スペインの長期留学にかかる費用を1年分計算してみた…1年で180万以下!

2016-01-29スペイン留学

スペイン留学費用

スペイン留学にはどれくらいの費用がかかるのか、今まであまりきちんと計算したことなかったので、スペイン留学にかかる費用を計算してみました。

結論から言うと、スペインの生活費は日本より安いです。

私の場合は留学先がセビリアなので、生活費がセビリアレベルになってます。マドリードとかバルセロナはもう少し生活費用が高いと思いますので考慮してね。

スペインの学校の費用

スペインに留学して、何かを学ぶのであれば必ずかかる学校の費用。語学、芸術、大学、研究など、目的によって留学先の学校は異なると思います。

長期学生ビザの取得には、

期間分の授業を受ける旨が記載されている入学許可書が必要

なので、1年であれば1年分の授業料をおさめる必要があります。

語学学校の場合

例えば私が通っていた『Enforex』という語学学校の場合、

週20時間の授業で9週間以上だと135ユーロ/週
1年間が52週だとすると、年間7,020ユーロ

公立の大学に比べると、語学学校の授業料は高いです。その中でも『Enforex』は大手の語学学校なので授業料高めですが、もう少しリーズナブルな語学学校もあり。

地元の小規模語学学校に行くと授業料は安く抑えられます。

スペインで居住にかかる費用

セビリアのセントロからそう遠くない場所でピソ(アパート)をシェアした場合、光熱費含めひと月あたり250ユーロ〜450ユーロです。

設備や立地を重視していいピソを選択すると当然高くなるので、月450ユーロくらいするかなと。費用重視でいけば、セビリアなら250ユーロくらいで住めます。

スペインの生活費

スペインの生活費は日本の生活費よりも全体的に安くすみます。特に食費。

食費

スペインの食費は日本より安いです。食費でかかるのは

  • 自炊用の食料品費用
  • 友達と出かける時の外食費
  • バルでお茶したりカフェしたりする費用

自炊する費用が70ユーロくらい、外食が月2回だとして40ユーロ、週2〜3回バルでお茶するとして、ひと月あたりの食費が90〜150ユーロです。

自炊用の食料品

スペインでは自炊をすれば、かなり食費を節約できます。私はひと月70ユーロくらい。

特に野菜やフルーツはとっても安い!トマト1キロ1ユーロとか!日本じゃ考えられない値段。

生鮮食品は市場か八百屋さんで購入するのがおすすめです。スーパーはやはり添加物や農薬が入っているようで、あまりよろしくないとアドバイスいただきました。

外食費

毎日自炊ばっかだと悲しくなってくるので、時には友達と外食したりします。その時は10〜20ユーロくらいはするかな。

それでも日本に比べたら、スペインの外食費は安いです。

バルでお茶やカフェ

日常生活の中で、バルでお茶したりします。

例えばカフェ・コン・レチェ(ミルク入りコーヒー)は、大体1〜1.5ユーロの間です。1.5ユーロだとちょっと高いなと思うくらい。

日用品

消費材の価格は日本と同じくらいです。大体ひと月10〜15ユーロくらい。

交通費

移動手段はもっぱら徒歩かチャリ(SEVICI)です。SEVICIの利用料は年間35ユーロ程度。バスはカードを使うと1回0.69ユーロ。

メトロやRENFE(スペイン国鉄)に乗ることはめったにないので、遠出しなければひと月あたりの交通費は3〜5ユーロ

セビリアという限られた土地の中で生活しているので、東京都内を動き回らなければいけなかった日本とは比較にならないほど、月の交通費が安いです。

スペインの携帯代

長期で留学する場合は、スペインの携帯電話を契約する必要があります。待ち合わせや急な連絡で必要なことがあるので、長期留学の際は携帯電話の契約はした方が便利。

私はVodafoneのプリペイドの一番安いプランを使っているので、携帯代が月10ユーロです。日本の携帯代に比べたら恐ろしく安いよ。プリペイドだからだけど。

スペインでかかる洋服代・娯楽費・交際費

