野宿からのマラガの素敵ビーチ!『リンコン・デ・ラ・ビクトリア』でイワシと海老の串焼き

野宿からのマラガの素敵ビーチ!『リンコン・デ・ラ・ビクトリア』でイワシと海老の串焼き




フラメンコフェスティバルの後の野宿からの〜マラガのリンコン・デ・ラ・ビクトリアのビーチで、おいしすぎるイワシと海老の串焼きを堪能しました。

リンコン・デ・ラ・ビクトリアのビーチは穏やかで風がなく、水も冷たくなく最高です!

moni
私のお気に入りビーチに仲間入りさせました♫

というわけで、マラガの素敵なビーチ『リンコン・デ・ラ・ビクトリア』と名物のイワシや海老の串焼きをご紹介!

マラガのビーチ『リンコン・デ・ラ・ビクトリア』はどこ?

マラガにはビーチがたくさんあります。

マラガ中心部から歩いて行けるところにあるのは、マラゲタ(Malagueta)と呼ばれるビーチ。狭くてあまり好きではないので、私はマラガからバスに乗って行けるビーチに出かけます。

今回訪れたのはリンコン・デ・ラ・ビクトリア(Rincon de la Victoria)で、マラガからはM-160の路線バスで約30分くらいでした。バス代は片道1.7ユーロ也。

夏のM-160のバスは1時間に2本くらいの割合で出ているので、マラガからリンコン・デ・ラ・ビクトリアはアクセスしやすいです。(バスの時刻表をチェック)

フラメンコフェスティバルからのビーチで野宿

セビリアからマラガまではバスで約3時間かかります。だから、ビーチに遊びに行くためだけに住んでるセビリアからマラガに行くのはちょっと億劫。

なぜリンコン・デ・ラ・ビクトリアに行くことになったかと言うと、マラガのビエナルの一環で夏のフラメンコフェスティバルがあったのです。

リンコン・デ・ラ・ビクトリアのフラメンコフェスティバル

素晴らしいフラメンコフェスティバルだった

夏の野外フェスティバルはたいてい終わるのが遅い。先日のカサベルメハは終了が朝5時だったし、明け方に終わることもザラです。

moni
リンコン・デ・ラ・ビクトリアならビーチがあるから、フェスティバル終了後にビーチでそのまま寝れば、宿泊場所をおさえなくても済むんじゃね?

そう思って、リンコン・デ・ラ・ビクトリアに向かうことにしました。

フラメンコフェスティバルは3時前には終了しちゃったけど、その後ちょっとしたフエルガを見物しつつ会場で5時まで粘った私たち。いよいよお開きとなって会場を後にビーチへ。

朝5時のビーチは当たり前だけど、誰もいない。さすがにどのお店も閉まっていて、ウェーイ系若者ですらいませんでした。

スペインの日の出は遅いから、3時間ほどビーチで暇をつぶすしかない!というわけで、みんなで芋虫のようにビーチで寝ました。

マラガのリンコン・デ・ラ・ビクトリアのビーチで野宿

ビーチで野宿の図

夏でも朝方のビーチ沿いはかなり冷えます。一番冷えたのは6時頃。足先が特に寒いです。

moni
靴下を持ってきていた友達が1人。賢い!

ビーチで野宿を考えている人は(そんな人いないかもだけど)、防寒具と合わせて靴下は持って行きましょう。私はウルトラライトダウンを持って行きました。

ひとりだったら野宿はやめておこう
今回は数時間だったし、地元の人に聞いてビーチで寝ても問題ないと言われたので野宿しましたが、女ひとりでビーチで野宿は危険なのでやめておきましょう。私たちは5人でしたが、警察官に「大丈夫?」と話しかけられました。

朝7時になってウトウトしてたら、なんと地元のおじさんが泳ぎに来ました。こんなに寒い時間帯に信じられない!

リンコン・デ・ラ・ビクトリアのビーチの朝

早朝の海で泳ぐおじさん

おじさん曰く、朝に冷たい海に入れば一日中涼しくいられるのだと。毎朝6時〜7時の誰もいない時間帯に泳いでいるそうです。

moni
勇敢とはこのことよ…。

朝は空いてるリンコン・デ・ラ・ビクトリアのビーチ

8時過ぎるとバルが開きだし、人々もビーチへ徐々に繰り出してきます。

朝のリンコン・デ・ラ・ビクトリアのビーチ

ほとんど人がいない朝のビーチ

朝のリンコン・デ・ラ・ビクトリアのビーチは空いてて最高!プライベートビーチのような気分。

昼に近づくにつれて人は増えていくのだけど、ビーチにぎっしり人が埋まるほどにはならず、程よい距離感で楽しめました。

リンコン・デ・ラ・ビクトリアのビーチ

天気が良くて砂浜が熱い!

