ミセラーウォーターとは何?クレンジングもできる謎の液体の使い方

イブロシェの「HYDRA VEGETAL」のミセラーウォーター




スペインに来るまでミセラーウォーターというものを知りませんでした。

日本と同じスキンケアでスペインでも過ごしていた私。

しかしひょんなことからミセラーウォーターの存在を知り、今のままのスキンケアではいけない!とスペインでのスキンケア方法をガラリと変えたのでした。

私にとってミセラーウォーターは、お肌をいたわることを教えてくれた存在なのです。

moni
それまではミセラーウォーターの「ミ」の字も知らないくらいでした。汗。

というわけで、ミセラーウォーターとはなんぞや?ということから、私のミセラーウォーターの使い方をご紹介します。

ミセラーウォーターとは何?ミセラーウォーターと私の出会い

スペイン式スキンケアは気にせずに過ごしていた私と、ミセラーウォーターとの出会いは突然やってきました。

フランスのコスメブランドでスペインでも大きく展開している『Yves Rocher(イヴロシェ)』のショップに行ったときに、”Agua Micelar” という文字が私の目に留まったのです。

イヴロシェの店内

イヴロシェでミセラーウォーターを発見

Agua Micelar(アグア ミセラル)

moni
アグア?水?何これ?

そう不思議に思ってショップの店員さんに聞くと、ミセラーウォーターとはメイク落としとローション(化粧水)の役割を持つコスメなのだとか。

ミセラーウォーターを使えば 2 in 1 でメイク落としとローション(化粧水)は不要になるのよ。とお姉さんは言う。

moni
なんだその便利商品は!

ズボラな私が食いつかない訳がありません。

謎の液体ミセラーウォーターの正体をもう少し調べたいと思って、その日は家に帰りました。

スキンケアの方法が日本と異なるヨーロッパ

スペインを含むヨーロッパでは水の硬度が高く、マグネシウムやカルシウムを多く含む水はお肌を傷めてしまいます。

だから、ミセラーウォーターを使ってお肌をいたわりながらクレンジングするのが一般的だそう。

フランス人の友達に聞いたら、スキンケアはほぼミセラーウォーターという使い方をしているということもわかりました。

関連記事スペイン式スキンケアは水の違いにあり!メイク落としや洗顔料と化粧水

そんなことも知らず、ミセラーウォーターの存在も知らなかった私は衝撃!

moni
今すぐ自分のクレンジングやスキンケア方法を正し、ミセラーウォーターの使い方を知りたい!

そう思って、『Yves Rocher』のミセラーウォーターを買ってみることにしました。

イブロシェの「HYDRA VEGETAL」のミセラーウォーター

イブロシェ「HYDRA VEGETAL」シリーズのミセラーウォーター

コスメショップのお姉さんが言うには、ミセラーウォーターのクレンジングだけでは汚れが落としきれないから、本当はメイク落としできちんと汚れを落としてからミセラーウォーターという使い方がいいそう。

そんなこんなで、『Yves Rocher』のメイク落としも一緒に購入しました。(結局メイク落としはリピートはしませんでした。)

イブロシェの「HYDRA VEGETAL」のメイク落とし

イブロシェ「HYDRA VEGETAL」シリーズのメイク落とし

ミセラーウォーターは、日本のコスメで言うところの化粧水成分が入ったメイク落としシートのような位置付けなのだね。これだけだとメイク落ちてるか心配…的な。

ミセラーウォーターの使い方

私はミセラーウォーターを以下4つの使い方で使っています。

  • シャワー後の顔の表面をきれいに
  • 朝起きて洗顔がわりに
  • メイク落としの代わりとして
  • 夏に汗だくで帰ってきたときに

シャワー後の顔の表面をきれいに

スペインでは水の成分が違うせいで水道水で洗顔できないから、いつもはアルガンオイル+ベソヤの軟水の蒸しタオルでメイクを落としています。

シャワーを浴びる前にアルガンオイルでクレンジングをするので、シャワーを浴びている間は洗顔はしないのですが、どうしても水道水が顔にかかってしまうのが難点。

お肌によくないと言われる、マグネシウムやカルシウムがたっぷりの水道水を浴びるなんて…!