洋服代

洋服は日本から持ってきたものの、長期留学となると季節が変わるからそれだけでは足りない。

そして、どうしてもバーゲンやってると欲しくなってしまう。。。どうにもならない人間の心理。

洋服代は人によってとても差が出ます。

日本から持って来たものだけで全て済ませるのであれば全くかからないし、スペインの洋服がかわいく見えてしまっていろいろ買ってると、恐ろしく浪費することになります。

私は洋服代の月の上限を20ユーロと決めているのですが、超過した月もあります…。

コスメ代

スペインには『KIKO MILANO』や『NYX』のようなプチプラコスメがあるから、正直コスメ代はあまりかからないです。

私はそんなにコスメフリークでもないし毎月は買わないので、平均してひと月5ユーロくらいかな。

娯楽費

公演やライブを観に行ったり、映画を観に行ったり、友達と遊んだりする時の費用、つまり娯楽費です。

日本ほどお金のかかる遊びはしないので、娯楽費は大体ひと月10ユーロ見積もってます。

交際費

友達の誕生日、お家にお呼ばれしたなどのシーンで必要となるは、ひと月5ユーロ見積もっておけばOK。毎月はかからない費用だから。

病院代

病院にかかる時の費用、薬局で風邪薬を買う費用など、突発的に発生しそうな医療関係の費用も一応見積もっときます。

毎月は発生しないから、大体ひと月5ユーロ

スペインまでの飛行機代

スペインの生活にかかる費用以外でスペイン留学する時にかかる費用と言えば、飛行機代

私は日本〜バルセロナはエミレーツ航空を利用し、66,370円。バルセロナ〜セビリアはvueling航空を利用し、約13,000円。合計で79,370円でした。

スペイン留学の際の保険

スペインでの留学ビザの申請の際に、「保険に加入していること」という条件があります。だから留学保険への加入は必須。

留学保険はビザを申請する期間分必要で、12ヶ月の留学期間だと安く見積もっても約15万円すると思います。(オプションによる)

ビザ更新の際も保険の加入は必須ですが、更新の時は日本の保険である必要はなく、スペインの医療保険でも大丈夫です。

スペイン留学にかかる費用を総合計してみる

ここまで記載したスペイン留学にかかる費用(旅費と生活費)を全て合計してみます。

スペイン留学費用まとめ

約172万!!

ま、こんなもんやろう。

日本と同じような生活をしていたらひと月2,000ユーロなんてすぐ超えてしまいそうだけど、スペインではかなり節約して生きているのでこんな感じ。

長期留学となる場合はスペインの銀行口座を

1年という限られた期間ならスペインの銀行口座を作る必要性はあまりないですが、1年を超える長期の留学をする場合は、スペインの銀行口座を作ることをおすすめします。

スペインのATMで日本の銀行口座からユーロを引き出すよりも、日本からスペインの銀行口座にユーロを海外送金した方がレートが良く、手数料も安いから。

スペイン留学費用のまとめ

というわけで…スペインのセビリアへ留学する場合、

ひと月あたり10〜15万くらいの生活費

を見込んでおいた方がいいというのが私の感覚です。

マドリードやバルセロナはもっと物価が高いので、セビリアでかかる留学費用の1.3〜1.5倍くらいの留学費用がかかりそう。

毎日バルでお茶したりビール1杯飲んだりする、スペインバルやレストランで美味しい料理をたくさん食べる、近くの国やスペイン国内を旅行するなどの目的があれば、もう少し費用を見積もる必要があるかもしれません。

このスペイン留学費用の情報が、今後スペインへ留学する方の参考になれば幸いです。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luego!!!

こんな記事も読まれています

この記事を書いた人

moni

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬

2016-01-29スペイン留学手続き, お金

Posted by moni