WhatsAppの使い方とLINEとの違い。ワッツアップに慣れよう!

WhatsAppの使い方!既読・ブロックの機能と機種変更時の引き継ぎ方法




WhatsApp(ワッツアップ)とはチャットアプリのことです。

ヨーロッパではチャットはWhatsAppが主流。スペインでもみんなWhatsAppを使っています。

LINEに慣れていると、WhatsAppとLINEの機能の違いに戸惑う人もいるかもしれません。

moni
私はWhatsAppの機能あれこれにドギマギしてました。特に最終接続時刻非表示とか既読非表示。

WhatsAppの使い方をマスターして、早くヨーロッパの生活に慣れよう!

というわけで、WhatsAppの使い方と既読・ブロックの機能、機種変更時のデータ引き継ぎ方法を解説します。

WhatsApp(ワッツアップ)の使い方はLINEとほぼ同じ

WhatsApp(ワッツアップ)とは、LINEのようなチャットアプリのことです。

WhatsAppとLINEで使い方が同じ点はざっとこんな感じ。

  • テキストメッセージ
  • ボイスメッセージ
  • スタンプ
  • 写真や動画を送る
  • インターネット通話
  • ビデオ通話
  • 既読表示
  • グループ機能
  • ブロック機能

WhatsAppはLINEと比較するとかなりシンプルに作られています。だから使い方は簡単。

WhatsApp(ワッツアップ)のボイスメッセージ

スペイン人はよくWhatsAppでボイスメッセージを送ってきます。送る側としては楽なのでしょう。しゃべるだけだから運転しながらでもできる。

受信側はボイスメッセージよりも、テキストメッセージの方が見てすぐわかるので楽です。ボイスメッセージだと聞かないといけない。

WhatsAppのボイスメッセージの使い方は、右下のマイクのボタンを押しながら録音すればOK。録音が終わったら手を離します。

ボイスメッセージの使い方の注意は、録音ボタンを押してもすぐに録音は開始されないから、1秒くらいしゃべるのは待ったほうが良いということです。

WhatsApp(ワッツアップ)の動画送信

WhatsAppでは、6分くらいまでの動画を送ることができます。

スペインではFacebook Messengerもよく使われていますが、Facebook Messengerで送ることができる動画は3分で短く、最終的にWhatsAppが動画送信戦争では勝ちます。

WhatsAppにスタンプができた!

かつてはWhatsAppにはスタンプがありませんでしたが、数少ないスタンプがWhatsAppにもできました!

WhatsAppのスタンプダウンロード方法

チャット画面でコメント入力欄の右側をタップ。

WhatsAppのスタンプダウンロード方法

右上のプラスのマークをタップ。

WhatsAppのスタンプダウンロード方法

ダウンロードできるスタンプがずらりと並びます。

WhatsApp(ワッツアップ)とLINEの違い

ざっと思いつく限り、WhatsAppとLINEの違いをまとめてみます。

最終接続時刻が表示される

WhatsAppの最終接続時刻は、初期設定で表示されるようになっています。

WhatsAppの最終接続時刻表示

最終接続時刻は問題の種になりがちです。

例えば相手の最終接続時刻が10分前なのに1時間前に送った自分のメッセージに既読がつかない時は、メッセージを開いてくれていないということ。

最終接続時刻は刻々と変わる(WhatsAppには頻繁にアクセスしている)のに、全くメッセージをくれないことを不快に思う人もいるようです。

「わ、めんどくせ」と思う人もいるでしょう。

大丈夫。最終接続時刻を非表示にすることは可能です。

WhatsAppの最終時刻表示設定

WhatsApp設定>アカウント設定のプライバシーの項目で、「最終接続」を選択します。

WhatsAppの最終時刻表示設定

最終接続時刻の表示は全員・自分の連絡先・公開しない、の3パターンが選択できます。自分の接続時刻を「公開しない」にすると、相手の接続時刻も見えなくなります。

前述の通り最終接続時刻の表示は揉める要素となり得るので、最終接続時刻は非表示にしている人も多いです。

オンライン中かどうかは必ずわかる

WhatsAppではオンライン中かどうかを隠すことはできませぬ。

最終接続時刻は隠すことができても、オンライン中の表示に関してはどうしてもバレてしまいます。

WhatsAppのオンライン表示

「オンライン」は自分がオンライン中で、相手もオンライン中の時に見られる表示です。相手が自分に対して入力中だと「入力中」と表示されます。

moni
噂では「誰と」オンラインになっているのかも将来的に表示するようになるとかならないとか…。これはちょっと問題な気も。オンライン中かどうかも見られたくない人は結構いますからね。

