私がスペインのセビリアに留学することを決意した理由

私がスペインのセビリアで生活することを決意した時の話




私がスペインへ行きたいと思っていた理由は、フラメンコの本質をもっと突っ込んで知りたかったからです。

そんなスペイン行きの淡い思いを決意に変えたのは、30歳を過ぎてから受けた人間ドックがきっかけでした。

私がスペインのセビリアで留学生活することを決意した理由を綴ってみます。少し大げさな話になっちゃいますが、年末ということで大目に見てね。

人間ドックの婦人検診で引っかかる

30歳を過ぎると会社の健康診断が人間ドックになります。バリウム飲んだり、婦人検診が行われたり、健康状態をより細くチェックできるやつです。

その中の婦人検診で引っかかりました。

精密検査が必要になり、2度3度と精密検査が進む中で、これはリアルに治療に専念しなければいけないのではないかと不安を抱くように。精密検査の期間の3〜4ヶ月、とても長く感じました。

最終的に「恐らく悪性ではない」という医師の判断がありましたが、この時に「今できることは今のうちにやっておこう」と思ったのです。

5年後に死ぬとしたらどうする?

治療に専念しなければいけないとしたら、もし5年後に死ぬとしたら、スペインに行くか行かないか?

セビリア行きの決断をする時に考えたことはこれです。

だから結構あっさりスペインに行くことを決めました。

やってする後悔よりも、やらないでする後悔の方が大きいはず。死ぬ時に「スペインに行っておけばよかったなぁ」と思うのは嫌だったんで、決めた瞬間は潔かったと思います。

若くないからこそ、やりたいことを後回しにせずに今やるという決断が必要だったのです。

安定した日本の生活を捨てる決意

私は日本では普通の会社員でした。通信会社で法人営業として10年間働き、好きなことをやるには十分なお給料をもらい、職場にも恵まれていました。

だから、会社を辞めるということは結構な大行事でした。

自分の仕事を自分でコントロールできるフリーランスと違い、会社員の場合はかなり大きな安定を捨てることになります。

このまま会社に勤めていれば日本で安心して暮らせるけど、それを捨てでも海外で不安定人生を送るかどうか。そしてその選択を30歳過ぎてからできるかどうか。

この決断をできずに海外に行くことができない人は、意外と多いように思います。会社に勤めるまで自分が築き上げた人生を、あっさり捨てることになりますからね。

1年や2年(仕事と関係ない理由で)海外に行くからと言って、籍を残しておいてくれる会社は普通はないです。専門職でもないから、スペインから戻ってきた後に雇ってくれる会社があるかどうかもわからない。

私が働いていた会社は、1ヶ月や2ヶ月の休みを取ることも難しかった。MAXで5営業日+土日の10日間。

だから3ヶ月未満の短期留学でスペインへ来ている人を見て、いつも不思議に思ってました。どうやって仕事休んでるのだろうと。

会社勤めしている人は、私のようなケースの人がほとんどだと思います。30歳過ぎれば仕事も軌道に乗って、責任あるポジションを任されたりして、ますます辞めるのが難しくなる人もいるのでは。

「この仕事まではやり遂げなければ」「この案件は私の他にわかっている人がいないから心配だな」と小さいことを気にしていたら、いつまでも自分のやりたいことができません。

自分がいなくても会社は回ります。だから、もっとやりたいことを見つけたらサラッと辞めていいと思う。

最後は自分がどうしたいかだけを考えました。

現在の私のセビリア生活は不安だらけで安定とはほど遠い、いや真逆にいます。この先どうなるかわからないスペインでの生活は、かなり刺激的です。

スペインで新たな出会いがあるかもしれないし!新たな特技を見つけるかもしれないし!

私は「人生ギャンブル」的な思想で、日本の安定生活にはあまりこだわらずに決断することができました。

人生には限りがある

この記事を書いたのは、今年の夏にとある方からお問い合わせをいただいたことがきっかけです。私がスペイン行きを決めた理由を尋ねられ、改めて過去の自分の思いを振り返ってみたのでした。

人生には限りがある。

歳を重ねるとできることも増えるけど、できなくなることも増える。「今、自分がどうしたいのか。」その気持ちだけで私はスペインのセビリアへやってきた気がします。

人生は見通しがきかない方が楽しい!

そう思います。



最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!




こんな記事も読まれています



私がスペインのセビリアで生活することを決意した時の話

気に入ったらシェア!

4 件のコメント

  • moni様

    初めまして。あまりにも状況が理解できて思わずメッセージさせて頂きました。
    昨年何の気なしに初めてバルセロナに旅行に行き、一気に好きになりました。その上現地に住みたいと思うようになり、色々ググりまくっているうちにmoniさんのブログに辿り着きました。
    私も今何不自由なく安定した生活を送っていますが、今まさにそれらを手放してバルセロナに行くかどうかの岐路に立っています。職場にも友人にも親にも相談しますが結局は自分次第ですね。決心されたmoniさんすごいなと思いました。アラフォーだしもし帰国したら仕事とか生活とか色々どうすんだろ…。とずっとモクモク頭上にある不安は尽きませんが多分行くと思います。たまに現状に流されるので時に自分を奮い立たせて。。
    Moniさんのブログ読みやすくて分かりやすいので気付いたらいつも長時間読ませてもらっています。大いに参考にさせていただき準備に向けたいと思います。
    ちなみに私もB型です…笑
    長文失礼致しましたm(__)m

    • みかん様

      ブログ読んでいただきありがとうございます(^^)

      バルセロナに恋されたのですね!
      私は健康診断の結果がなければ、「いつか行きたいな〜」くらいでなかなか行動に移せなかったかもしれません。診断の結果があったから「今しかない」と決断できたような気がします。

      現在の生活に満足していると、リスキーな人生を選択するのに勇気がいると思います。
      でも、後の人生はその時に考えれば良いと思います。
      今とは全く別の人生になっているかもと考えたら、そっちの方がワクワクするような気も!

      頑固なB型女子はきっと、自分の人生を切り開いて行くのだとポジティブに考えてます!笑。

      またブログを覗きに来ていただけたら幸いです。
      ありがとうございました。

  • moni様初めまして。ツイッターから来ました。
    私もみかん様のように、先月バルセロナに旅行に行き、人や街、文化に恋してしまいました。
    仕事を辞めて住みたいくらい!!…でも、スペインで何する?そのあとは…?考えがつきません。
    とりあえず今度はマドリードに行ってみようと思っています。
    一面だけ見て興奮してるだけかなと思いながら、また行きたい気持ちがおさまりません。
    とりとめのない文章ですみません。
    もっとmoni様のブログを見させていただきます。

    • > カッサータ様

      ブログ読んでいただき&コメントいただきありがとうございます!

      バルセロナに恋されたとのこと、素敵ですね☆
      マドリードは周辺の城壁の街などが魅力的で、マドリードを拠点にした旅を私もしてみたいです!

      街ごとにスペインの色々な魅力が見られると思うので、一緒にスペインについてもっと知っていきましょう〜♪
      また、ブログを覗きに来ていただけたら幸いです(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