セビリアの市バス『TUSSAM』の主な路線7つと空港バスを紹介

2017-05-16セビリア

セビリアの市バスTUSSAM

セビリアという街は小さめながらもかなりの数のバスが走っているので、どれに乗ればいいのかようわからんという人も多いのかもしれません。かくいう私もその一人です。

というわけで、セビリアの市バス『TUSSAM』の主要な路線と空港バスをご紹介します!

全ての路線を紹介するのは不可能なので、旅行者やセビリアセントロ在住者が使うと思われる路線をメインに。

TUSSAMはセビリアの市バス

『TUSSAM』はセビリア市内を網羅するように走っているセビリアの市バスの名前です。

TUSSAMのバスは6時台〜23時台まで走っていることが多いです。各路線の時刻表はTUSSAMのHPの時刻表でご確認ください。

料金は現金払いだと1.4ユーロ、事前にカードを購入してチャージされている場合は0.69ユーロです。

TUSSAMの乗り方、チャージ式カードの買い方は以前に書いたTUSSAMの記事をご覧ください。

サンタフスタ駅を通る路線

セビリアの市バスTUSSAMのC3サンタフスタ行き

旅行者であれば知りたいかなと思う、RENFEのサンタフスタ駅(Santa Justa)を通る路線は21/32/C1/C2の4つです。停車駅は主要なところを記載しています。

21番(サンタフスタから2つのバス停駅へ)

長距離のバス停駅プラサ デ アルマス(Plaza de Armas)と、ポリゴノ サンパブロ(Poligono San Pablo)を結ぶバス。ポリゴノ サンパブロはサンタフスタからカンザスシティ大通り(Ave. Kansas City)を北東に行ったところにあります。

21番のバス
ポリゴノ サンパブロ〜サンタフスタ〜プラド デ サン セバスティアン〜プエルタ ヘレス〜プラサ デ アルマス

Poligono San Pablo〜Santa Justa〜Prado Sansebastián〜Puerta Jerez〜Plaza de Armas

鉄道駅のサンタフスタから近距離バスターミナルのプラド デ サン セバスティアン、長距離バスターミナルのプラサ デ アルマスに行きたい場合、またはその逆の場合に便利。

32番(サンタフスタからセビリア中心部へ)

ドゥケ広場(Plaza Duque)と市内のかなり南の方にあるサンタ アナ(Santa Ana)地区を結ぶバス。サンタフスタから中心部に出たい場合はドゥケ広場方面に行くバスに乗ります。

ドゥケ広場はセントロのエル コルテ イングレスがあるところ。

32番のバス
サンタ アナ、ポリゴノ スル地区〜グラン プラサ〜サンタフスタ〜ポンセ デ レオン〜ドゥケ広場

zona de Santa Ana/Poligono Sur〜Gran Plaza〜Santa Justa〜Ponce de Leon〜Plaza Duque

32番のバスはサッカーチーム「セビージャFC」の本拠地スタジアムであるラモン サンチェス ピスファン(Estadio Ramón Sánchez-Pizjuán)近くを通ります。

サンタフスタからドゥケ広場へ行くのとは逆の32番のバスに乗ると、5分くらいでエル コルテ イングレスが見えてくるので、そのすぐ後のバス停で降りるとスタジアム近いです。

C1とC2(サンタフスタから外周方面へ)

C1とC2は同じルートを走っていますが、一周しているので進む方向によってC1とC2に分かれます。C2はC1の逆回りバージョン。

旅行者はあまり使わないかもしれませんが、生活している人はよく使うバスです。

C1のバス
サンタフスタ〜ルイス デ モラーレス〜サン ベルナルド〜プラド デ サン セバスティアン〜マリア ルイサ公園〜フェリア会場〜トリアナ地区〜カルトゥハ〜バルケッタ〜アルコス デ ラ マカレナ(アンダルシア州会議事堂)〜ロンダカプチーノス〜サンタフスタ

Santa Justa〜Luis de Morales〜San Bernardo〜Prado Sansebastián〜Parque Maria Luisa〜Portada de la Feria〜zona Triana〜Cartuja〜Barqueta〜Arcos de la Macarena(Parlamento Andalucía)〜Ronda Capuchinos〜Santa Justa

セビリアの外周と呼ばれる大きい道路を通って、春祭りの会場前を通過し、中心部から遠くのトリアナ地区を通って、イスラマヒカ(Isla Magica)のあるカルトゥハとかまで行っちゃう、大掛かりな円を描いた路線です。説明わかりにくっ!

