐして提供してくれます。

Enrique Becerra(エンリケベセラ)
住所:Calle Gamazo 2, Sevilla
営業時間:13:00-16:30 20:00-0:00
定休日:日曜、7月に2週間バケーション休みあり
関連記事セビリアのレストラン『Enrique Becerra』のおすすめアンダルシア料理

へレスには牛テール煮込みで有名なバル『アサドール』があります。

moni
ここの牛テールは今までで一番好きおいしかったYO!!
Mesón del Asador(メソン デル アサドール)
住所:Calle Remedios 2, Jerez de la Frontera
営業時間:月曜〜日曜 12:00-17:00 20:00-0:30
関連記事とろとろ牛テール煮込みが有名なヘレスのバル『Mesón del Asador』

フラメンカ・エッグ

トマトソースの中に玉ねぎやパプリカなどの野菜と生ハムチョリソーが入っていて、そこに半熟卵を落としたものがフラメンカ・エッグ(huevo a la flamenca)です。

ヘレス『メソン・デル・アサドール』のフラメンカエッグ

フラメンカエッグ(huevo a la flamenca)

フラメンカ・エッグはアンダルシア地方の名物料理・郷土料理。

赤いソースと色とりどりの野菜がフラメンコのスカートみたいに見えたことから「フラメンカ」という名前がついたそうな。

moni
お味はというと、結構トマトソースが濃いです。

フラメンカ・エッグは個人的感覚ではそんなに人気のないタパスだけど、フラメンコさんは一度は試したくなるはずです。

タラ料理

スペインは日本に比べてよくタラ(bacalao)を食べます。タラのトマト煮(bacalao con tomate)やタラのフライ(bacalao frito)はアンダルシアの定番タパスメニュー。

セビリアのフェリア市場バルの鱈のフライ

タラのフライ(bacalao frito)

タラメニューが多いバルもあったりして、タラはスペイン人には人気の魚のよう。スペイン家庭料理でもよく使われます。

私はそこまでタラフリークじゃなく自らバルで頼むことはしないので、いつの日かおいしいタラ料理を発見したらここに書きます。

moni
現時点でなくてすみません…。

おやつとアルコールも欠かせない

セビリアのご当地グルメは食べ物だけではありません。

セビリアのソウルフードに加えて試しておきたいのはおやつとアルコール!

セビリアにはおいしいおやつやアルコールがあるから、名物料理と合わせて楽しんでみてください。

チュロス・コン・チョコラーテ

スペインの朝食やおやつと言えばチュロス・コン・チョコラーテ(churros con chocolate)

スペイン人はみんなチュロス大好き!

セビリア中心部のチュロス専門店『El Comercio』のチュロスとチョコラテ

揚げたての太いチュロスがやってきた!

チュロス自体は甘くないので、チョコレートやカフェに浸して食べる人が多いです。砂糖振って食べるというツウもいる。

おいしいチュロスとなるポイントは良い油を使っていることと、一緒に食べるチョコレートが濃厚であることです。

moni
チュロスは揚げたてが一番おいしい!チョコレートが薄いと物足りない。

スペインの各都市には有名チュロス屋があるので、地元で人気のチュロス屋やバルで食べるのがおすすめ!

チュロス専門店は「churreria(チュレリア)」と言います。

moni調べの勝手な情報に寄りますと、セビリアでチュロスを食べるなら中心部にあるバル『エル・コメルシオ』か、マカレナ地区のスタンド『ファミリア・アロンソ』がおいしいのでおすすめです。

Bar El Comercio(バル エル コメルシオ)
住所:Calle Lineros 9, Sevilla
営業時間:月曜-金曜 7:30-21:00/土曜 8:00-21:00
定休日:日曜日
関連記事スペインの朝食チュロスにおすすめ!セビリアの専門店『El Comercio』
Familia Alfonso(ファミリア アルフォンソ)
住所:Arco de la Macarenaの横断歩道渡った目の前
定休日:不定休
関連記事セビリアのマカレナにある老舗キオスコのチュロスはおすすめ!

オレンジワイン

1月〜3月はセビリアのオレンジシーズンで、街の中はオレンジの美しい実とオレンジの香りに包まれます。

そんなセビリアらしい名物ドリンクはオレンジワイン!

セビリアのバル『コロニアレス』のオレンジワイン

バルで飲めるオレンジワイン

オレンジワインは、オレンジに包まれるセビリアの美しさを象徴するかのような甘いデザートワイン。オレンジワインの取り扱いがあるバルでは、1年中飲むことができます。

オレンジワインが飲めるセビリアのバルを以下の記事でまとめました。随時更新していきます。

関連記事セビリアでオレンジワインが飲めるバル3選!

