温暖なのに家の中が寒いアンダルシアの冬〜セビリアの極寒ピソ生活

温暖なのに家の中が寒いアンダルシアの冬〜セビリアの極寒ピソ生活




アンダルシアは温暖な気候が魅力。夏は灼熱の太陽だけど、冬は東京よりも暖かく過ごすことができる。

私がアンダルシアのセビリアに来る前に抱いていたイメージはこんな感じでした。

moni
何を隠そう(隠してない!)私は大の寒がり。寒い冬が大嫌いなのです。

だから、アンダルシアに行けば暖かい冬を過ごせる〜♫と気楽に考えてました。セビリアの冬の真実を知るまでは…。

実はアンダルシアの冬は温暖なのに家の中が超絶寒いのです。これからアンダルシアに来る人は覚悟してください!

というわけで、アンダルシアの冬〜セビリアの極寒ピソ生活について、私の体験談をご紹介します。

一年中温暖だと思われているセビリアの気候

快晴のセビリアのグアダルキビル川

たまーにセビリアの気候を勘違いしていると思われる方がいらっしゃいます。

一年中暖かいんでしょ?
冬でもコートなしで歩けるんでしょ?

なんて聞かれたりしますが、まさかそんなことはございません!

セビリアにも冬はあり、普通に寒いです。私は寒がりだという前提があったとしても、セビリアの真冬にコートなしで歩くのは難しいでしょう。

夏は灼熱と言われるほど暑くて40度を超える日はザラだし、冬の外気温も東京に比べると少し暖かいのは事実です。最低気温が1桁にならない日もあるくらい。

しかし、日中でも12〜13度の日もあるわけで、温暖と呼ぶことはできないであろう。普通に寒いのよ。

外は暖かくても家の中が超絶寒いアンダルシアの冬

スペインのピソ探し

セビリアの外気温は東京より少し暖かいなら過ごしやすいのでは?と思う方もいることでしょう。

だがね、外は暖かいくせに家の中が超絶寒いという事実をお伝えしておきます。は?と思う方もいるかもしれませんが、本当なんです。

日本の暖房が効いた部屋でぬくぬくこたつと過ごしていた私は、セビリアで初めての冬を迎えた時、寒すぎて凍え死ぬかと思いました。

なんで外の気温が暖かいのに家の中は寒いという現象が起きるのか?

それは、夏は暑いセビリアの気候に合わせて家が熱を逃す構造を持っているからなのです。

夏は風が通って少しでも涼しくなるような設計。冬は風がピューピュー通り、温めた空気も逃げちゃう極寒の設計。オーマイガー。

窓に風が通らないよう、サッシの部分にスポンジを買ってはめたこともあります。それでも風は家の中に入ってくるし、家の中を温めても暖かい空気が逃げちゃう…。

各部屋に暖房器具がある家であればいいですが、そうじゃない家の場合は大変です。寒くてとてもじゃないけど自分の部屋にはいられない。

広間にある暖房器具(calefaccion)に毛布をかけて、こたつのようにして同居人と身を寄せ合って過ごした冬もありました。とにかく寒かった…。

マドリードやスペイン北部の家は、セントラルヒーティングがあるのでもっと暖かいと思います。セビリアでセントラルヒーティングの家は聞いたことがないので、ないのではないかな。

