セビリアでフラメンコ鑑賞!タブラオやペーニャどこがおすすめ?

セビリアでフラメンコを見る タブラオやペーニャどこがおすすめ?




セビリアでフラメンコを見たいと思ったらどこに行けばいいか?

観光客向けのしっかりとしたステージが見に行きたいか?愛好家が集まるような場所で見たいか?

セビリアはフラメンコが有名な地域で、フラメンコを鑑賞できるタブラオ、ペーニャ、バルなどがあります。どこに行くかは目的と予算次第…。

セビリアでフラメンコが見られる場所とその特徴、フラメンコ鑑賞のおすすめの場所をご紹介します。

充実したショーならセビリアのタブラオフラメンコ

スペインに来て「フラメンコを見よう」となったら、まずはタブラオに行くのがおすすめです。

タブラオとは、観光客向けのフラメンコショーが見られるお店のこと。

タブラオに出演しているのはプロの踊り手、歌い手、ギタリストで、比較的質の高いショーが見られるのが特徴です。

セビリアには5つ以上のタブラオがあるので、迷うかもしれません。ので、私のおすすめのタブラオをご紹介します。

1日に2回のステージがある場合は、2回目のステージ行くのがおすすめ。1回目はアーティストたちがまだ温まっていないそうです。タブラオで踊っているバイラオーラの友達が言ってました。

『ロス ガリョス』はセビリアで一番老舗のタブラオ

セビリアのタブラオの中で行くならここが一番いいなと私が思うのは、『Los Gallos/ロス ガリョス』です。セビジャーナ的に言うと「ロス ガジョス」、訛ると「ロッガジョッ」。

セビリアのタブラオロスガリョス

セビリアにあるタブラオの中で一番の老舗と言ったら、『Los Gallos/ロス ガリョス』です。

名だたるフラメンコのアーティストたちが出演していたタブラオで、現在でも第一線で活躍中のアーティストが出ていることが多いです。

『Los Gallos/ロス ガリョス』には、歌い手3〜4人、ギタリスト2〜3人、踊り手3〜4人と毎日10名程度のアーティストが出演しています。ヒターノが出演していることもあるのはおすすめポイント。

ショーチャージはワンドリンク35ユーロとちょっとお高いのですが、1.5時間のたっぷりのショーが見られます。

最近の流れは、最初に踊り手3人が一緒に踊るプレセンタシオン、その後各踊り手のソロ、合間にギターソロ、踊り手が3人の時はカンテ(歌)のソロあり。最後にfin de fiesta(フィン・デ・フィエスタ)で舞台に全員上がってブレリアで終了です。

Los Gallos(ロス ガリョス)
住所:Plaza de Santa Cruz 11, Sevilla(GoogleMAPで見る)
電話番号:954 216 981
ショーの時間:20:30-22:00/22:30-0:00
料金:ワンドリンク付き35ユーロ(学生3ユーロ割引)/ワンドリンク付き20ユーロ(6歳〜10歳)

食事しながらフラメンコ鑑賞したいなら『エル アレナル』

『El Arenal/エル アレナル』は、夕食を楽しみながらフラメンコ鑑賞ができるタブラオです。ディナーなしでショーのみでもOK。

『El Arenal/エル アレナル』は人気の若手を中心に、スペイン国外でも活躍するアーティストを揃えています。ショーの時間は1.5時間でたっぷり。

『El Arenal/エル アレナル』の鑑賞メニューは、ディナーコース料理+ショー(通常コースと安いシーズンコースの2種類)・タパス+ショー・ドリンク+ショーの4種類です。事前予約必須。

El Arenal(エル アレナル)
住所:Calle Rodo 7, Sevilla(GoogleMAPで見る)
電話番号:954 216 492
ショーの時間:19:30-21:00/21:30-23:00
料金:ショー+ワンドリンクは39ユーロ
ショー+ディナーは72ユーロ(通常コース)と60ユーロ(シーズンコース)
ショー+タパスは62ユーロ

