【情報更新】大遅延の2020年スペインのビザ手続き進捗を書いていく

大遅延が発生している2020年スペインのビザ更新手続きの進捗を書いていく




コロナウイルスのせいでスペイン非常警戒事態になったので、お役所仕事が全部ストップしていました。ビザの手続き関係を司る外国人事務所も例外ではありません。

非常警戒事態の間に取れていたアポイントは全てキャンセルになり、まっさらな状態でアポを取り直すことに。うむ。

6月になってやっと外国人事務所とビザ関連の警察署(移民局)が動き始めたので、早速アポをとりまして大遅延中のビザ更新手続きを再開させたいと思います。

地域によって、また人それぞれのステータスによって事情は違うと思いますが、私の例がどなたかの参考になればと思って記します。

6/18 大使館と外国人事務所に問い合わせた結果を更新しました。

非常警戒事態中に取れていた予約は全て無効

ビザの取得や更新を行う外国人事務所は、事前の予約(アポイント)が必要な場合があります。

マドリードやバルセロナは全ての工程で予約が必要なのではないかと思われますが、セビリアの場合はこれまでは申請や問い合わせについては予約不要で現地に並ぶ方式でした。

指紋採取やカード(ビザ)の受け取りだけは、事前に決められた予約時間(アポイント)に取りに行く方式です。

非常警戒事態中に取れていた予約は、全て有無を言わさずキャンセルになっています。

なので、止まっていたビザ申請・更新の手続きを再開しようとしたら、予約を取得するのがまず第一ステップです。

ビザ更新手続き予約の取り方

ビザ更新手続きの予約は電子アポイント取得のページで行う必要があります。

下の項目から「Extranjeria」を選び、「Cita Previa de Extranjeria(事前の予約)に進みます。自分の管轄の地域を選んで、取りたい予約の項目を選びます。

セビリアの外国人事務所・警察署の予約メニューは徐々に増えているようで、この前までは指紋採取とカードの受領しかありませんでしたが、現在は一時帰国証明書の申請などもありました。

名前やN.I.E(外国人登録番号)を入力するステップに進むんですが、予約はなかなか取れない可能性があります。

私は何度か試しましたが、このようなメッセージが出て予約が取れない日が続きました。

外国人事務所・警察署のビザ更新アポイント

現時点ではアポが取れません、すぐ取れるようになります的な。

警察署の事務所にメールで「アポ取れないんですけど」って確認したら、「取れるまで何度も試してください」という自動メールが返ってきました…。

何日か続けてやっていたら、やっと取れました。で、予約できた日は8月…。

ビザ自動延長の特別措置は?

3月14日に非常警戒事態になる90日前以降に失効したビザは、失効の翌日から警戒事態の終了(6/26予定)の後6ヶ月(つまり12月)まで自動で延長されることになっています。つまり12月15日以降に失効したビザは自動延長。

ただ私の場合、ビザが失効したのは昨年6月なので90日前以降に失効どころの話ではありません。

長い年月を経て順調に延長作業が進んでいた(セビリアの延長作業は時間がかかります)のですが、指紋採取の前に非常警戒事態になってしまったので、指紋採取とカード受領のステップが残っていました。

取れている予約は8月。その時点でビザが失効してから1年2ヶ月経過していることになります。

moni
はて、どうしたものか…。

このままだとカードを受領するのが早くても9月と思われますが、新しくもらえるカードの期限は今年の6月に切れているものなのではないかと思うのです。

もし私が来年も延長する場合、カードの期限が失効してから3ヶ月後までは延長申請ができますが、このままだと延長申請の期限すら越してしまうのではないかな。汗。

そんな不安がありましたので、在スペイン日本大使館に問い合わせました。返ってきた返事は、管轄地域に確認が必要とのこと!

方針統一されてないのか?と思いつつ、セビリアの外国人事務所に問い合わせたら回答がありました!

自動延長の特別措置がない人はいつも通りの期限内延長が必要!

