スペインどうなる自分どうする?再び非常事態宣言…夜間の外出禁止と移動の制限

スペインどうなる自分どうする?再び非常事態宣言...夜間の外出禁止と移動の制限




おとといアンダルシアの一部で適用された新たな規制について書いたばかりでしたが、結局10月25日(日)にスペインで非常警戒体制(非常事態宣言)が出たことにより、カナリア諸島を除く全土で規制が適用されることになりました。

内容を簡単に言うと、夜間の外出禁止と移動の制限です。

前回は昼間もスーパーへの買い物とか薬局以外は外出禁止でしたが、今回の非常警戒体制は前回ほど厳しくないです。ただ、また制限つきの生活に戻らなければならないので精神的なダメージは少しあります。

しかも!とりあえずは15日間の規制だけど、5月9日まで延長する可能性があるらしい。

moni
わざわざそれを最初に言うってことは、もう5月まで延長する気満々なの…?

スペインはどうなってしまうのだろう、そして私はどうしよう…。

おとといた記事はこちらです。

セビリアのトリアナ橋から見たグアダルキビル川

【11/24更新】コロナ関連で新たな規制。スペイン・アンダルシアの現在状況と日常生活

2020-11-08

10月25日〜非常警戒体制の主な内容

10月25日〜15日間、非常警戒体制としてカナリア諸島を除くスペイン全土で規制が適用されます。

とりあえず15日間になってますが6ヶ月延長の可能性があり(スペイン首相は延長を希望しているとのこと)、そうなるとまさかの2021年5月9日まで非常警戒体制になります…。

moni
オーマイガー…

状況に応じて各自治州で異なる対応になるようですが、現時点で半年は状況が変わらないという読みがあるんでしょう。先が見えないっす。

夜間の外出禁止

カナリア諸島を除くスペイン全土で、基本的に夜23時〜朝6時は外出禁止となりました。各自治州は前後1時間はずらすことができるので、22時から外出禁止になる州もあると思います。

バルの営業は22時までになっているので、夜に外食することは現実的ではなくなりました。「Uber Eats」とか「Deliveroo」のようなデリバリー系の需要は高まりそうです。

なお、夜間外出禁止のことをスペイン語では “toque de queda” と言うそうです。(←おととい覚えた)トケデケダ!

州をまたいだ移動の制限

州をまたいだ移動に関しては、各自治州が決定することができるようになってます。

人の移動が減れば感染の機会も減るだろうから、いっそのこと州の移動は政府が一括で制限しちゃえばいいのにと思いますが、そうはいかないようです。

集まれる人数の制限

基本的に同時に集まれるのは6名まで。家でもバル・レストランでも同じです。

スペインのクリスマスやカウントダウンは家族が大勢集まり会食するのが慣わしですが、今年はその集まりさえもできないんですかね。12粒のぶどうも各自自宅でひっそりとという感じでしょうか。

念願のカニを食す!スペイン年末の豪華な家族ディナーと年越し

スペインのカニを食す!大晦日の豪華な家族ディナーと年越し

2020-02-13

細かい規制は自治州に委ねられてる

スペインの対応で困るなと感じるのは、各自治州で対応が異なりスペイン全土で規制内容が統一されていないので、わかりづらいことです。

今回の非常警戒体制に関しても、主な規制内容は提示されていますが、細かい部分は各自治州が決めることになってます。

州をまたいだ移動ができるのか、夜間の外出禁止は23時〜6時なのか22時〜6時なのか、など自分の住んでいるところでどんな規制内容が適用されているのか確認する必要があります。

6月に非常警戒体制を解除し、徐々に普通の生活に戻したのが時期尚早だったと政府はやんわり認めてるらしいですが、今回も何となく中途半端な印象。

現在10万人あたり300人を超えている感染率について25人にするのが目標とのこと。今回の規制により、人々が規定人数を超えて集まるのを阻止したり、移動する人を減らせるかどうかというところです。

夜間の外出禁止が始まる23時より前に6名以下で家で集まり、夜中じゅう飲んで6時に外出禁止時間が終わったら解散するみたいな若者の図が見えるんですが…。

参考:
El Pais
Diario de Sevilla

2021年のスペインのイベントは中止なのか?

今回の非常警戒体制が5月まで延長の可能性があるということで、そうなったら2021年前半に予定されていたイベントは開催が難しそうです。

年明けのカバルガータ(街中に飴をばらまくイベント)とカーニバルは、すでに中止が決まっています。(涙)ヘレスのフラメンコフェスティバルは現時点では不明ですが、州をまたぐ移動制限が出たら難しいでしょう。

バレンシアの火祭り、セマナサンタ、セビリアの春祭り、など5月までに開催予定だったイベントも厳しそう。そうなると、2年連続中止という事態に…。

サッカー詳しくないですが、プロスポーツはまた異なる条件が適用されるのでしょうか。州をまたぐ移動が制限されると、選手たちが移動できなくなっちゃいますもんね。

2021年スペインへの旅行や留学、ワーホリは?