もう少し安いコンパクトなタブラオ

もう少し安いところでフラメンコショーを鑑賞したい人には、よりコンパクトなショーを提供しているリーズナブルなタブラオに行くと良いです。

セビリアのタブラオ「カサデルフラメンコ」

『Casa de la memoria/カサ デ ラ メモリア』『Casa del flamenco/カサ デル フラメンコ』は、ショーチャージ18ユーロ。

どちらも若手で活躍中またはこれから活躍が期待されるアーティストが出ています。

約1時間のショーで、出演者は歌い手1人、ギタリスト1人、踊り手2人の4人。最初にセビジャーナス・ギターソロ・女性踊り手のソロ・カンテソロ・男性踊り手のソロ、最後にちょっと fin de fiesta(フィン・デ・フィエスタ)です。

fin de fiestaはすごく短い。少し物足りなく感じるかも。

セビリアでフラメンコの雰囲気をなんとなく感じたい場合や、安いタブラオでフラメンコ鑑賞したいという人には、『Casa de la memoria/カサ デ ラ メモリア』や『Casa del flamenco/カサ デル フラメンコ』は短めのステージでおすすめできます。

夏の時期は1日3つのステージをやっていたりするので、時間的に都合がつくケースも多いです。

Casa de la memoria(カサ デ ラ メモリア)
住所:Calle Cuna 6, Sevilla(GoogleMAPで見る)
電話番号:954 560 670
ショーの時間:19:30-20:30/21:00-22:00(時期によって18:00-19:00)
料金:18ユーロ(学生3ユーロ割引)、10ユーロ(6歳〜11歳)、5歳以下入場不可
Casa del flamenco(カサ デル フラメンコ)
住所:Calle Ximénez de Enciso 28, Sevilla(GoogleMAPで見る)
電話番号:955 029 999
ショーの時間:19:00-20:00/20:30-21:30(時期によって22:00-23:00)
料金:18ユーロ(学生3ユーロ割引)、10ユーロ(6歳〜12歳)、5歳以下入場不可

フラメンコのこと知りたいなら『フラメンコ博物館』

博物館という名前が付いているからなのか、何故か日本人に人気のある『Museo del Baile Flamenco/フラメンコ博物館』。かの有名なバイラオーラ クリスティーナ・オヨスが作った博物館です。

『フラメンコ博物館』では、フラメンコの歴史やフラメンコを理解するための曲の紹介などが展示されています。踊り(Baile)の博物館なので、フラメンコ衣装の展示もあり。

フラメンコを見る前にフラメンコのことをちょっと知っておきたいという人には良いかも。

Museo del “Baile Flamenco”という名前の通り、踊り(Baile)メインの博物館であるという点はご承知おきを。

『フラメンコ博物館』も、若手で活躍しているアーティストが出ていることが多いかな。歌い手で実力派アーティストが出ていることがあるので、その日に当たったらラッキー。

『フラメンコ博物館』にはVIP向けのショーもあります。VIP向けのショーはショーチャージが高いですが、より小さい空間で少人数に向けて迫力のステージを見せてくれる内容になってます。

Museo del Baile Flamenco(フラメンコ博物館)
住所:Calle Manuel Rojas Marcos 3, Sevilla(GoogleMAPで見る)
電話番号:954 340 311
ショーの時間:17:00-18:00/19:00-20:00/20:45-21:45(時期によって22:15-23:15)
VIPショーの時間:19:00-20:00/20:45-21:45
博物館の時間:10:00-19:00
料金:ショーのみ 大人22ユーロ/学生15ユーロ/子供12ユーロ
ショー+博物館 大人26ユーロ/学生19ユーロ/子供15ユーロ
VIPショー料金:30ユーロ(大人のみ)

団体観光客向けタブラオは避けるべし

セビリアのタブラオでフラメンコを鑑賞する場合に、おすすめしないのは団体観光客向けのタブラオです。

具体的に名前を挙げるのははばかられるのですが、『El Palacio Andaluz/エル パラシオ アンダルス』『El Patio Sevillano/エル パティオ セビジャーノ』は私は行かないかな。特にアジア系の団体観光客向がバスで大勢来ています。

