スペインでチップが必要な場面や相場を解説!ホテルやタクシーは基本いらない。

スペインでチップが必要な場面や相場は?ホテルやタクシーは基本いらなかった。




海外ではチップの習慣があると思っている人!(それは4年前の私だ…!)スペインではチップは不要なことが多いです。

チップが不要な場面でチップを渡してしまっても問題ないですが、渡さなくて良いなら渡したくなかったと後悔することもあるかも。

というわけで、スペインでチップが必要な場面とチップの相場、チップがいらない場面をご紹介します。

moni
基本的にスペインという国はチップがいらないので、私たち日本人にとっては楽です!

スペインのチップの習慣

セビリアのレストラン『Velouté』の店内

スペイン語でチップは「propina(プロピナ)」と言います。スペインにはチップを渡さなければいけない習慣はありません。

アメリカはチップ文化で、レストランやバルのウェイターは、チップがある前提でアルバイト代が算出されているそうです。ウェイターたちはチップで生計を立てているので、チップは重要。

moni
だからアメリカではチップを支払う文化ができあがってるのですね。

スペインではチップは、快いサービスに対する「ありがとう」の気持ちや、おいしい食事に対する賞賛を表すものです。

スペインのウェイターはチップをもらえる想定はしていませんし、チップを渡さないとサービスが受けられないという心配はありません。

スペインでは、何か特別なことがなければチップを渡す文化はないと思っておいてOKです。

スペインでチップを渡す場面

バルセロネタのレストランpinxoplatjaのパスタのパエリア(フィデウア)

チップの文化がないスペインでも、チップを渡すときがあります。

それは、レストランやバルでとても気持ちの良いサービスを受けたときや、提供されたお料理がとてもおいしかったときです。

この場合は、ウェイターや料理人への感謝の気持ちを込めてチップを渡します。

安いローカルバルのチップ

スペインには安いローカルバルでもおいしいところがたくさんあります。ウェイターのおじさんが気さくだったりして、サービスが良いと感じることも。

頼んでないのに一口タパスをくれたり、ワインをたくさん注いでくれたり、良くしてくれたなと感じた時はチップを渡しても良いでしょう。渡さなくても大丈夫。

安いローカルバルでチップを渡すときは、お会計の端数を切り上げて渡す程度で良いです。例えばお会計が9.5ユーロだったら10ユーロ渡す。(0.5ユーロがチップ)

スペイン(特にアンダルシア)は日本ほどお釣りにきっちりしていないので、例えばお会計が9.9ユーロで10ユーロ渡したらお釣りがないことはよくあります。

この場合は、差額の0.1ユーロがチップになってしまったというより、そんなに細かいお金のことを気にしていないということです。

一般的なレストランのチップ

一般的なレストランでウェイターのサービスや料理に感謝の気持ちを示したかったら、お会計額に応じてチップの金額を決めます。

お会計が20ユーロ程度だったら、1ユーロのチップが目安。例えば5人で100ユーロのお会計だったら1人1ユーロ程度のチップで十分です。

チップ額はあくまで目安なので、1ユーロより少なくても問題はありません。そもそもサービスや料理が気に入らなければ、レストランでもチップは不要です。

スペインのレストランは日本人好みのことが多くおいしいと感じると思いますので、サービスや食事に満足したら心づけ程度のチップを置いていけば良いでしょう。

高級レストランのチップ

ミシュランの星つきなど高級レストランに行く場合は、チップを支払う想定をしておいた方が良いです。

1人あたりのお会計が100ユーロを超えるようなレストランでは、お会計額の5%〜10%程度がチップの相場。1人5ユーロ〜10ユーロ程度で半端な額にならないように置くのがスマートです。

