ランチメニューに追いタパのピスト♪ セビリアのネルビオン地区バルレストラン『Expolunch』

ランチメニュー9ユーロ♪ セビリアのネルビオン地区バルレストラン『Expolunch』




友達が新しいバルに連れて行ってくれました。セビリアのネルビオン地区にあるバルレストラン『Expolunch』です。

ランチメニューが9ユーロでなかなかお得!そんでもって、タパスは1皿2.5ユーロで安いしおいしそうだったので、追いタパしました。

moni
このお店気に入った〜♪また行きたい!

ネルビオン地区にあるバルレストラン『Expolunch』のランチメニューとタパスを紹介します!

ビストロのような店内の『Expolunch』

『Expolunch』の店内は洋食屋さんとかビストロのようなイメージ。

セビリアのバルレストラン「expolunch」の店内

落ち着いた店内

行く前まではちゃんとしたレストランなのかな?と思っていましたが、行ってみたらカジュアルなお店でした。

私が着いたのは15時頃とちょっと遅かったので、人はそこまで多くなく。仕事合間なのか、1人で食べに来ている地元の人も数客見かけました。

『Expolunch』のランチメニュー

ランチメニューは2皿とドリンク、デザートがついています。

セビリアのバルレストラン「expolunch」のランチメニュー

外の看板でもランチメニューが見られます

1皿目は米料理、サルモレホ、プチェーロ、ピスト、スパゲッティ。2皿目は豚肉、鶏肉、ウサギ肉またはイカのフライ。

ピスト(pisto)とはイタリアのカポナータのような料理。トマトをベースとして野菜を煮込んでいます。フランスだとラタトゥイユ?

プチェーロ(puchero)はスペインの代表的な家庭料理。お肉や野菜で出汁を取り、ひよこ豆やお米を入れて食べるボリューミーな料理です。

私的に1皿目にそそられるメニューが固まっていて悩みました。米料理、サルモレホ、ピストのどれも気になる。

先に到着して食べていた友達から「サルモレホのにんにくがキツイ」とアドバイスもらったのでサルモレホは除外し、メニューでは米料理を選んで追いタパでピストを頼むことにしました。

私がランチで食べたもの

ドリンクは昼からワインを注文しました。午後練習あるけどまぁ大丈夫やろう。

セビリアのバルレストラン「expolunch」のランチメニューとタパス

このメニューならワインでしょ♪

『Expolunch』の料理はタパスにしては大きめかな、皿料理のサイズではないなという程よいサイズ。

ランチメニューでめっちゃ大きい皿で出てくるバルもあるけど、そこまでの破壊力はないです。かと言ってタパスほど小さくもないので、それなりに胃の大きい女子にはちょうど良い感じ。

moni
育ち盛りの男子だったらもっと食べられるかもね。
セビリアのバルレストラン「expolunch」の米料理

パエリアではないです〜

1皿目で頼んだのは米料理。2皿目は鶏肉を選んだのだけど、米料理に鶏肉入ってるやん〜ってことに食べてから気がつきました。まぁいいや。

パエリアじゃないけど、しっかり味がついた米料理おいしいです!

セビリアのバルレストラン「expolunch」のピスト

目玉焼きが乗ったピスト

ピストを注文した理由は、友達が食べてたピストに目玉焼きが乗っかっていたから。ピストに目玉焼きが乗ったやつ大好きなんだよね〜。

セビリアのバルレストラン「expolunch」のピスト卵いり

とろ〜り目玉焼きとの相性◎

目玉焼きを崩す瞬間最高。そしてトマトベースの野菜と目玉焼きがよく合う♪うまし!

セビリアのバルレストラン「expolunch」のランチメニュー

シンプルな鶏肉

鶏肉は普通でした。スペインバルのランチメニューはお肉をシンプルに焼いただけのものが多いけど、私的には味が物足りない感じ…。

moni
店員さんに頼んで1皿目を2つ選ばせてもらえば良かったかな。

満腹すぎてデザートはコーヒー

ランチの2皿と追いタパ1皿食べたので、お腹いっぱいです。

デザートはプリンやらチョコレートケーキやらムースやら色々選べたけど、私の胃は要求をストップしていたので大人しくコーヒーにしました。

セビリアのバルレストラン「expolunch」のコーヒー

食後のコーヒー

と言っても私はコーヒーがあまり好きではないので、ミルクをたくさん入れた「カフェ マンチャード(cafe manchado)」のさらに薄いやつです。

カットフルーツかマセドニアと呼ばれるフルーツポンチがあれば、それを頼んだかもしれない。これから練習なんで、小麦粉系やチョコレート系はパスでした。

スペインはコーヒーの種類がたくさん!バルでの頼み方をマスターしよう

スペインはコーヒーの種類がたくさん!バルでの頼み方をマスターしよう

2019-11-26

ランチメニュー9ユーロはなかなかお得

“Menu del dia” と呼ばれるランチメニューはタパス2皿とドリンク、デザートがついて9ユーロ。私はそこに追いタパしたので、全部で11.5ユーロ。

中心部のバルではランチメニューだけで10ユーロを超えるところも多いから、このきちんとしたお店の構えで9ユーロは割とお得な印象です。

鶏肉は普通だったから、次回はタパスをいくつか頼んでみてもいいかなぁ。目玉焼き乗せピストはもう一度食べたい。

moni
昼からワイン。大好きな目玉焼き乗せピストと米料理で満腹。幸せな我。

『Expolunch』はネルビオン地区にあるので、中心部からだとちょっとアクセスが悪いのですが、RENFEのサンタフスタ駅からは徒歩10分くらい。

時間をちょっとずらせばお客さんが少なく、おひとり様でも落ち着いて食べられそう。

観光合間に行くのはなかなか難しいけど、セビリアに住んでいる人や、サンタフスタ駅周辺で時間が結構余るよーという人は行ってみてください。

セビリアのバルレストラン「expolunch」の外観
◆Expolunch
住所:Calle Mallén 8 (pasaje Luis Montoto), Sevilla
電話番号:954 58 40 16
営業時間:月曜〜金曜 7:30-17:00/土曜 9:00-17:00
定休日:日曜日
予算:昼9ユーロ〜

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

おすすめ関連記事

ランチの煮込み料理がおすすめ!トリアナ橋近くのバル『Casa Manolo』

ランチの煮込み料理がおすすめ!トリアナ橋近くのバル『Casa Manolo』

2019-10-24
ちょいリッチな休日ランチで行きたいセビリアのレストラン『Velouté』

ちょいリッチな休日ランチで行きたいセビリアのレストラン『Velouté』

2018-12-12






ランチメニュー9ユーロ♪ セビリアのネルビオン地区バルレストラン『Expolunch』

気に入ったらシェア!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

スペイン生活の平凡な日常や、スペイン旅行の様子をvlogでアップしています。興味を持っていただいたら、チャンネル登録お願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬YouTubeにはゆるい日常vlogをあげてます。