大使館から送られてきた非常警戒事態による特別措置のメールはややこしいので、みんなが自動延長されるような印象を受けてしまうと思いますが、非常警戒事態の90日より前にビザの期限が切れている人は特別措置の対象ではありません。

私はなんとなく自動延長の対象なのかな〜と淡い期待を抱いておりましたが、見事に打ち砕かれました。

moni
よく読めばわかるんだけどね…汗。

私のように昨年すでにビザの期限が切れて更新中だった人は、更新されたビザの期限が自動延長されるわけではないのでご注意を。

例えば私の場合は2019年6月にビザの期限が切れて更新中で、新しくもらう予定のカードの期限は2020年6月。この6月は延長されないです。

問題は2020年6月期限のカードの指紋採取が8月、受け取りが9月または10月になりそうなこと。すでに延長申請の期限切れてるやんって状態です。

「この場合はどうすればいい?」とセビリアの外国人事務所に聞いたところ、得られた回答は以下。

8月の指紋採取を待たずに、6月に期限が切れるビザの延長申請をしてください

つまり、私が受け取る予定のビザの期限は有効なので、その有効期限内(ビザが切れてから3ヶ月以内)に延長申請せよということ。いつもと同じスケジュールです。

セビリアの場合、いつもは外国人事務所に並んで書類を提出という段取りですが、今回は延長申請はネットでできるそうです。

こちらのページで、「MERCURIO – Renovaciones de Autorizaciones de Extranjería – Presentación Telemática」を選びます。

延長申請に必要な要求事項(REQUISITOS)はご丁寧にメールに添付されてました。

2020年のビザどうなることやら…

結局私の場合は特別措置が適用されないので、単にビザの更新作業がストップしてしまっただけになりました。そして、そのせいで延長申請時に提出するべきカードがないという不運に見舞われることに。

カードのコピーがなくても指紋採取のアポイントの紙(2020年6月の更新期限が書いてある)があれば、受け付けてもらえるのだろうか?

不安が募ります…。えーん。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

ふてくされた私のやる気のない昼ごはんと今の気持ちをvlogにしました↓

関連記事

スペインNIE用の写真にお金をかけたくないのでスマホアプリとプリント機で済ませた話

スペイン証明写真をスマホアプリとプリント機で済ませた話

2020-03-05
スペイン再入国許可の取得と注意点(ビザ更新中の一時帰国)

スペイン再入国許可の取得と注意点(学生ビザ更新中の一時帰国)

2019-02-07






大遅延が発生している2020年スペインのビザ更新手続きの進捗を書いていく

気に入ったらシェア!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2 件のコメント

  • Moniさん、いつも楽しく拝読してます!ビザの手続き大変ですよね、お疲れ様です!
    2019年の6月に期限を迎えたって!!更新まで1年経つとはさすがスペインです。私もセビリアで何度か更新したのですが、そこまで待たされた記憶がなく、ビックリです。
    8月の指紋を待たずに、ということは、前回の更新手続きは続けて、尚かつ更新再申請?も行うという事ですか!?二重手続き!?
    しかも、ビザ期限切れから3ヶ月まで更新手続き可能の、起点がもはやいつなのか分からないですね。。。
    コロナ禍で世の中がグルグルと変わる時代ですね。
    ビザ、滞りなく行われる事を願います。。。
    くれぐれもご自愛下さいね!

    • >Ositaarisa さん

      ブログ読んでいただきありがとうございます!

      ビザの手続きは年々時間がかかるような気がしています。
      無事に進んでいるのかなと思って何度か確認に行ったのですが「みんな待ってるから!」って言われたので、処理が追いついていないのかなぁと思いました…(^^;

      今回の手続きはおっしゃる通り二重手続きということになりますね。汗。
      更新されたカードがない状態で延長申請ができるのか不明でしかないですが、とりあえず言われた通りにやってみるしかないです。
      そして延長申請出したとしても次回も期限内にもらえるのかどうか…今処理が多くて大変でしょうしね。
      もうなるようになれ!とドンと構えることにしました。

      日本も新しい日常が動き出していると思いますが、健康に気をつけてお過ごしください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、会社を退職して2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬YouTubeにはゆるい日常vlogをあげてます。