例えば4人でお会計が400ユーロだったら20ユーロ〜30ユーロをチップとして置いておけば良いでしょう。

moni
こんな高級店に行くことは私はないので、20ユーロのチップというだけで卒倒しそうです…。

お会計にサービスチャージが含まれている時はチップは不要

高級レストランでもチップが不要となるケースがあります。

それは、あらかじめお会計に「サービスチャージ」というチップにあたる金額が含まれている場合です。

スペインではあまり見かけないのですが、レストランによってはチップにあたる金額を「サービスチャージ」として最初から入れている場合があります。

その場合は二重にチップを払う必要はありません。

スペインだとチップが不要な場面

セビリアのアルフォンソXIIIホテルのロビー

スペインでチップを支払う場面はレストランだと思っておけば良いでしょう。そのほかの場面では基本的にチップはいらないです。

ホテル

スペインのホテルではチップは不要です。ホテルのベッドメイクのチップを枕元に置いておく必要はありません。

私は10年以上前に学生でスペインを旅行したとき、ホテルのベッドメイクにチップは必要なんだと思って枕元に置いていました。

枕元からなくなっていたこともあれば、そのまま置かれていたこともあり、その時に「スペインのホテルではチップはいらないんだ!」と薄々感づいたのです。

moni
こうやって経験してスペインの文化を覚えることも大事。

玄関にポーターがいるような高級ホテルで、ポーターが重たい荷物を部屋まで運んでくれたときは、感謝の気持ちで1ユーロ程度をチップとして渡しても良いです。

でも、強制ではないですしそれがポーターの仕事なので、ホテルではチップを渡さなくても問題ありません。

ホテルの高級ストランで食事をして満足したら、チップを置いていっても良いでしょう。ホテルの部屋番号に請求をつけて後で支払いとなる場合は、チップを上乗せするのが難しいですけどね…。

タクシー

スペインのタクシーは基本的にチップはいらないです。

空港から市内へ行く際に重たい荷物を運んでもらったときは、チップを渡す人もいると思います。

moni
スーツケース代(スーツケースをトランクに預ける代)はタクシーの料金表に含まれているので、私は渡さないけど…。

チップと言うほどの認識はないけど、お釣りの端数は渡してしまうことが多いです。例えばタクシーのお会計が24.5ユーロだったら25ユーロを渡す。

バルでのお会計と同様で、スペインのタクシー運転手は細かい端数まで気にしていない人が多いので、チップを渡そうと思ってなくても細かいお釣りはもらえないことがあります。

スペインでカード払いするときのチップの払い方

スペインのチップをクレジットカード払い

クレジットカードで支払う時は、基本的にチップを支払わなくて良い流れになります。

チップだけ小銭で支払うのも変ですし、ウェイターに「チップはXXセントで!」と伝えるのも変なので、自然とチップを払わない流れに…。

スペインではチップを支払わなくても何の問題もありませんが、なんとなく海外でチップを支払わないことに抵抗がある人はカード払いだと気にしなくて済みますね。

それなりに敷居の高いレストランだと、レシートの一番下にチップの額が書き込めるようになっています。チップ額を書いて、チップを上乗せした全額をカードで支払いの流れです。

moni
チップ額が書き込めるレシートをスペインであまり見たことがありませんが、ちょっとお高めのフラメンコのタブラオで一度見かけました。

スペインではチップがいらないことが多い

ヨーロッパがチップが不要なのではなく、スペインがとりわけチップに対してゆるい国というか、チップが不要な国なのだと思います。

10年以上前ですがチェコを旅行したとき、カフェで食事をした後に「このお会計はチップが入ってませんから(=チップ置いてけよ)」とわざわざ言われました。

その印象が強すぎてヨーロッパ=チップが必要と思っていたのですが、スペインに来てみたらあらま、チップなんてほとんど必要な場面がないということに気がついた次第です。

moni
チップの習慣がない私のような日本人には、余計な心配がなくてありがたいです。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

おすすめ関連記事

関連記事スペインのバル巡りは一人でも大丈夫!タパスやワインの頼み方を覚えよう

関連記事レストランとバルでは異なる?スペイン語の「いくら?」「お会計」の言い方

スペイン旅行の前にチェック!
▽ 海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを持って行こう
年会費無料の【エポスカード】公式サイト

▽ いつでもネットに繋げたいなら海外で使えるWiFiの準備を
海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

▽ スーツケースはレンタルがお得でスマート
即日発送可能!【アールワイレンタル】






スペインでチップが必要な場面や相場は?ホテルやタクシーは基本いらなかった。

気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