スペイン 長期学生ビザの更新のための7つの道のり

2016-07-15スペイン留学

セビリアのスペイン広場の外国人事務所

スペインのセビリアで長期学生ビザの更新を申請し、更新された学生査証カード(tarjeta de estudiante)を受け取るまでの道のり。

初めてスペインに来て長期学生ビザの申請をした時よりも申請書類は少ないけど、ステップが多いです。自分のためにも、これから更新する方のためにもメモしときます。

スペインで長期学生ビザを更新する人の参考になりますように。

ビザ失効となる前に外国人事務所に行く

まずは、長期学生ビザの期限を確認します。学生査証カードの「VAL」の項目に、ビザの期限が記載されています。

スペイン長期学生ビザの更新は、ビザが無効となる日付の2ヶ月前〜3ヶ月先までの間に行う必要があります。

私はビザの期限の1ヶ月半程前にセビリアのスペイン広場にある外国人事務所に行き、学生ビザ更新に必要な書類リストをもらいました。外国人事務所で「学生ビザを更新したいのですが、必要書類もらえますか?」と言えば大丈夫です。

「REQUISITOS PARA LA RENOVACION DE TARJETA POR PRORROGA DE ESTANCIA POR ESTUDIOS(勉強のためのビザ延長の必要条件)」という紙と、申請用紙(EX00)をもらいました。

ビザ失効の頃には更新申請する方が良い

ビザ失効の2ヶ月前に申請するにはかなり早めに準備しなければなりませんが、ギリギリに申請するのも危なっかしいので、ビザの日付が切れる頃には書類を提出した方がいいと思います。

学生ビザの更新は学生の数が多い時期はとても時間かかるので、更新された学生査証カード(
tarjeta de estudiante)をもらうまでに半年以上かかる場合も。正式に更新された学生査証カードをもらうまでの間は、無効となっている学生査証カードを持っているだけなので、

  • 学生査証カードを見せた時に「期限切れてますよ」と言われる
  • 学生割引が適用されない
  • シェンゲン協定圏を経由してスペインへ入国できない

など、困ったことがいろいろ起こります。そう考えると早めに学生ビザ更新の申請をした方が良いとわかります。

学生ビザの更新に必要な書類を集める

スペイン学生ビザの取得

外国人事務所から渡された必要条件の紙によると、学生ビザ更新の申請には以下の書類のオリジナルとコピーを持参するように記載されていました。

  • EX00という名前の申請用紙
  • 今持っている学生査証カード
  • パスポート
  • 更新する年の学校の登録簿
  • 前年度の学校の成績等が記載された証明書
  • ドクターやマスター等の学生の場合に必要な書類
  • 病院にかかる費用をまかなうことのできる保険
  • 銀行口座の情報

申請用紙「EX00」

「EX00」は、名前、住所、何のビザの更新なのかなどを記載する申請用紙です。スペインに来る時に作成した申請用紙に比べるとかなり簡易的。

書類を取りに行った際に注意書きのページをもらえなかったので、Estado Civilのところの区分けがわかりませんでしたが、区分けは以下の通りです。

  • S=Soltero/独身
  • C=Casado/既婚
  • V=Viudo/未亡人
  • D=Divorciado/離婚
  • S=Separado/別居

「PRORROGA」の項目は延長するビザの種類を選択します。学生の場合は「Titular de autorización de estancia por estudio」を選択。

motivo(延長の理由・動機)の項目は書かなくても通りましたが、「××の勉強のため」という書き方で大丈夫です。

更新する年の学校の登録簿

学生ビザとして更新する場合は、更新する学校に次年度の登録簿を作成してもらう必要があります。

ビザ更新用の書類、と言えば学校の担当者はわかると思うので、すぐ作成してもらえます。

Atención学生ビザを更新する場合は、基本的に同じ学業の内容でないと更新できません。例えば語学学校から音楽の学校へ変更、大学から語学学校へ変更(学業のレベルが落ちるという理由)は更新が通らないのでご注意ください。

前年度の学校の成績が記載された証明書

通っていた学校の修了書が必要です。

要は、前年度きちんと学校に通ってましたということが証明できる書類。前年度の在籍と通学が証明できる書類を発行してほしいと学校に頼めば、学校が作成してくれます。

病院にかかる費用をまかなうことのできる保険

学生ビザを更新するためには、健康に関する保険に加入する必要があります。sanitarias、hospitalarias、extrahospitalariasをまかなうことのできる保険、と申請要項には記載があります。

