フラメンコ

スペインでフラメンコを学んでいて途方もなく感じる時

2019-11-03

スペインでフラメンコを勉強していて途方もなく感じる時

私は現在セビリアでフラメンコを学んでいます。

フラメンコの本場と言われるアンダルシアでフラメンコに触れられる機会を得て、

とんでもないものに出会ってしまったな。これは途方もないものだな...。

と感じることがあります。フラメンコを学んでいる人は、一度はぶつかったことがある壁なのではないかと。

スペインのセビリアでフラメンコを学んでいて、私が途方もなく感じることを気まぐれ日記に綴ります。前向きに書いてますので、愚痴じゃないです!

フラメンコヒターノ

私にとって目の前に立ちはだかる膨大な一番の壁は、フラメンコヒターノです。

私はフラメンコはヒターノ(ジプシー)のものだと思っています。そしてそれは特別なもの。

商業的なフラメンコが成長して、フラメンコが国際的な芸術になったとしても、フラメンコヒターノが特別であることは変わらない。

フラメンコの中でなんとも表現しがたいものが出てくる瞬間を目にしたことが何度かあります。これぞフラメンコヒターノの瞬間。

それは勉強して会得できるものではなく、ヒターノに流れている血、生活、文化など、ヒターノの人生そのものから出てくる何かだと思うのです。

一番最初にこれを感じたのは実は日本。故マヌエル・アグヘータが来日し、ライブを見に行った時です。

フラメンコを見て初めて怖いと思いました。

このままアグヘータの歌を聴いていたら魂を持って行かれてしまうのではないかと。

感動で涙が...というような話ではありません。とてつもない黒い渦の中に巻き込まれてしまいそうな怖さがあったのです。ブラックホールの中に吸い込まれるかのように。

怖い怖すぎる...!

フラメンコヒターノは、きっと私が語れるものではないです。何か特別なそれが、実際何なのかよくわかっていないから。

一生かかっても追いつくことのできない何かなのだろう。そう思います。

スペイン人にはなれない

日本で育った私がどんなにスペイン語の理解度をあげて、スペインの生活に慣れたとしても、スペイン人になることはできません。

スペイン人になりたいということではなく、スペイン人と同じ考えや気持ちで物事を理解することができないのではないかということ。

フラメンコを理解しようとするのに、言葉の壁は大きなものです。

日常会話やクラスでアーティストたちが話すことはわかるようになっても、スペインで育った人たちと同じ感覚でスペイン語を理解することはできない。

話の中で笑えるところが一緒か?
同じ反応をするか?
皮肉を褒め言葉と捉えていないか?

言っていることがわかったとしても、スペインの文化の中で育ち、生活体験の上に成り立つ母国語として理解しているスペイン人には程遠いと感じるわけです。

アンダルシアでの生活体験

尊敬するフラメンコのアーティストたちは、「フラメンコな人たちとの生活体験をしなさい。それがフラメンコを理解する最も重要なことだから。」と言います。

スタジオで練習したりクラスを受けるだけでなく、一緒にご飯を食べたり、深夜まで飲んだり、遊びに行ったりといった日常を一緒に過ごすということ。

これは簡単なことではないです。

スペイン人は陽気で社交的なイメージがあるかもしれませんが、だからと言って既に築かれた人間関係に新参者が入っていくのはとても難しいこと。

日本で全員と友達になることはないのと同じで、フラメンコが好きだからと言ってみんな友達になれるわけじゃない。

仮住まいの外国人としてではなく、現地に根を下ろしてアンダルシアでの生活体験をするのは、フラメンコを学ぶにおいてとても重要なことであるのと同時に、とても難しいことだと感じます。

それでもフラメンコを学びます

スペインで生まれた時からフラメンコに触れている “本当にフラメンコな人たち” を見ると、フラメンコを学ぶことは途方もないことだなと感じることがあります。

前述したような言語、文化、生活環境の違いはもちろんのこと、コンパス、カンテへの理解、技術的な不足などなど挙げればキリがないくらいの膨大な壁がそこにはある。エベレストより高いがな!