そんな心配がありましたが、シャワー後にミセラーウォーターをコットンに浸し、石灰成分がついた顔をきれいに拭き取ればよろし。

ミセラーウォーターで顔をきれいにした後は、いつものように化粧水、クリームでスキンケアしています。

朝起きて洗顔がわりに

日本では朝起きたら水道水で洗顔するというが当たり前の日課でしたが、スペインでは水事情が違うので迂闊に水道水で洗顔できません。

朝は水道水で洗顔する代わりに、ミセラーウォーターを染み込ませたコットンで顔を拭き取ってきれいにします。

初めの方は汚れがしっかり落ちてるのか心配だったし、なんだかスッキリしないなぁと思ってましたが、慣れました。汚れはしっかり落ちているようです。

メイク落としの代わりとして

私はいつもはアルガンオイル+ベソヤの軟水の蒸しタオルでクレンジングしていますが、色々な事情でこの方法が取れないことがあります。

そんなときはミセラーウォーターを使ってメイク落とし。ミセラーウォーターを浸したコットンで顔を拭けば、割と濃いメイクもスルリと落ちます。

ローション(化粧水)の役割も兼ねると言われるミセラーウォーターですが、それだけだと肌への浸透が不十分な感じがする。

だから、私はミセラーウォーターでメイクを落とした後に化粧水をつけるという使い方をしています。

夏に汗だくで帰ってきたときに

スペイン南部のアンダルシアの夏は暑いです。セビリアはアンダルシアで1、2位を争う猛暑地帯。

だから、夏の昼間に外を歩いたら汗だくになるのは避けられません。顔も汗でぐちゃぐちゃ。

汗だくで家に帰ってきたらメイクを落としてすぐにでもシャワーを浴びたいのですが、その時間がない時もあります。

そんなときは、ミセラーウォーターの出番!

ミセラーウォーターで顔の火照りをクールダウンさせつつ、クレンジングして汚れやメイクを拭き取ります。

ミセラーウォーターだけでクレンジングと保湿の両方をまかなえる?

ミセラーウォーターは、メイク落としとローション(化粧水)の機能を兼ねています。

しかしミセラーウォーターだけで化粧水の機能を賄うには、保湿力がかなり足りない感じ。確かにメイクはするりと落ちますが、水で洗顔した後のようなツッパリ感がどうしても残ります。

特に私が住んでいるスペイン南部は乾燥しているので、ミセラーウォーターの保湿力だけでは不足しているかなと感じました。

なので、私はミセラーウォーターと合わせて、保湿力のある化粧水を使っています。もちろん化粧水の後はクリームです。

私にとってミセラーウォーターはあくまでも、日本では水で行なっていたことを代わりにやってくれるアイテム。

スペインの水が日本の水と異なるからミセラーウォーターを使っているのであって、クレンジングと保湿の2ステップを1回にしたいからミセラーウォーターを使っているというわけではありません。

ミセラーウォーターだけで、化粧水の保湿力を求めるのは難しいかなと私は思いました。

ミセラーウォーターのブランドと買える場所

ヨーロッパなら、コスメショップやドラッグストア、スーパーマーケットでミセラーウォーターが買えます。

プチプラのミセラーウォーターなら、ガルニエ、ニベア、ビオデルマ、メイベリンなど。スーパーのプライベートブランドだとさらに安いミセラーウォーターが見つかります。

スペインのミセラーウォーター

メルカドーナのミセラーウォーターは優秀なプチプラアイテム

日本でミセラーウォーターを買う場合は、ビオデルマやメイビリン、ロレアルならamazonや楽天で取り扱いがあるようです。

created by Rinker
メイベリン
¥680 (2019/12/07 06:16:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ロレアル(L'Oreal)
¥1,111 (2019/12/07 10:51:50時点 Amazon調べ-詳細)

ヨーロッパに来たらミセラーウォーターをスキンケアに取り入れよう

スペインを含むヨーロッパは、水が日本とかなり異なるので、スキンケアのやり方を考え直す必要があります。

日本のスキンケアのままやっていたら、水のせいで肌荒れしたり肌が傷ついてしまうこともあるかも…!

moni
そんなんやだ!

だから、なるべく水道水を使わないでスキンケアができるよう、ミセラーウォーターを手に入れておきましょ。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!






イブロシェの「HYDRA VEGETAL」のミセラーウォーター

気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