スペイン アラセナの生ハム祭りへ!タパス巡りと地元の人々の楽しみ方

スペイン アラセナの生ハム祭りへ!タパス巡りと地元の人々の楽しみ方




アンダルシアのアラセナで開催されている生ハム祭り(feria del jamón)に行ってきました!

アラセナは、スペインアンダルシア地方のウエルバ県にある小さな村。同じくウエルバ県のハブーゴと並ぶ生ハムの産地です。

moni
生ハム祭りと言われたら食いしん坊の血が騒いだ!

久々にブラブラカーを使って週末ひとり旅へ。生ハムを食べ、豚肉のタパスを食べ、博物館を見学して帰ってきたのでした。

というわけで、アラセナの生ハム祭り(feria del jamón)はこんなイベントだった!をどーぞ。

小さなアンダルシアの生ハム村アラセナ

アラセナはウエルバ県にある小さな村。同じくウエルバ県の内陸にあるハブーゴが生ハム村として名を馳せていますが、アラセナも生ハムの村としてアンダルシアでは有名です。

内陸にあるアラセナやハブーゴは、黒豚さんが育成される場所。山岳地帯で緑があり、夏は乾いた大地になるという気候も生ハムの製造に適しているそうです。

アラセナへの行き方

セビリアのプラサ・デ・アルマスバスターミナルからアラセナ行きの直通バスが1日2〜3本出ています。朝のセビリア発に乗り、夕方アラセナ発に乗れば日帰りは可能。

セビリア〜アラセナ
交通手段:バス
会社:DAMAS
セビリアのバスターミナル:プラサ・デ・アルマス
本数:1日2本
所要時間:約2時間
料金:片道7.67ユーロ
バスの時刻表
セビリア〜アラセナのバスの時刻表
※最新情報・チケット購入はDAMASのHPで要確認(OrigenにSEVILLA、DestinoにARACENAと入力)

今回バスを利用しようかと思ったのですが、朝9時発は私にとっては早すぎる…と思ってブラブラカーを探してみたらちょうど良い時間がありました。11時セビリア発のブラブラカーでアラセナへ向かうことに。

ブラブラカーに乗り込んだのは男女5人。ドライバーさん含めどうやら全員アラセナの生ハム祭りに行くようです。

帰りはバスで帰ってこようかと思ってたけど、帰りも時間が合えばみんなで帰ってこようということになり、ラッキーなことに帰りも同じ車に乗せてもらえました。

Bla Bla Car を使ってみた。ブラブラカーの使い方と感想・注意点

ブラブラカー(Bla Bla Car)を使ってみた!使い方と感想・注意点

2015-12-28

食べたり買ったりができる生ハム祭りのイベント会場

生ハム祭り(feria del jamón)のメイン会場は “Pabellón Ferial Aracena” と呼ばれる展示場です。

アラセナの生ハム祭りの会場

飲み食いできる会場

12時過ぎに到着したら既に多くの人が飲み食いしていました。生ハム以外にもカウンターでタパスが買えるので、遅めの朝ごはんなのか早めの昼食なのかを楽しんでいる人たち。

生ハムの皿(タパスはないです)を買うには、券売所で券を買って引き換えるという仕組みです。

アラセナの生ハム祭りの券売所

券売所

アラセナの生ハム祭りのメイン会場

用意された生ハムの皿

会場の外は青空市のようになっていて、生ハム以外の食材も売られてました。

アラセナの生ハム祭りで売られていたオリーブと栗

おいしそうなオリーブと栗

アラセナの生ハム祭りで売られていたりんご飴

屋台の定番りんご飴

そしてそして、ひときわ賑わっているのはもちろん生ハム売り場!

アラセナの生ハム祭りのメイン会場

加工肉やチーズも買える

アラセナの生ハム祭りのメイン会場

5人がかりで生ハムカットの実演

ひとり旅の難点は食べ物がシェアできないこと。しかし、アラセナに来たら生ハムを食べないわけにいかない!

アラセナの生ハム祭りのメイン会場の生ハム

目の前で切られるとそそられる〜

というわけで、一皿食べました。一皿で6.5ユーロとお得♫

アラセナの生ハム祭りの生ハム

生ハムお供はクルスカンポ!