日本で加入していた保険を延長することもできましたが、スペインの保険に入った方が安いので、私はスペインのMAPFREという老舗企業の医療保険に入りました。

MAPFREはセビリアにいくつか支店があります。

MAPFREの窓口で学生ビザ用の保険に加入したい旨を伝え、ついでに外国人事務所でもらった必要書類が書かれているリストを見せました。MAPFREの担当者はビザ用の医療保険の取り扱いに慣れているので、サササーっと料金計算をしてくれました。

MAPFREの担当者から保険に加入したい日の2〜3日前に銀行口座の情報とパスポート、学生査証カードを持って来るようにと言われました。医療保険への加入はビザ更新申請の直前で良いです。

ビザ申請用の保険書類のコピーもしてくれて、MAPFREの人はとても親切でした。

なお、スペインの医療保険契約に際しては、スペインの銀行口座が必要となります。

銀行口座の情報

学生ビザの更新手続きに当たって、以下いずれかの銀行口座の情報を提出する必要があります。

  • 6ヶ月間の入出金履歴情報
  • 1年間の口座平均残高
  • スペインにいる間の生活費用を保証してくれる人がいる場合はその人の情報

ING銀行に行き窓口で相談したところ、平均残高の書類をその場で出してくれました。入出金履歴はお金の流れが全部わかっちゃうし、書類の枚数もエライこっちゃになります。

ちなみにこの時点で平均残高の情報は6ヶ月しかありませんでした。外国人事務所では「口座の平均残高は1年分必要」と言われましたが、最終的に平均残高6ヶ月で通りました。汗。

学生ビザ更新書類の提出

セビリアのスペイン広場の外国人事務所

セビリアの場合はスペイン広場でビザの更新申請を行います。1年前に長期学生ビザを申請した外国人事務所と反対側にあるオフィス南の塔で、学生ビザ更新書類を提出しました。

待ち時間は10分程度。書類に不足がないかだけ確認して終了。約3週間で自宅に通知(まだtarjetaではない)が届くと言われました。

さて、ここからが長いのが更新の手続きです。がんばろう。

不足書類の提出と税金の支払い

7月頭に長期学生ビザ更新書類を提出してから約1ヶ月後の8月頭に、税金支払いと不足書類の提出を指示する通知が家に届きました。

もうっバカ…。

不足書類

私が不足していたのはパスポートの「VISADO」と刻印されたページのコピー。ビザ申請用の顔写真が乗っているページです。

パスポートの自分のデータが書いてあるページだけをコピーして行ったので、「VISADO」のページが不足していました。これから申請するみなさま、気をつけましょう。

税金支払い

税金(tasa)振込み用紙「Modelo:790 Código:052」が同封されていました。金額は16.81ユーロ。意外と安いじゃんっと。

何の税金なのかよくわかりませんでしたが、居住の手続きと外国人住民用の税金と書かれていました。あんまり深く考えずに「ふーん」と思いながら払いました。

不足書類提出と振込の期限

通知が届いてから10日以内に税金の支払い、15日以内に不足書類の提出をするように、と書かれていました。

私はすぐ書類を受け取ることができなくて、一旦不在通知が家のポストに入っていて、その後取りに行ったので、書類を受け取った時には記載されている書類の発行日付から8日経過していました…。

申請してからこの通知を受け取るのに1ヶ月かかったのに、申請者のことはずいぶん急かすのね。その日に急いで銀行に行って税金を支払い、支払った証明とパスポートのコピーをとって、翌日事務所に提出に行きました。

不足書類の提出自体は前回と同じ南の塔なので、ほとんど待たずに提出して終了、でした。

なお、不足書類を提出した時に、「無事申請は進んでいるのか?」と聞いたところ、進んでいるとのこと。次は指紋採取のための呼び出し通知が3週間後くらいに封書で届きますとのことです。

写真の準備と税金支払い

7月頭に学生ビザ更新書類提出してから2ヶ月弱、8月末に次回のアポイントについての通知と、税金支払いの通知が届きました。次回のアポイントは9月12日でした。

その次のアポイントまでに 学生査証カード用写真(白黒)の準備と税金18.54ユーロを支払っておくようにと。税金の振込用紙は「Modelo:790 Código:012」です。

えーこの前税金払ったやん、とか思って、念のためオフィスに「もう1回税金払うんですか?」と確認のメールを送った私。「この税金は前回とは異なりますから。」と返事が来て、泣く泣く(?)払いました。

しかも、税金払うための用紙を自分で印刷しなければならず、わざわざpapeleriaに行って支払い用紙を印刷して、銀行で支払いました。

写真提出と指紋採取

支払い済みの税金振込用紙の控えと学生査証カード(tarjeta de estudiante)用の写真を持って、指紋採取のアポイントのため外国人事務所に行きました。