内容がフラメンコというより、フラメンコっぽいダンスショーみたいになっていておすすめできない。汗。

愛好家に混じってフラメンコを鑑賞したいならセビリアのペーニャ

ペーニャというのは愛好家が集まるバルのようなところで、フラメンコのペーニャでは不定期でフラメンコが見られます。

  • 観光客向けのショーではなく、地元の人や愛好家と一緒にフラメンコを見てみたい
  • タブラオのフラメンコは見たことがある

という人にはペーニャのフラメンコを見てみることをおすすめします。

ペーニャは愛好家が集まるところという意味。フラメンコだけではなく、サッカーのチームのペーニャもあります。

セビリアのペーニャで見られるフラメンコ

ペーニャではカンテ(歌)のリサイタルや、バイレ(踊り)のステージを見ることができます。内容は日によって異なるので、ペーニャのHPやペーニャの張り紙を見て確認。

例えばカンテ(歌)のリサイタルの場合は、歌い手とギタリスト2人によるステージ。バイレ(踊り)企画の場合は、踊り手1人とそのクアドロメンバーという構成で、ギタリスト1人・歌い手1〜2名・パルメーロ(いないこともある)1名といった感じです。

ペーニャのフラメンコは大抵2部構成。1部、2部ともに、ギターソロ・カンテ(歌)ソロ・バイレ(踊り)という流れが一般的です。

セビリアの歴史あるペーニャ

セビリアのペーニャは結構営業停止になってしまったのですが、私が好きなペーニャでまだ残っているところがあります。

セビリアのトーレスマカレナ

それは、マカレナ地区にある老舗ペーニャの『Torres Macarena/トーレス・マカレナ』です。初めてセビリアで『Torres Macarena/トーレス・マカレナ』に行った時に

moni
わーYouTubeで見てたところだー!

と興奮した我。

『Torres Macarena/トーレス・マカレナ』は水曜日と金曜日の夜または日曜日の昼がライブの日となっていますが不定期開催です。

真冬や真夏は閉まっていてライブがないシーズン。入場料は6ユーロ〜8ユーロ。

Peña Torres Macarena(ペーニャ・トーレス・マカレナ)
住所:Calle Torrijiano 29, Sevilla(GoogleMAPで見る)
ライブの時間:水曜 21:00〜 日曜 15:00〜 など不定期開催
料金:通常6ユーロ〜

タブラオとペーニャの違い

タブラオフラメンコと比べるとペーニャは観光客向けではない場所なので、地元のフラメンコ愛好家や、フラメンコを勉強している留学生などが見に来ています。

タブラオとペーニャで見られるフラメンコの最大の違いは、ライブをするメンバーの組み方です。

セビリアのフラメンコペーニャトーレスマカレナ

タブラオは悪く言えばその日の寄せ集めメンバー。もちろん活躍しているアーティストたちですが、その日に仕事として呼ばれたアーティストたちが舞台でショーを行います。

ペーニャは、その日ライブを行う出演グループのリーダーが一緒に舞台に立つメンバーを集めています。例えば踊り手が「この歌い手とやりたい」「このギタリストの伴奏で踊りたい」と思うようなメンバーを集めているということ。

自分で集めたメンバーの方が信頼できるし息も合うので、出演アーティストのノリが違う。ペーニャの方がより濃いステージが見られる可能性が高いです。

タブラオはどうしても観光客向けのフラメンコになるのはしょうがない。出演アーティストも「オシゴト!」と思って働いている感が否めないですが、ペーニャは自分の家族や知り合いや愛好家が見に来るのでモチベーションはやはり異なるようです。