クルスカンポのビール

セビリアで飲むビールと言えば!そう、クルスカンポ(cruz campo)です。

スペインでは地域によって好んで飲まれるビールが異なります。ガリシア地方なら「エストレージャ(estrella)」だったり、マドリードなら「マオウ(mahou)」だっったり。

スペインのビールクルスカンポ

アンダルシアのビールと言えばクルスカンポ!

でもセビリアに来たならばクルスカンポを飲みなさい!

moni
なんてったってセビリア発祥のビールだからね。

夏がとても暑いセビリアだからおいしく感じるのかなと思う、軽い飲み口のビールです。

セビリアのバルのビールはクルスカンポ(cruz campo)のことが多いです。特に「ボテジン(botellin)」と呼ばれる瓶ビールはほぼクルスカンポ。

たまにクルスカンポ以外のビールを出しているバルもあるので、クルスカンポにこだわるなら店員さんに聞いてみよう。「セルベサ(ビール)クルスカンポ?」って。ノンアルコールもあります。

moni
ちなみにセビリア(アンダルシア)以外でクルスカンポを飲むとおいしくないそうで…東京でオリオンビール飲んだら「あれっ?」って感じるのと一緒かな。

ティント・コン・リモン

セビリアの暑いそして熱い夏に飲みたくなるもう一つのアルコールは、ティント・コン・リモン(tinto con limon)です。

ティント・コン・リモンは、赤ワインを酸っぱいレモンサイダーで割ったもの。

ヘレスのバル「cruz vieja」のティント・デ・ベラーノ

超おいしそうなティント・コン・リモン

他の地域ではティント・デ・ベラーノ(tinto de verano)と呼ばれることが多いようだけど、セビリアだと「コン・リモン?コン・ブランカ?」って聞かれます。

コン・リモン(con limon)はレモンソーダ、コン・ブランカ(con blanca)は単なるソーダで赤ワインを割ったものです。私はコン・リモン派。

夏にバルのテラスでビールを飲んでいると瞬く間にぬるくなります。ぬるいビールほどまずいものはない…。

そんな時は氷が入ってるティント・コン・リモンだとぬるくなる前に飲めるから良いのです。

moni
すっごい暑い夏の日は、バルに着いてすぐにティント・コン・リモンをごくごく飲んじゃいたくなります。

セビリアで名物料理をたくさん食べてみて

セビリアの名物料理を自分でまとめてみて、こんなにあったのかと再発見した感があります。

地元セビリアの人にとっては当たり前すぎるソウルフードは、日本人の私には見た目も作り方も新鮮です。

食いしん坊さんはセビリアのバルやレストランで、名物と呼ばれる料理やご当地グルメを試してみてください。この中にきっと気に入る名物料理があるはずです!

moni
あ、私が食いしん坊だって気づいた?

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

おすすめ関連記事

おすすめセビリアのおいしいバル&レストランの記事一覧(バル・レストラン情報)

関連記事スペインのバル巡りは一人でも大丈夫!タパスやワインの頼み方を覚えよう

関連記事スペインの「タパス」と「ピンチョス」の違いとバルでの楽しみ方

スペインに行きたくなったら
海外航空券はサプライスが安いのでおすすめです。期間限定のお安い航空券が購入できることもあるので、こまめにチェック!

Surprice(サプライス)の公式サイトへ

ツアーでセビリアに行くなら
セビリアを周遊するツアーを用意している旅行会社があります。ツアーでセビリアに行きたいなら要チェック!

▼ リーズナブルにスペイン周遊できるH.I.Sのツアー
【H.I.S】セビリアへ行くスペイン旅行
▼ フリープランから添乗員つきまで様々なJTBのツアー
【JTB】スペインツアー・スペイン旅行 セビリア

スペイン旅行の前にチェック!
▽ 海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを持って行こう
年会費無料の【エポスカード】公式サイト

▽ いつでもネットに繋げたいなら海外で使えるWiFiの準備を
【グローバルWiFi】公式サイト

▽ スーツケースはレンタルがお得でスマート
即日発送可能!【アールワイレンタル】

関連記事セビリアのホテル探しにアドバイス!宿泊におすすめの場所とホテル20選




こんな記事も読まれています



セビリアの名物料理12選!バルで食べたいタパスとおやつとアルコール。

気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