フラメンコ

フラメンコは振付を踊らない。「振付を作る」違和感と“recurso”の必要性

2020-01-24

フラメンコは振付を踊らない。「振付を作る」違和感と“recurso”の必要性

フラメンコは振付を踊るものではない。

というのは、フラメンコさんたちにはある意味あたりまえ体操でもある感覚かもしれません。

以前にフラメンコで「即興する」とはどういうことか、個人的な意見を記事に書きました。今回は、その流れでフラメンコの振付について考えてみたいと思います。

振付を踊らないなら、クラスで習っているものは何なのか?スペインのクラスでよく聞く “recurso” という言葉と振付の違いは?

など、日頃から悶々と考えていることを文字に起こすことで自分の頭を働かせようという作戦です。しばしお付き合いくださいませ。

フラメンコにおいて “improvisar” するということ。即興の意味を考える。
フラメンコにおいて “improvisar” するということ。即興の意味を考える。

フラメンコではしばしば “improvisación(即興)” が重要だと言われます。 では、 “improvisación” とは何を指すのか? 何も準備しないで歌える、弾ける、踊れるのが即興なのか ...

フラメンコは振付を踊らない

タブラオやフラメンコのペーニャで踊る時、最初から最後まで決められた振付を全部そのまま踊ることはありません。

以前に「即興」についての記事を書いた時にも触れたのですが、即興はフラメンコの魅力的な部分の一つであり、フラメンコらしさを感じる部分でもあります。

他の踊りではもしかしたら振付を全部決め、音楽に合わせて踊るということがあるかもしれませんが(他の踊りをやったことがないから想像です、違ってたらすみません)、1から10まで決まった振付をなぞるということは、フラメンコではまず行われません。

ただし、発表会や大きな劇場での公演(特に群舞)の場合は別の話。

振付なしに発表会を行うことはないと思いますし、発表会の群舞でそんなことしたら崩壊します。タブラオやペーニャで一人で踊ることを想定して書いています。

「振付を作る」の違和感

一人で踊る機会をいただいた最初のうちは、ガチガチに「振付を作って」臨んでいました。

振付を作ったというよりかは、習った振付をそのまま踊るか、習ったものを並べ替えたりして踊るそもそも「振付を作る」とまでも言えない段階。

しかし、スペインでクラスをたくさん受け、アーティストたちに話を聴いたり、タブラオやペーニャなど色々な舞台を見て思いました。

決まった振付を最初から最後まで踊るのはフラメンコではない。

即興性はフラメンコのとても重要な部分です。

カンタオール/ラがどんな歌をどのように歌うか、ギタリストがどんな風に弾くか、は舞台に上がってみないとわかりません。

同じ歌でも語尾が伸びるかもしれないし、思ってたとの違う歌が来るかもしれないし、何よりも振付を踊っていたらそのことに一生懸命になって歌やギターがバックミュージックのようになってしまう。

三者でコンパスを楽しむ空気がなくなったら、もはやそれはフラメンコから程遠い。

それに、振付をなぞるだけの踊りは、予定調和な単調なものになってしまうような気がする。

「あっ!」と驚く期待を裏切られる瞬間も、フラメンコの魅力の一つだから。

「振付を作る(最初から最後まで決まった振付を踊る)」ことはしないのだなと、スペインに来て初めて気づいた次第です。

クラスでよく聞く “recurso” とは

振付を決めておかないなら、全て舞台上で即興しろというのかー!そんなの無理!

かつての私がモヤモヤ考えていたことはこれです。

振付なしで即興で舞台で踊れる人たちを魔術師だと思ってました。実際、舞台上でいくらでも即興できる魔術師のようなバイラオール/ラたちはいるんですが...。

私のようなパンピー(死語?)はどうすれば良いかというと、クラスでよく聞く “recurso(レクルソ)” というやつを意識します。

スペイン語 “recurso” とは、日本語に訳すと資源とか方策という意味。

つまり「即興で踊れるようにするための資源をいくつか持っておけ」ということです。資源とはマルカへレマーテなど。

クラスで最初から最後まで振り付けを教えてくれる先生もいますが、その流れの通りに踊りなさいというわけではなく、こういう歌の時はこんなマルカへができるよ、こんなレマーテも合うかもね、と自身の経験や感覚からアドバイスしてくれているんです。

振付を踊るのではなく、歌やギターに合わせて対応できるような “recurso” を持つこと。

これが舞台での自由度につながるということなのだね。

“recurso” の引き出しの豊富さもさることながら、 “recurso” の使い方が即興性の鍵。

ただ単に歌のいい感じのところに “recurso” を当てはめればいいわけではないから、これを実践しながら学ぶのがタブラオやペーニャのような場なのだと思います。

この “recurso” を持つとはとても難しいことでして、まず普段相当練習して腹落ちしていないととっさに舞台の上で出てきません。

昨年日本で踊る機会をいただいて、あんなにいつも練習しているはずなのに本番って何もできないもんだな〜と撃沈しました。ちーん。

振付を作らずに臨むというのは、こんなにもしどろもどろになるのね...!