セビリアのフラメンコのペーニャ

ペーニャにはたいていバーカウンターがあって、飲み物やタパスなどの軽食をオーダーすることができます。

タブラオは毎日営業していますが、ペーニャのステージは不定期開催なので、ペーニャのホームページやFacebookページ・出演者などから情報を得る必要ありです。

無料でフラメンコを見たいならセビリアのフラメンコバル

セビリアには無料でフラメンコが見られるバルがあります。

無料でフラメンコが見られるバルはあまりおすすめしないかな。

バルの外に「flamenco gratis!!(フラメンコ無料)」とか書いてあったりするけど、練習生が出演していることが多いです。

関連記事セビリアで「フラメンコが無料で見られる場所」をおすすめしない理由

フラメンコが無料で見られる歴史あるセビリアのバル

『Carbonería/カルボネリア』は、無料でフラメンコが見られるバル兼ライブハウスのようなところで、とても歴史ある場所です。

セビリアで無料フラメンコを見たいなら、ここが良いかな。

セビリアのカルボネリアで無料フラメンコ

『Carbonería/カルボネリア』は、以前はアーティストや地元のアフィシオナード(愛好家)たちが集っていた場所だそうです。

現在はもうそのような場所ではなくなっているような。最近の出演者は練習生も多いので、タブラオやペーニャ企画のフラメンコとはちょっと違うかな。

『Carbonería/カルボネリア』はフラメンコ無料で見られるということと、雰囲気のある場所なので人気があります。雰囲気はね。欧米の観光客が多くてうるさいのでなんだかなーという印象は拭えないが。。。

『Carbonería/カルボネリア』に入ったらバーカウンターで飲み物を頼み、席は自由なので好きな席に座ります。

一度この『Carbonería/カルボネリア』が閉まるという噂が立ち、みんなで署名運動をしたのでした。結局『Carbonería/カルボネリア』は閉店することはなく、現在も営業は続けられています。

Carbonería(カルボネリア)
住所:Calle Céspedes 21, Sevilla(GoogleMAPで見る)
電話番号:954 229 945
ライブの時間:19:00-2:00の間で2〜3回
料金:無料

セビリアのタブラオ予約方法

タブラオでフラメンコ鑑賞する場合は、予約をしていった方が良いです。混雑していない日は予約なしでも入れることがありますが、観光客が多いシーズンは予約がいっぱいで予約なしだと入れない時があります。

基本的にタブラオの予約は事前に支払いが必要です。

当日行くかどうかわからない場合は、入れないことも覚悟で当日にタブラオを訪れてみるという方法もあります。しかし、満席の場合は当然入れてもらえません。

タブラオに確実に行くことが決まっている人は、事前に予約をしていきましょ。

自分で予約する方法

Los Gallos/ロス ガリョスの予約

チケットを事前購入する場合は、Los Gallosの公式サイトから予約。954 216 981に電話して人数を伝えれば、席のみの予約を受け付けてくれることもある。当日は席のみの予約は不可。

ショーチャージは当日座席で支払い。1〜2名であれば当日入れることもあるけど、人気のタブラオなので予約した方が安心。サイトはスペイン語・英語・フランス語対応。

出演アーティストの情報は、公式サイトのカレンダーに記載あり。

El Arenal/エル アレナルの予約

El Arenalの公式サイトでコース内容を選択し、Paypalまたはクレジットカードで支払い。事前の予約と支払い必須。サイトはスペイン語・英語対応。

出演アーティストの情報はたまにFacebookページに掲載されるが、基本は不明。タブラオで聞けば教えてくれる。

Casa de la memoria/カサ デ ラ メモリアの予約

Casa de la memoriaの公式サイトから予約・事前支払い。サイトはGoogle翻訳に対応。

出演アーティストの情報は、公式サイトのAGENDAのページ、またはタブラオの入り口で確認できる。

Casa del flamenco/カサ デル フラメンコの予約

Casa del flamencoの公式サイトで日付と時間を選択し、右の「COMPRAR ENTRADAS(チケット購入)」を選択。サイトはスペイン語・英語・フランス語対応。

出演アーティストの情報は、HPのEntradas>Agenda completaのページ、またはタブラオの入り口で確認できる。

Museo del Baile Flamenco/フラメンコ博物館の予約

フラメンコ博物館の公式サイトでチケットの種類と日付を指定して予約、支払い。フラメンコ博物館は混雑していることが多いので、予約するのがおすすめ。サイトはスペイン語・英語・フランス語対応。