でも、フラメンコを学ぶのをやめようと思ったことはない。

きっと一生かかっても全てを理解することはできないのかもしれないけど、だから今私はこうやってセビリアでフラメンコを学んでいくのだ。とんでもないものを好きになってしまったなと思いながら...。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

NEW ENTRY

スペイン関連ニュース

スペイン人初のショパンコンクール入賞とスペインのクラシック人口

ショパンコンクールの配信ライブを毎日のように見ていました。 昨日の朝4時頃に大トリの演奏が終わり、朝9時過ぎ頃にファイナルの結果が発表となりました。 6時半頃に結果が出ると言われていたから、かなり待ったYO!! 気になるファイナルの結果なのですが! スペインのヒホン出身のMartín García García(マルティン・ガルシア・ガルシア)さんが3位入賞!そして同時にコンチェルト(協奏曲)において最優秀演奏賞も受賞されました。 Martín García Garcíaさん、おめでとうございます! Co ...

ReadMore

スペインで一番多い名字はガルシア 父母の姓を2つくっつけて自分の名字

生活全般

スペインで一番多い名字はガルシア 父母の姓を2つくっつけて自分の名字

最近家にこもりつつ、毎日ショパンコンクールをYouTubeの配信で見ています。 ショパンコンクールにスペインから唯一出場しているMartín García García(マルティン・ガルシア・ガルシア)というコンテスタントがいます。 「なんでガルシアが2回続くんだ?」と疑問に思った方がいたみたいなので、この記事を書いてみることにしました。そしてガルシアはスペインで一番多い名字だった! スペインの名字にまつわるお話。 Contents1 スペインで多い名字1.1 スペインで一番多い名字はGarcía1.2 ...

ReadMore

スペインで飲めるノンアルコール飲料!炭酸水や0,0ビールもおすすめ

グルメ

スペインで飲めるノンアルコール飲料!炭酸水や0,0ビールもおすすめ

スペインはビールやワインが安いので、お酒を飲む人はバルやレストラン、家でたくさん飲めるし飲んじゃうと思います。 肝臓気をつけてね! 私はお酒が好きなので、特に暑い暑いアンダルシアの夏はお水の飲むようにビールを飲んだりしてました。バルでソフトドリンク頼むよりビールの方が安いのでつい...。 でも「お酒は飲めないの」という方や「運転あるからお酒はダメだZE」という方もいらっしゃると思います。たまには胃を休めたい時もあるし。 というわけで、お酒が飲めない時にスペインで飲むドリンクをご紹介します。 Content ...

ReadMore

海外から帰国してそうそう日本ってこんなだった!と思ったこと

日本

海外から帰国してそうそう日本ってこんなだった!と思ったこと

日本で静養中のmoniです。 スペインから帰ってきて日本で生活をしていると「そうそう日本ってこんなだったよなー」って思うことが結構あります。 はじめは日常生活の中でちょっとした違和感や新鮮さを感じたりしていました。 今回は海外から日本に帰国して「そうそう!そうだった!」と私が個人的に思ったことを書いてみます。 Contents1 家の中編1.1 電気のスイッチが低い1.2 鍵閉めるの忘れる1.3 アイドルグループの乱立2 外出編2.1 買ったものをレジですぐ袋に詰めなくて良い2.2 車が止まってくれない2 ...

ReadMore

スペイン語で「やまない雨はない」の言い方

スペイン語

スペイン語で「やまない雨はない」の言い方

前回の記事はたくさんの方に読んでいただき、またコメントや個別のメッセージもたくさんいただき、本当にありがとうございました。 こんな弱い自分のためにかけてくださったみなさまのお言葉が本当に温かくて、ひとつひとつ大切に泣きながら読みました。Mil gracias...!! YouTubeには2分に満たない短い報告動画をあげたのですが、スペイン語でコメントくださった方がいました。 Nunca llovió que no escampara. やまない雨はない 胸に沁みたスペイン語だったので、取り上げてみます。 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

moni

スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、会社を退職して2015年〜2021年までスペインのセビージャ暮らし。スペイン生活の中で気づいたこと、セビージャのこと、旅の思い出、スペイン語などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。vlogをYouTubeにあげてます。Sevilla tiene un color especial〜♬
▶︎詳細なプロフィール

-フラメンコ

© 2021 急がば回れ|moniとスペイン Powered by AFFINGER5