セビリア外周を走る路線

セビリアには「外周」と呼ばれる市内を囲んだ大きい通りがあります。この外周をぐるっと回っているバスは、C3とC4です。

C3のバス
プラド・サンセバスチャン〜プエルタ ヘレス〜トリアナ地区のパヘス デル コロ〜プラサ デ アルマス〜トルネオ〜アルコ デ ラ マカレナ(アンダルシア州会議事堂)〜ロンダ カプチーノス〜プエルタ オサリオ〜プエルタ ラ カルネ〜プラド サンセバスチャン

Prado Sansebastián〜Puerta Jerez〜Pages del Corro〜Plaza de Armas〜Torneo〜Arcos de la Macarena(Parlamento Andalucía)〜Ronda Capuchinos〜Puerta Osario〜Puerta la Carne〜Prado Sansebastián

基本的にはC3の逆回りがC4ですが、プラサ デ アルマス〜プエルタ ヘレス間が異なります。

C3はプエルタ ヘレス〜トリアナ地区のパヘス デル コロ〜プラサ デ アルマスですが、C4はプラサ デ アルマス〜パセオ コロン(黄金の塔)〜プエルタ ヘレスで、トリアナ地区は通りません。

プラサ デ アルマスを通る路線

長距離のバスでセビリアに着いた場合、またはセビリアから長距離バスに乗る場合は、プラサ デ アルマスを利用します。プラサ デ アルマスを通る路線は、3/6/21/40/41/C3/C4です。

21番は上記で説明した、サンタフスタ駅やもう一つのバスターミナル プラド デ サン セバスティアンを通る路線です。

3番/6番はセビリア北部のマカレナ方面とセビリア南部を結ぶバス、40番/41番はトリアナとプラサ デ アルマス周辺を結ぶバス。

プラド デ サン セバスティアンを通る路線

カディスやヘレス、ロンダなどの街へ行く場合は、プラド デ サン セバスティアンのバスターミナルを利用します。プラド デ サン セバスティアンを通る路線はたくさんあります。

サンタフスタとプラサ デ アルマスに行くことができる21番、外周を走るC1/C2/C3/C4が旅行者が使いそうなバス。セビリア東部や南部からもプラド デ サン セバスティアン行きのバスは出ています。

セビリアの空港バス

セビリア空港と市内を結ぶ空港バスは、EA(Especial Aeropuerto)と言います。

セビリアの空港バスTUSSAM

空港バスEAは主要なバス停を通るので、空港に行く時や空港からセビリア市内方面に行きたい時は、この空港バスを利用すると便利です。

プラサ デ アルマス(Plaza de Armas)発セビリア空港行きと、セビリア空港発プラサ デ アルマス行きの2つです。

空港バス(EA)
プラサ デ アルマス〜プラド デ サン セバスティアン〜サン ベルナルド〜サンタフスタ〜セビリア空港

Plaza de Armas〜Prado Sansebastián〜San Bernardo〜Santa Justa〜Aeropuerto

プラサ デ アルマスとサンタフスタの間がおおよそ15分〜20分程度で、鉄道駅のサンタフスタからセビリア空港までは20〜30分程度です。

空港バスはチャージ式のカードは使えません。片道4ユーロ、往復(同日のみ)は6ユーロです。

セビリアの空港バスの時刻表はTUSSAMのページにあります。「consultar horarios」をクリックで時刻表が表示されます。

バスTUSSAMに乗る時に確認すること

路線の番号は『TUSSAM』の車体掲示板に記載があるのと、バスの停留所にもシールが貼られています。乗る前に確認すべし。

セビリアの市バスTUSSAMの車体

バス車体の横に「C2」と書いてあります。もちろんバスの正面の掲示板にも「C2 CARTUJA」(C2番 カルトゥハ行き)みたいな記載があります。

セビリアの市バスTUSSAMのバス停

バス停横にも「C2」「A2」とシールが貼られているので確認。

セビリアの市バスTUSSAMの電光掲示板

人が多いバス停や、大きめのバス停は電光掲示板があります。

乗車してから運転手さんに「このバスは〜に行きますか?」と聞いてもOKです。「Va a Plaza de Armas?」(このバスは)「プラサ・デ・アルマスに行きますか?」という感じで。

TUSSAMのアプリ

『TUSSAM』のアプリで、チャージ式カードの使用履歴を見たり、ルートを検索することができます。

Apple StoreでTUSSAMのアプリを見る(無料)

私はGoogleMap先生をよく使うから、TUSSAMのアプリはあまり使わないけど、無料なのでダウンロードしておいて損はないでしょう。

セビリアの市バスをうまく使おう

セビリアの市バス『TUSSAM』をうまく使えば、無駄にタクシーに乗ったり、「えっ」と思う距離を歩いたりしなくて済むと思います。

これからセビリアに旅行に来る方、セビリア暮らしを始める方の参考になれば。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

こんな記事も読まれています

この記事を書いた人

moni

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬

2017-05-16セビリア交通

Posted by moni