この日はお天気がよくビーチ日和。冷たい水が苦手な私でも何度も海に入りに行ったほどです。

リンコン・デ・ラ・ビクトリアの海

水が冷たくなくて入りやすい

リンコン・デ・ラ・ビクトリアのビーチはカディスの海のようなレバンテと呼ばれる強い風がなく、穏やかで水も暖かい。文句なしのビーチでした。

moni
最高すぎる…。

名物のイワシと海老の串焼き

リンコン・デ・ラ・ビクトリアを含むマラガのビーチの名物と言えば、“espeto(エスペト)”と呼ばれる串焼きです。

リンコン・デ・ラ・ビクトリアのイワシと海老の串焼き

マラガのビーチの名物!

ビーチを歩いていると「Espeto」と書いてある看板や、串焼き場に出会います。

リンコン・デ・ラ・ビクトリアのイワシと海老の串焼き

小さな船のようなセットが焼き場

マラガと言えばイワシが有名だけど、海老やイカ、大きな魚なども焼いてくれますYO!!

リンコン・デ・ラ・ビクトリアのイワシの串焼き

岡村隆史似のおじさん

イワシを一本一本串にさしていく様子を見せてくれたおじさん。

リンコン・デ・ラ・ビクトリアの海老の串焼き

焼きたてのビ〜エ〜

ビーチ沿いのバルが、外で串焼きを作るというスタイルのようです。バルの中でも食べられるし、持ち帰りもOK。

私たちは持ち帰りにして、お供のビール小瓶もバルで買ってビーチに持って行きました。

moni
おすすめは持ち帰り!ビーチで食べるからこそおいしいのだ!
リンコン・デ・ラ・ビクトリアのイワシの串焼き

イワシ(sardinas)は12本で7ユーロ

リンコン・デ・ラ・ビクトリアの海老の串焼き

海老(gambones)は6本で9ユーロ

レモンをどっさりかけて。いや〜うまい!暑い夏のビーチで食べる串焼きほどおいしいものがありますか!

リンコン・デ・ラ・ビクトリアのイワシと海老の串焼きとビール

お供はビール!

串焼きのお供はもちろんビールで!あぁおいしかった!

リンコン・デ・ラ・ビクトリアは穏やかなビーチでおすすめ

マラガ周辺でビーチに行きたかったら、リンコン・デ・ラ・ビクトリアはおすすめです。

リンコン・デ・ラ・ビクトリアのビーチ

穏やかなリンコン・デ・ラ・ビクトリアのビーチ

マラガのマラゲタほど人でぎゅうぎゅうじゃなく、ネルハほどリゾート感もなく、程よいローカル感があってのんびり。水が冷たくなくてレバンテもないので、穏やかな滞在を楽しめます。

そして、ビーチで食べるのがおいしすぎるイワシや海老の串焼き!は絶対食べてくださいね!

moni
海老もう1本食べるべきだった…!笑。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

おすすめ関連記事

スペインの海はアンダルシアがおすすめ!広くて美しいビーチ10選

2019-07-05
夏のお気に入り!マラガから日帰りで行ける3つのおすすめビーチ

夏のお気に入り!マラガから日帰りで行ける3つのおすすめビーチ

2018-07-31
マラガのヒブラルファロ城の城壁から見たマラガ港

【2019年版】マラガへの行き方 -鉄道・バス・飛行機どれもアクセス良し

2018-06-05
スペインに行きたくなったら
海外航空券はサプライスが安いのでおすすめです。期間限定のお安い航空券が購入できることもあるので、こまめにチェック!

Surprice(サプライス)の公式サイトへ

スペイン旅行の前にチェック!
▽ 海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを持って行こう
年会費無料の【エポスカード】公式サイト

▽ いつでもネットに繋げたいなら海外で使えるWiFiの準備を
海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

▽ スーツケースはレンタルがお得でスマート
即日発送可能!【アールワイレンタル】






野宿からのマラガの素敵ビーチ!『リンコン・デ・ラ・ビクトリア』でイワシと海老の串焼き

気に入ったらシェア!

2 件のコメント

    • >札幌のねへみや さん

      読んでいただきありがとうございます!
      おいしい串焼きに出会えて、良い夏の思い出になりました(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