タイムラインがない

WhatsAppにはLINEのタイムラインはありませんが、インスタストーリーと同じような近況をアップする機能=ステータスが追加されました。

WhatsAppのステータス機能を使っている人はあまり見ないけど、写真をアップロードすることができます。ステータスの表示先は

  • 自分の連絡先
  • 選択した特定の人を除く自分の連絡先
  • 選択した特定の人のみ

の3パターンから選択できます。

友達登録という作業はない

WhatsAppには、LINEのように友達リストに追加するか?というステップはありません。

つまり友達リスト登録作業や「相手が自分を追加しました」の通知機能はないということ。

自分の連絡先(電話番号)が相手が電話帳に登録されていて、相手がWhatsAppを使っていればWhatsApp利用者のリストに表示されるし、相手がWhatsAppを使っていなければ表示されない。それだけ。

裏を返せば電話番号さえわかれば、その人がWhatsAppを使っているかどうかはわかるということです。

バックアップ機能

iPhoneでWhatsAppを使っている場合は、自動でiCloudに動画含めバックアップしてくれます。

iCloudの容量足りないとバックアップできないので要注意。

WhatsAppの設定>チャット>チャットのバックアップで設定します。バックアップの間隔は毎日、週1、月1から選択可能。

AndroidにWhatsAppの自動バックアップ機能はありませんが、GoogleDriveにバックアップすることができます。

ゲームがない

LINEゲームみたいな機能はWhatsAppにはありません。

WhatsAppはあくまでもメッセージチャットのアプリケーション。

NEWSを見る機能はない

LINE NEWSのようなニュースを読む機能はWhatsAppにはありません。

そこまでいろんな機能詰め込んでない点がWhatsAppの魅力です。

2年目以降、アプリが有料

WhatsAppの利用料金は撤廃されました!

今のところ、WhatsAppは永年無料!なので料金はかかりません。

WhatsApp(ワッツアップ)のメッセージ既読表示

みんなが気になるWhatsApp(ワッツアップ)の既読表示は、メッセージ右下の時間の横の√マークで判断します。

WhatsAppの既読表示

メッセージを送信した時点ではグレーの√マーク1つ、相手が受信したけど未読の場合はグレーの√マーク2つ、これが水色になったら既読です。

既読かどうかを相手に知られたくないという人も多いでしょう。

WhatsAppで既読表示されないようにする方法をご紹介します。

WhatsAppの既読表示オフ

既読表示とならないようにするにはWhatsApp設定>アカウント設定のプライバシーの項目で、一番下の「開封確認」をオフにします。

既読設定を非表示にした場合は、メッセージを読んだ場合でも水色がつかずグレーのままとなります。

だから、自分が既読になったかどうかは、相手からはわかりません。

自分の既読表示(開封確認)をオフにすると、相手の既読表示も見えなくなります。

グループチャットの既読表示

既読表示(開封確認)をオフにしていても、グループチャットでは必ず開封しているかどうかのチェックがつきます。

WhatsAppのグループチャット既読表示

グループチャットの画面を開いて自分が送信したメッセージの部分をスライドさせると、グループチャットメンバーの中の受信者と既読者のリストを見ることができます。

WhatsApp(ワッツアップ)でブロックする/されるとどうなる?

もう一つよく問題の種となるのは、WhatsApp(ワッツアップ)のブロック機能です。

WhatsAppで相手をブロックしたり、自分がブロックされたらどうなるのか。ブロック機能の詳細をご説明します。

相手をブロックする場合

WhtasAppで自分が相手をブロックした場合は、ブロックした相手からのメッセージを受け取ることがなくなります。

特定の相手をブロックする方法は2つあります。

WhatsAppのブロック設定

プライバシー設定のページからブロックする場合は、WhatsApp設定>アカウント設定のプライバシーで「着信拒否設定」を選択。着信拒否設定の画面で「新規追加」をタップして、該当相手の連絡先を選択します。

WhatsAppのブロック設定解除

ブロック設定を解除したい場合は右上の「編集」を押して、解除したい相手を選択します。

WhatsAppのブロック設定

ブロックしたい相手の連絡先情報のページで「ブロック」を選択して、相手をブロックすることもできます。

対象相手とのチャットページを開いて、上にある名前の欄をタップすると連絡先情報のページに行きます。ページの下の方に「この連絡先をブロック」があります。

自分がブロックされた場合

WhatsAppで自分が相手にブロックされた場合は以下のことが起こります。

  • いくらメッセージを送っても相手に届かない(灰色の√マークが1つしかつかない状態)
  • 相手の最終接続時刻は見えない

WhatsApp(ワッツアップ)のプライバシー設定

WhatsApp(ワッツアップ)の最終接続時刻・プロフィール画像・基本情報・ステータスの4項目の表示設定と、ブロック登録はWhatsApp設定>アカウント設定のプライバシー設定で行います。