出演アーティストの情報は、タブラオの入り口で確認できる。

ホテルに予約を依頼する

ホテルや宿泊先に「このタブラオに行きたい」と伝えれば、予約を入れてくれます。

ホテルが特定のタブラオをおすすめしてくれることもあると思いますが、それは提携先のタブラオです。ホテルがおすすめする=良いタブラオというわけではないので、自分が行きたいと思うタブラオに予約を入れてもらいましょ。

フラメンコを見る時のポイントと注意点

フラメンコを見る前にちょっとだけポイントと注意点を知っておくと、いろいろな観点でフラメンコを見ることができるかなと思います。

フラメンコを見る際の注目ポイント

タブラオやペーニャでフラメンコを見る時、サパテアード(zapateado)と呼ばれる踊り手の足技のようなもの(脚を高速に動かしたり鳴らしている瞬間)に注目してしまうと思います。初めて見る人だったらなおさら。

ですが!フラメンコを見る際は、腕や手の動き、視線やカンテ(歌)をどう感じているかなど、脚の動き以外にも注目してみると楽しめると思います。

「おー!」と思うような踊り手さんは、小難しいサパテアードなんかしなくてもオレー!ってなるんだYO.

フラメンコ鑑賞の注意点

日本人は行儀がいいので、あまり気をつけることはないはずです。一応フラメンコを見る際の注意点はこちら。

  • 服装は普通で大丈夫
  • 夏でもビーサンはやめた方がいいかな。

  • 手拍子しない
  • カンタオール/ラやパルメーロが手拍子してるけど彼らはプロです。観客の手拍子は迷惑なんでNGです。

  • 拍手はOK
  • 中締めのようなタイミングで、拍手してもいいかなと思うタイミングで拍手するのはOKです。

  • 写真はNG
  • タブラオのステージの最中は写真はNG、最後のタイミングだけ撮らせてくれることがあります。ペーニャは写真撮影OKです。

  • おしゃべりはNG
  • マナーとしてステージの最中におしゃべりをする人はいないと思うけど、ちゃんと見よう。

  • ハレオはOK
  • ステージの途中でもイイ!と思ったら「オレー!」「ビエン!」(いいね)と言うのは大丈夫です。外国人は「ブラボー」って言っている人が多いね。

関連記事フラメンコのハレオの種類とかけるタイミング

セビリアでフラメンコを見てみよう

「どんな雰囲気のところで、どのようなフラメンコを見たいか」によって、フラメンコを見る場所は変わってくると思います。

フラメンコを見る目的や予算、どんな雰囲気の場所で見たいかなど吟味して、セビリアでフラメンコを見る場所を検討してみてください。

この情報が、セビリアでフラメンコを見たい人の参考になれば幸いです。



最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

セビリアで泊まるなら、屋上テラスから見える大聖堂の夜景が美しい『ホテル ドーニャマリア』がおすすめ!大聖堂の目の前で立地も抜群です。

ホテル『ドーニャ・マリア』を【Booking.com】でチェック!
ホテル『ドーニャ・マリア』を【Expedia】でチェック!

こんな記事も読まれています



セビリアでフラメンコを見る タブラオやペーニャどこがおすすめ?

気に入ったらシェア!

2 件のコメント

  • セビージャまとめ嬉しいです!
    以前行ったときは、有名どころのLos Gallosと、たまたま知り合いに教えてもらったCasa del flamencoだけ行きました。
    まだ色々な場所があるんですね。また行きたくなりました!

    • >rie様

      コメントありがとうございます。ブログ見ていただけて嬉しいです!
      セビージャは観光客も多いので、フラメンコのタブラオは多いと思います。ブログに書いていないフラメンコのタブラオもいくつかあります。
      ペーニャで見るフラメンコはまた雰囲気が異なるので、機会があったら是非行ってみてください!^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