隣のおじさんが「それうまそうやな」と私の皿を見て注文しました。おじさんが言うには、柔らか過ぎない部位でいいそうです。

moni
私はもう少し柔らかい部位が好きかな〜。

ハブーゴの生ハム工場見学後に食べた生ハムの方がおいしかったと思いました。

でも、この皿の生ハムを丸々6.5ユーロで食べられるなんて贅沢!とっても天気がいい日だったので、外のテラスでビール片手にうまうま食べました♫

スペイン生ハムの町ハブーゴで工場見学とイベリコ豚の生ハム三昧!

スペインの生ハムの村ハブーゴで工場見学とイベリコ豚の生ハム三昧!

2019-03-28

アラセナのバルでタパス巡り

生ハム祭り(feria del jamón)が開催されている期間の前後では、アラセナのバルでタパス巡りができます。

アラセナのバル通り

バルが立ち並ぶ通り

生ハム祭りのメイン会場から村の中心部に向かって歩くと、10分ほどでバルが立ち並ぶ通り(calle san pedro)に出ます。

この辺りのバルを中心に、タパス巡りにエントリーしたバルで自慢のタパスが食べられるのです。2019年は13のアラセナのバルがタパス巡りにエントリーしていました。

そのうち2つのタパスを食べると、アラセナの生ハム博物館の入場が無料に。5つ食べると、どのバルのタパスがおいしかったのか投票する権利を得ます。

アラセナのタパス巡りのスタンプ

タパスを頼むとスタンプをくれる

各バルのエントリーメニューは、いずれも豚肉を使ったメニュー。肉の部位やソースを工夫して、オリジナルのタパスに仕上げています。

アラセナのタパス巡りのメニュー

RUTA DE LA TAPAの看板

対象のバルには “RUTA DE LA TAPA” と書かれたメニューがあるのですぐわかります。どのタパスも1皿3ユーロ。

moni
タパス巡りしたバルをご紹介するYO!!

ほろほろあご肉がおいしかったバル『CAFE BAR SAN PEDRO』

サンペドロ通り(calle san pedro)のバルやレストランは、昼どきはどこも大混雑です。人でごった返しているバルで注文するのは一苦労。

そんな大混雑なバルの一つ『CAFE BAR SAN PEDRO』に入りました。

アラセナのバル「cafe bar san pedro」

カウンターの空いたところにササッと入る

私が気になったタパスメニュー。それはこちら。

Carillera Iberia de Aracena con almendras y pure de manzanas
(アラセナ産イベリコ豚のあご肉アーモンドソース りんごのピュレを添えて)

アラセナのバルのタパス巡りエントリーメニュー

結構大きい皿で出てきた

ほろほろのあご肉はアーモンドソースがよく絡んでおいしい!そしてそして、酸味のあるりんごのピュレが箸休めのような味で、組み合わせがよかった!

お肉を食べてはりんごのピュレを食べ、というような形で交互に味を楽しみましたとさ♫

ソースにやられた!『ABACERIA LA COMANDA』

サンペドロ通り(calle san pedro)から少し離れると、人の数が落ち着きます。2軒目はおしゃれな食料品店(abaceria)の『ABACERIA LA COMANDA』に入りました。

アラセナのバル「abaceria la comanda」

きれいな食料品店

ご夫婦で営業しているのかな?とても新しいバル兼食料品店です。

気になったこのバルのタパスメニューはこちら。

Abrazo de jamón a una alcachofa con secreto
生ハムに包まれたアーティチョークと秘密の…

アラセナのバルのタパス巡りエントリーメニュー「abaceria la comanda」

見た目が既においしそう

かなりそそられる見た目。なに!美しい!

この色のソースはサルモレホか?と想像してたらまさかの!パプリカソースでした。めっちゃおいしい!そして、生ハムとアーティチョークの組み合わせは間違い無いです。

アラセナのバルのタパス巡りエントリーメニュー「abaceria la comanda」

リベラの赤ワインと

赤ワインと一緒に美しくおいしいタパスを楽しみました♫このソースは反則やわ〜。

アラセナの村歩き

生ハム一皿を食べ、タパス巡りをしてお腹もなかなか満たされたので、アラセナの村を少し散策。

アラセナのマルケス広場

マルケス広場

生ハム祭りの会場は人だらけだったけど、村の中心部に来れば平和な週末の図でした。

アラセナの村にある銅像

生ハム村だとわかる銅像

ハブーゴにもこんなんあったな。生ハム推しのアラセナっぽい銅像。

アラセナの村

白い壁と青空

アラセナもアンダルシアの白い村でした。青空が映えて美しい!