指紋採取はちょっと並んでいる方の北の塔。13時ちょっと前に行ったら、20分待ちくらいで入れました。

写真提出

学生査証カード用の写真は白黒と書いてありましたが、昨年カラーを持って行ったら問題なかったので、それと同じカラー写真(新しく撮るのがめんどくさかった…)を持参。

事務所で写真を出した時、ちょっと笑われたので「カラーやばかったかしら…」と思ってたら、「この写真サイズがデカイ。」と言われました。あ、そっちですか、と。問題ないとのことでほっ…。

指紋採取

写真の提出が終わったら、指紋採取が行われます。

昨年もやりましたので、同じです。右と左の親指、人差し指をやって終了。

その場でさらに次なるアポイントが書かれた紙をもらいます。次のアポイントは10月末。結構先だなー。

このタイミングで学生査証カード(tarjeta de estudiante)をもらえます。

ここまでくればもう学生ビザの更新が成功することはわかるので、N.I.Eが書かれた次回アポイントの紙をN.I.Eの代わりとして出すことができます。

学生査証カードを受け取りに行く

セビリアのスペイン広場でビザ申請

9月の頭に指紋採取をした際にもらった次のアポイントの紙には、10月末頃の日付が書かれていました。その日以降学生査証カード(tarjeta de estudiante)を受領できるよってことなので、早速書いてあった日付に外国人事務所へ。

ここで私はとんでもない失態をおかしました・・・!!

パスポートを持ってくるの忘れた。。。

Left Caption

カウンターのおっちゃん

はい、パスポート出して
Right Caption

moni

えっ?持ってないっす…
Left Caption

カウンターのおっちゃん

パスポートなかったらカード渡せないよ。
Right Caption

moni

あっでもコピーは持ってるんです。
Left Caption

カウンターのおっちゃん

いやコピーでは無理だから。もう一度言うけど、パスポートなかったらカードは渡せませんからね。
Right Caption

moni

そんな。。。

というわけで、翌日もう一度行くことに。ちなみに翌日は45分くらい待たされました。

学生査証カード受け取りの時はパスポートを忘れずに!

住所変更はいらない?

ビザ更新申請の後に引越しして住所が変わったので、学生査証カード(tarjeta de estudiante)に記載されている住所と現住所が異なっていました。

住所変更したいことを学生査証カード受け取りの際に申し出たら、

Left Caption

カウンターのおっちゃん

車や不動産等を所有していないのなら、記載の住所が必要になることはないから、住所変更はやめとけ。税金とかまた払わないといけないし、時間かかるよ?

と言われました。

学生査証カードの住所変更は不要なようです。

確かに1年暮らしてきて学生査証カードの住所が必要になることってなかったな、と。銀行で口座作った時も「記載の住所とは違うところに住んでいる」と言ったら、口頭で伝えた住所で口座開設してもらえたし。

このあたり日本より厳しくないのねーと思いました。日本だったら例えば銀行の口座開設の際に、本人確認書類(免許証や保険証等)と申請住所が異なっていたら作らせてもらえないですよね?きっと。

それに、役所仕事の人が、「面倒だから変更しなくていいよ。」と自ら言ってくるあたりもちょっとオドロキ。

学生ビザ更新の注意点

学生ビザの更新に関しての注意点は以下です。

在籍する学校の種類は変えられない

学生ビザを取得する学校は変えられるけど、学校の種類は変えられません。

例えばAという語学学校からBという語学学校に在籍変更して学生ビザを更新することはできるけど、C大学からA語学学校に変更することはできません。学業のレベルが落ちると認識されるためです。

語学学校から特定の分野を勉強する専門学校に変更することもできません。語学学校で学生ビザを取得した場合は、語学学校で更新するか、大学などステップアップした形での更新しか認められていないです。

語学学校でビザを取得しておいて、スペインに来てから学校の種類を変えようと思う人がいるようですが、ご注意ください。

観光・短期学生ビザから長期学生ビザに変更はできない

観光目的でスペインに滞在できるのは3ヶ月まで、短期学生ビザは6ヶ月までです。

ビザなし、または短期学生ビザでスペインに入国した場合は、スペインの滞在を延長することはできません。

スペインで滞在を延長する可能性がある場合は、初めから6ヶ月以上の長期学生ビザを取得するようにしましょう。

無事に学生ビザの更新完了

7月頭に学生ビザ更新の申請をしたので、4ヶ月弱で学生査証カード(tarjeta de estudiante)を受領しました。

思ってたよりスムーズで良かった!

これからスペインで長期学生ビザの更新をする方の参考になりましたら幸いです。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luego!!!

こんな記事も読まれています

この記事を書いた人

moni

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