最終接続時刻

WhatsAppの最終接続時刻の表示先で選択できるのは、下記の3パターンです。

  • 全員
  • 自分の連絡先
  • 公開しない

プロフィール画像

WhatsAppのプロフィール画像の表示先で選択できるのは下記の3パターンです。

  • 全員
  • 自分の連絡先
  • 公開しない

基本情報

WhatsAppの基本情報とは、設定画面のトップに出てくる自分の情報です。

「通話可能」「仕事中」「会議中」などステータスを入力できる部分です。自由コメントで入力することも可能です。

この基本情報の表示先で選択できるのは下記の3パターンです。

  • 全員
  • 自分の連絡先
  • 公開しない

ステータス

写真をアップできるWhatsAppのステータスの表示先で選択できるのは、下記の3パターンです。

  • 自分の連絡先
  • 選択した特定の人を除く自分の連絡先
  • 選択した特定の人のみ

WhatsApp(ワッツアップ)のチャット設定

WhatsApp(ワッツアップ)のチャット設定では、背景の設定や受信した写真を自動でカメラロールに保存するかなどの機能を設定することができます。

背景の設定

WhatsAppの設定>チャット>に「チャットの壁紙」の項目があります。

デフォルトでインストールされている壁紙を選ぶか、自分で撮った写真を選択。WhatsAppのチャットの背景になります。

チャットのアーカイブ

WhatsAppのチャットをアーカイブすると、チャットリストにチャットが表示されなくなります。

アーカイブされるだけでチャット自体は残っているので、検索をかければチャットの内容がヒットします。

チャットアーカイブの方法は、チャット設定で全てのチャットをアーカイブするか、各チャットの項目で左にスライドすると「アーカイブ」の項目が出てくるのでそれを選択します。

チャットの消去

WhatsAppのチャットのアーカイブはメイン画面に見えなくなっているような状態なので、端末に会話や写真などのデータは残っています。

写真や動画のやり取りが増えて、WhatsAppが携帯の容量を圧迫するようになってきたら、チャットのメッセージを削除するのが有効です。

チャット設定では全てのメッセージを削除することができますが、残したいメッセージはそれはそれであると思うので、チャットごとにメッセージを削除する方法を説明します。

アーカイブと同じやり方で各チャットの項目で左にスライドすると、アーカイブの隣に「その他」の項目があります。その他を選択すると色々出てくるのですが、「チャットを消去」を選択します。

スター付き以外削除、すべてのメッセージを削除の2つが出てくるので、「すべてのメッセージを削除」を選択します。

残したいメッセージがある場合は、事前に残したいメッセージをスター付きにしておきます。チャットを開いてスター付きにしたいメッセージを長押しすると、☆・返信・転送・コピー・削除の項目が出てくるので、☆をタップするとスター付きになります。

機種変更時のWhatsApp(ワッツアップ)データ引き継ぎ方法

機種変更した時は、WhatsApp(ワッツアップ)のデータを引き継ぎすることができます。今までのチャットが消えなくて安心。

iPhoneの場合はWhatsApp設定>チャットでバックアップができます。「自動的にバックアップ」を設定している場合は、チャットのバックアップに遷移するとバックアップが始まります。

Androidの場合はWhatsAppメニュー>設定>チャット設定>Backupchatsを選び、GoogleDriveにバックアップさせましょう。

機種変更した新端末にWhatsAppをインストールして起動すると、電話番号入力画面になります。電話番号を入力すると、その番号にSMSに認証コードが届きます。

WhatsAppで求められる認証コードを入力し、「復元」を押すとチャットの引き継ぎが完了します。

WhatsApp(ワッツアップ)をダウンロードしておこう!

スペイン人のみなさまはLINEというチャットアプリがあることは知っています。WhatsAppみたいなもんでしょ?って感じで、LINEアプリもインストールしている人も割といる。

でも、ほとんどスペインではLINEが使われていない。そりゃそうだ、周りがみんなWhatsApp使っているんだもの。

スペインでは誰かと知り合った時、連絡しなければいけない時、ほぼ100%「WhatsAppで連絡して」と言われます。というわけで・・・

WhatsAppをダウンロードして使い方をマスターしておこう!

check!iPhoneアプリ
check!Androidアプリ

これからヨーロッパへ留学を控えている人でまだWhatsAppを使ったことがない人は、事前にWhatsAppの使い方に慣れておくといいと思います。

WhatsAppなかったら、スペインで誰とも連絡取れません!早いうちWhatsAppの使い方をマスターしてね。

日本の携帯電話番号でWhatsAppを使おうと思っている人は、海外に旅立つ前にダウンロードしておいた方が良いです。

WhatsAppの利用開始にあたってSMSに認証コードが届きますが、日本の携帯のSMSは海外ローミングしないと海外では届きません。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

おすすめ関連記事

関連記事スペイン留学中の携帯電話契約 -プリペイドSIMとスマホの購入

関連記事【必要度別】スペイン留学の持ち物!必要なもの&意外といらないもの




こんな記事も読まれています



WhatsAppの使い方!既読・ブロックの機能と機種変更時の引き継ぎ方法

気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