アンダルシアの中でも暖かい家

セビリアの高級住宅

アンダルシアの家は全て冬が寒いのかと思っていましたが、そうでもないという事実もわかりました。

アンダルシアでも家の中が暖かいのはこんな家です。

良い家

良いお家(家賃が高い高級住宅)にお邪魔したことがありまして、その家は暖房をつけなくてもとても暖かかったのです。

壁が厚いんでしょうか。良い家は暖かいねと気づいた冬でした。

暖炉のある一軒家

郊外の一軒家だと、暖炉が付いている場合もあります。暖炉の火をつければもちろん暖かい。

友達の家がそうで、極寒だった私の家を飛び出してお邪魔しに行ったら楽園かと思うほど暖かかったのを覚えています。

スペイン版こたつのブラセロを持つ家

スペインにはブラセロ(brasero)を持つ家も多くあります。ブラセロとは、スペイン版のこたつのようなもの。

テーブルクロスを敷いたテーブルの下に、ブラセロと呼ばれる機械を設置しておきます。ブラセロに熱が通ると、テーブルの下が暖かくなるという仕組みです。

ブラセロとはかつては電気式ではなく、木炭で温めていたそう。「燻したような匂いがついてエライコッチャだった」と昔のブラセロ使用経験があるスペイン人が言ってました。

現在ブラセロとして売られているものはほとんど電気式で、匂いもないし火も起こらないので安全です。

アンダルシアの冬に備えて準備しておくべきもの

思ったより寒いアンダルシアの冬。寒がりの私には家の中は極寒とさえ思えるアンダルシアの冬に備えて、準備しておくべきものをご紹介します。

moni
11月中頃から毎日お世話になっています。

ヒートテックやグンゼの暖かい下着

部屋の中がなかなか温まらないなら、着込むしかない!ヒートテックやグンゼの暖かい下着は、冬のアンダルシアの必須アイテムです。

セビリアには残念ながらユニクロの店舗がないので、ヒートテック愛用者は日本から持って行きましょ。雪国出身者に聞くと、グンゼの方が暖かいという評判も聞きますけど実際どうなんだろう。

フリース

上から羽織れるタイプのフリースは、ヒートテックの上に着るだけでだいぶ暖かい。2着を洗濯しながら着まわしています。

もこもこ靴下

スペインの家は床が冷たいことが多いので、足が冷えます。床暖房などはもちろんない家がほとんど。

もこもこの靴下があるだけで、足の冷えを防ぐことができるので、冬にはもこもこ靴下は必須アイテム!

冬用スリッパ

夏はスリッパも履きたくないくらいアンダルシアは暑いので、ビーチサンダルで過ごす人も多いと思います。冬は足を守ってくれるスリッパだと冷えなくて安心。

『PRIMARK』や中国人雑貨店でも売られているけど、もこもこのスリッパや起毛のスリッパだと暖かく過ごせます。

座布団

持ってくるのを忘れて私が後悔しているもの。それは座布団です。

椅子が冷たくてお尻が冷えるのだよ〜。座布団があったらお尻の部分がふわふわで暖かく過ごせるのにと思いながら、現在は大判ストールを敷いてます。

80デニールのタイツ

セビリアの冬は80でニールのタイツで過ごします。

パンツスタイルよりもタイツに膝丈スカートの方が暖かい気がするのは気のせい?女子のみなさんご意見ください。

ホッカイロ

アンダルシアの家の中が寒すぎて使ったこともあるホッカイロ。外のイベントに出かける時や、帰りが遅くなる時はホッカイロが強い味方。

スペイン人は冬でも外で立っておしゃべりしながら飲むのが好きだから、バルに飲みに行く場面でも使えます。年末のカウントダウンでも使えるね。

created by Rinker
興和
¥658 (2020/09/27 23:40:57時点 Amazon調べ-詳細)

家の中が寒いアンダルシアの冬を乗り切ろう

今年も寒い寒いアンダルシアの冬が近づいて参りました。というかもう始まっています。

外気温は東京よりも高いので、日中に外を歩いたり、カフェのテラスでお茶するのはとても気持ちが良いです。

問題は家の中。着込んでいないとすぐに風邪を引いてしまいそうな寒さです。

現在住んでいる家は幸いなことに各部屋に暖房付きのエアコンがあります。部屋が寒かったら暖房で調節できるので、ありがたいことこの上なし。

moni
今年はこれまでよりは暖かい冬が過ごせそうでホッとしています。

冬のセビリアに来て普通の住居で生活する予定の人は、防寒対策グッズを持参してね。ホテルの滞在は暖房効いてるので心配ないです。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

おすすめ関連記事

セビリア観光のモデルコース!季節と曜日を考慮したおすすめの回り方

2018-09-19
アンダルシアの夏!灼熱地獄を乗り切るための普段の私の過ごし方

アンダルシアの夏!灼熱地獄を乗り切るための普段の私の過ごし方

2020-07-10
スペインに行きたくなったら
海外航空券はサプライスが安いのでおすすめです。期間限定のお安い航空券が購入できることもあるので、こまめにチェック!

Surprice(サプライス)の公式サイトへ

スペイン旅行の前にチェック!
▽ 海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを持って行こう
年会費無料の【エポスカード】公式サイト

▽ いつでもネットに繋げたいなら海外で使えるWiFiの準備を
海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

▽ スーツケースはレンタルがお得でスマート
即日発送可能!【アールワイレンタル】






温暖なのに家の中が寒いアンダルシアの冬〜セビリアの極寒ピソ生活

気に入ったらシェア!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、会社を退職して2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬スペイン生活や旅行のvlogをYouTubeにあげてます。