アラセナのバルの子豚の丸焼き

子豚の丸焼きあります

アラセナでも子豚の丸焼きって食べるのね。状況にそぐわない子豚がリラックスしてる絵。

アラセナの標識

NO VIOLENCIA MACHISTA

「暴力 男女差別 反対」のハートが割れちゃった標識。

タパスを食べて無料で入れる生ハム博物館

アラセナのタパス巡りでエントリーしているタパスを2皿食べると、生ハム博物館の入場が無料になります。普段は3.5ユーロかかるから、これまたお得!

アラセナの生ハム博物館入り口

中は撮影禁止

オーディオガイドを渡され、6つの部屋を見ながらガイドを聞いていきます。

ハブーゴで5Jの生ハム工場見学に行ったことがあったから、ガイドの内容はだいたい同じでした。パネルでの説明しかないから、実物を見られる工場のような感動はなかった。笑。

moni
3.5ユーロ払って入るのは個人的にはどうかな?って感じです。
◆生ハム博物館(Museo del jamón)
住所:Calle Gran Vía, Aracena,
営業時間(オーディオガイド):月曜〜金曜 11:15-13:15 16:15-18:15/土日祝日 11:15-13:30 16:15-18:30
定休日:12月24日・25日・31日・1月1日〜6日

生ハム祭りメイン会場で楽しむ人々

再び生ハム祭りのメイン会場に戻ると、人の数が多くなっていました。

アラセナの生ハム祭りのメイン会場

家族や友達と過ごす人々

家族や友達とテーブルに座り、ほとんどのグループが生ハムの脚を丸ごと一本買って楽しんでいるようでした。

アラセナの生ハム祭りのメイン会場

みんなで生ハムを楽しむスタイル

生ハムの写真を撮らせてほしいとお願いしたら、生ハムを切ってる様子を撮らせてくれました。おいしそうだろう?って。

で、そのまま切った生ハムを私にくれました!

アラセナの生ハム祭りで切ったばかりの生ハム

カットしたばかりの生ハム

カットしてくれたばかりのこの生ハムは、着いて早々に食べた一皿の生ハムよりおいしかったのです!これはほんと。

家族や友達と生ハムの脚丸ごと1本を囲んで楽しむ週末の昼下がり。最高だね!

1日楽しめるアラセナの生ハム祭り

行く前は生ハム祭りと言っても生ハムを食べるだけだから数時間あれば十分と思っていましたが、もう数時間いられたかなと思うくらいあっという間に過ぎました。

生ハムだけじゃなく、豚肉を使ったアラセナのバルのタパス巡りがよかった!タパス巡りは11月3日までやっているそうです。

夜の22時からは、0.5ユーロで生ハムが食べられる試食会があるそうな。泊まりじゃないと試食会には参加できないから、これはアラセナ地元民だけの特権だね。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

スペインに行きたくなったら
海外航空券はサプライスが安いのでおすすめです。期間限定のお安い航空券が購入できることもあるので、こまめにチェック!

Surprice(サプライス)の公式サイトへ

アラセナに宿泊するなら
朝から晩まで生ハム祭りを楽しむなら、アラセナに泊まるしかありません!泊まれば0.5ユーロ試食会にも参加できる♫

【Booking.com】でチェック
【Expedia】でチェック
【Hotels.com】でチェック

スペイン旅行の前にチェック!
▽ 海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを持って行こう
年会費無料の【エポスカード】公式サイト

▽ いつでもネットに繋げたいなら海外で使えるWiFiの準備を
海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

▽ スーツケースはレンタルがお得でスマート
即日発送可能!【アールワイレンタル】






スペイン アラセナの生ハム祭りへ!タパス巡りと地元の人々の楽しみ方

気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