“recurso” を意識すると言っても、本番で出てこなきゃ意味がない。だったら決まった振付を完璧に踊る方がマシなのかもしれない。

でも最初から最後まで全部決めた振付を踊ることはやめようと思ったので、“recurso” を使った即興の踊り方になんとか取り組んでいきたいとナウ思っています。

さらなる課題は自分のパソを持つこと

スペインでクラスを受けていて先生であるアーティストたちに言われるのが、「自分のパソを作りなさい」ということ。「人から習ったものばかりをやっているうちは、プロのバイラオーラとは言えないよ」とのこと。汗。

バイレをやっているフラメンコさんは共感していただけると思いますが、これはかなり難しいことです!

以前受けたクラスで、自分のパソを作っていかなければいけないことがありました。

作っていったけど、なんか不十分でした。泣。

これはだいぶ先になるかな...と今私が思っている課題です。取り組まなければ。でもどうやって...。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

フラメンコにおいて “improvisar” するということ。即興の意味を考える。
フラメンコにおいて “improvisar” するということ。即興の意味を考える。

フラメンコではしばしば “improvisación(即興)” が重要だと言われます。 では、 “improvisación” とは何を指すのか? 何も準備しないで歌える、弾ける、踊れるのが即興なのか ...

NEW ENTRY

スペイン関連ニュース

スペイン人初のショパンコンクール入賞とスペインのクラシック人口

ショパンコンクールの配信ライブを毎日のように見ていました。 昨日の朝4時頃に大トリの演奏が終わり、朝9時過ぎ頃にファイナルの結果が発表となりました。 6時半頃に結果が出ると言われていたから、かなり待ったYO!! 気になるファイナルの結果なのですが! スペインのヒホン出身のMartín García García(マルティン・ガルシア・ガルシア)さんが3位入賞!そして同時にコンチェルト(協奏曲)において最優秀演奏賞も受賞されました。 Martín García Garcíaさん、おめでとうございます! Co ...

ReadMore

スペインで一番多い名字はガルシア 父母の姓を2つくっつけて自分の名字

生活全般

スペインで一番多い名字はガルシア 父母の姓を2つくっつけて自分の名字

最近家にこもりつつ、毎日ショパンコンクールをYouTubeの配信で見ています。 ショパンコンクールにスペインから唯一出場しているMartín García García(マルティン・ガルシア・ガルシア)というコンテスタントがいます。 「なんでガルシアが2回続くんだ?」と疑問に思った方がいたみたいなので、この記事を書いてみることにしました。そしてガルシアはスペインで一番多い名字だった! スペインの名字にまつわるお話。 Contents1 スペインで多い名字1.1 スペインで一番多い名字はGarcía1.2 ...

ReadMore

スペインで飲めるノンアルコール飲料!炭酸水や0,0ビールもおすすめ

グルメ

スペインで飲めるノンアルコール飲料!炭酸水や0,0ビールもおすすめ

スペインはビールやワインが安いので、お酒を飲む人はバルやレストラン、家でたくさん飲めるし飲んじゃうと思います。 肝臓気をつけてね! 私はお酒が好きなので、特に暑い暑いアンダルシアの夏はお水の飲むようにビールを飲んだりしてました。バルでソフトドリンク頼むよりビールの方が安いのでつい...。 でも「お酒は飲めないの」という方や「運転あるからお酒はダメだZE」という方もいらっしゃると思います。たまには胃を休めたい時もあるし。 というわけで、お酒が飲めない時にスペインで飲むドリンクをご紹介します。 Content ...

ReadMore

海外から帰国してそうそう日本ってこんなだった!と思ったこと

日本

海外から帰国してそうそう日本ってこんなだった!と思ったこと

日本で静養中のmoniです。 スペインから帰ってきて日本で生活をしていると「そうそう日本ってこんなだったよなー」って思うことが結構あります。 はじめは日常生活の中でちょっとした違和感や新鮮さを感じたりしていました。 今回は海外から日本に帰国して「そうそう!そうだった!」と私が個人的に思ったことを書いてみます。 Contents1 家の中編1.1 電気のスイッチが低い1.2 鍵閉めるの忘れる1.3 アイドルグループの乱立2 外出編2.1 買ったものをレジですぐ袋に詰めなくて良い2.2 車が止まってくれない2 ...

ReadMore

スペイン語で「やまない雨はない」の言い方

スペイン語

スペイン語で「やまない雨はない」の言い方

前回の記事はたくさんの方に読んでいただき、またコメントや個別のメッセージもたくさんいただき、本当にありがとうございました。 こんな弱い自分のためにかけてくださったみなさまのお言葉が本当に温かくて、ひとつひとつ大切に泣きながら読みました。Mil gracias...!! YouTubeには2分に満たない短い報告動画をあげたのですが、スペイン語でコメントくださった方がいました。 Nunca llovió que no escampara. やまない雨はない 胸に沁みたスペイン語だったので、取り上げてみます。 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

moni

スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、会社を退職して2015年〜2021年までスペインのセビージャ暮らし。スペイン生活の中で気づいたこと、セビージャのこと、旅の思い出、スペイン語などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。vlogをYouTubeにあげてます。Sevilla tiene un color especial〜♬
▶︎詳細なプロフィール

-フラメンコ

© 2021 急がば回れ|moniとスペイン Powered by AFFINGER5