先日の記事でアンダルシアへの旅行や留学について、考慮しなければならないことが書きましたが、非常警戒体制になったことで状況がまた変わってしまいました。

2021年のスペイン旅行や留学、ワーホリがどうなるのか?あくまでも私の感覚を書きます。

現在のスペイン・アンダルシアの生活状況はこちらの記事もご参照ください。

セビリアのトリアナ橋から見たグアダルキビル川

【11/24更新】コロナ関連で新たな規制。スペイン・アンダルシアの現在状況と日常生活

2020-11-08

2021年のスペイン旅行

2021年5月9日までは非常警戒体制が延長される可能性がわかりましたので、少なくとも5月まではスペインへの旅行を控えた方が良いということになりますね。悲しいですが。

鎖国しているわけではないので、スペインに旅行で入国することは現時点ではできます。

が、非常警戒体制が延長に延長を重ねていた場合、

バルは早めに閉まってしまう
夜外出できない
イベント開催してない
文化的な体験ができない

など旅行の醍醐味がまっさらなくなるので、あえてこの時期にスペイン旅行しなくても…という感じになっちゃいますね。

旅行客がいないスペイン、それはそれでさらに心配です。

2021年のスペイン留学やワーホリ

数名からお問い合わせいただいた2021年のスペイン留学についても、前半は厳しい状況です。

今回の非常警戒体制は前回ほど厳しくないので学校のクラスはありますが、夜の行動がかなり制限されるので、友達と飲みに行ったり、イベントに参加したりという留学体験ができないことになります。

現在はオンラインクラスを用意している語学学校が増えたので、スペイン語を磨くだけならオンライン留学もできますしね。

フラメンコ留学に関しても、今留学するのはもったいないなという印象が私はあります。

クラスはありますがオンラインクラスも多く、通常よりスタジオで受けられるクラスが少ないです。夜間の外出制限によってペーニャのライブや、タブラオ、劇場などでの公演が観られる機会も少ないと思います。

ワーホリも同様で、バルの営業時間短縮などによりさらに仕事(ワー)が減ってるでしょうし、ホリしようにも州をまたぐ移動制限があったら旅行ができないです。

人生のうち1度しか使えないワーホリのカードを、わざわざこのタイミングで使わなくてもいいのかもなと個人的には思います。(30歳という年齢が迫ってるなら別ですが…)

どうなる今後のスペイン、どうする私?

最後は個人的な私の話で恐縮ですが、今回の非常警戒体制(非常事態宣言)が出たことにより、日本に戻ろうか考えてしまいました。

私はフラメンコのクラスを受けることだけが目的ではなく、現地での生活体験も含めフラメンコという文化を学びたいと思ってスペインにきました。

オンラインクラスが主流になり、夜のライブや公演でフラメンコを観ることができず、友達と会う機会も減り、フィエスタはない…そうなると、私がスペインに留まらなければいなければいけない理由はあるのかどうか考えてしまいます。

もちろん日常的に同居人とスペイン語で話をし、外を歩けばスペインの空気に触れ、現地の人たちと一緒にクラスを受け、日本ではできない体験はしているのだけど。

何よりも先が見えない状況というのが判断を渋らせます。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

関連記事

セビリアのトリアナ橋から見たグアダルキビル川

【11/24更新】コロナ関連で新たな規制。スペイン・アンダルシアの現在状況と日常生活

2020-11-08






スペインどうなる自分どうする?再び非常事態宣言...夜間の外出禁止と移動の制限

気に入ったらシェア!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4 件のコメント

  • 日本でも、スペインの移動制限、一般紙に載っています
    不便ですよね。ダンスは出来ていますか?
    何故ヨーロッパ、アメリカでは感染が拡大しているのでしょうか?
    日本では、あまり変わらないのに。
    マスクをする習慣が無いからでしょうか

    • > 西川晴朗さん

      コメントありがとうございます!

      夜間の外出禁止とバルの営業時間が短くなったくらいで、クラスは通常通りなので幸い学ぶことはできています。
      マスクは現在着用義務があるのでみなさんしていますが、恐らく日頃の習慣(家に帰ってきたら必ず手洗いうがいをするとか、飲食店では食べる前に手を洗う、またはおしぼりで手をふくなど)がないので、そういうのも原因なのかな〜と考えたりします。
      私はご飯の前には手を必ず洗いたいんですが、バルでおしぼり出てくることはないですから自分で手を洗いに行かない限りは、そのままの手で食べてる人も多いです…。

  • また新たな緊急事態宣言なのですね…😢 ニュースでも気にして見てたのですが、ヨーロッパがまた感染者がかなり増えてきたとは目にしてましたが第二回目!となると心折れちゃう人もいますよね💦バーの経営者とか大丈夫なんでしょうか…。moniさんも、先の事、考えてしまいますよね💦 日本にいてなかなか今海外に行けない私からしたら今海外に住んでいるmoniさんが凄く羨ましいですが、日本のご家族にも会いたいでしょうし悩みますよね💦 ストレス溜めないように、美味しいもの食べてくださいね❗️

    • > Miyakoさん

      コメントありがとうございます!

      規制が少し厳しくなるんだな〜と思った矢先、まさかの2回目の事態になってしまいました…😓
      夜の営業ができないとなると、飲食業界はかなり厳しくなりそうです。

      日本に住む家族や友達に会いたいですし、健康診断や歯医者にも行きたいしなど色々考えてしまいますね。
      でもスペインにいたい気持ちもあるので、なかなか葛藤があります。

      夜外出ができないなら少しくらい食べたい物を食べていいだろうと思って、近々スーパーのお寿司を買っちゃおうかな〜と狙ってます。笑。
      日本はスペインより状況は落ち着いていると思いますが、Miyakoさんもストレス溜めずに過ごしてくださいね!😌

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、会社を退職して2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬スペイン生活や旅行のvlogをYouTubeにあげてます。