セビリアでおいしいスペイン家庭料理が食べられるバル『Bar Kiko de la Chali』




2年ぶりくらいに訪れて「おいしい!」と再発見したセビリアのバルをご紹介します。

セビリア中心部にあるので、観光途中や中心部のホテルからも歩ける距離。それでいて、リーズナブルでローカル感あるバルなのでおすすめです!

moni
おばちゃんたちの井戸端会議に参加したみたいな雰囲気でした。

セビリアでスペイン家庭料理を食べたかったら、バル『キコ・デ・ラ・チャリー(Bar Kiko de la Chali)』をおすすめします!

店主のおばちゃんの愛称「チャリー」がそのまま店名に

『Bar Kiko de la Chali』は、店主のおばちゃんの愛称が「チャリー」というところから来ているようです。店内でも「チャリー」と呼ばれとりました。

というわけで、このバルを『チャリー』と呼ばせていただくことにします。

セビリアのバル「kiko de la chali」のクララコンリモン

スペイン家庭料理のタパスメニューが気になる!

家庭料理(comida casera)という言葉に引かれて『チャリー』を選んだ私。そういえば、2年前にも一度来たことあったなと思い出しました。

『チャリー』は有名なバルのようで、テレビに出たこともあるそうです。セビリアで地元民に人気の家庭料理バル、みたいな企画かな?

久々に『チャリー』を訪れたら手作りのスペイン家庭料理があらおいしい!

ということで、立て続けに2回も行っちゃいました。

スペイン家庭料理を提供するバル『チャリー』

『チャリー』のメニューは手作りのスペイン家庭料理です。決しておしゃれなタパスではないけど、おいしい家庭の味を楽しみたい人にはおすすめ!

ピストやひよこ豆とほうれん草の煮込みなど、代表的なスペイン家庭料理の味をいろいろつまめます。

moni
こういうローカルな雰囲気のある家庭料理は大好き。

というわけで、『チャリー』で食べた素朴な味がおいしいタパスをご紹介します。

セビリアのバル「kiko de la chali」のビール

ビールとお通しのオリーブ

とりビー!クルスカンポの冷えたビールおいし。お通しのオリーブはサービスのようです。

セビリアのバル「kiko de la chali」のピピラーナ

melavaと呼ばれるツナみたいなのが入ったピピラーナ(pipirrana)

本日のおすすめとして黒板に書かれていたピピラーナ(pipirrana)というタパスを注文してみました。

メルバ(melva)と呼ばれるツナみたいな魚が入ったマリネ系タパス。”pipirrana” はみじん切りの “picado” よりもさらに細かく刻んだという意味だそう。

さっぱりしてめちゃくちゃおいしい!ピピラーナは暑いセビリアの夏におすすめのタパス。

セビリアのバル「kiko de la chali」の卵付きピスト

3回とも頼んだ卵入りピスト(pisto con huevo)

卵が好きな私。気づけば3回とも食べていたタパスは卵入りのピスト。

ピストとはラタトゥイユみたいなトマト味のタパスです。それに卵が乗っかってるの。卵を崩しながら食べるとうまし!

セビリアのバル「kiko de la chali」のポタヘ

ひよこ豆の煮込み(potaje de garbanzo)

ひよこ豆の煮込みはスペインでよく食べられる家庭料理。

バルでは日替わりタパスだったりするけど、『チャリー』ではメニュー表に載ってます。温まるので冬におすすめ!

セビリアのバル「kiko de la chali」のほうれん草とひよこ豆の煮込み

ほうれん草とひよこ豆の煮込み(espinaca con garbanzo)

ほうれん草とひよこ豆の煮込みも、セビリアの代表的なグルメであり代表的な家庭料理です。ひよこ豆が好きな人はぜひどーぞ。

外や店内の黒板には本日のおすすめタパスが書かれているので、チェックしてからオーダーしましょ。夏はガスパチョやサルピコンと呼ばれるマリネがあったりします。

おすすめの必食タパスはマッシュルーム!

この前発見した私の超おすすめメニューはマッシュルームを焼いたタパス。これはぜひ『チャリー』で注文してほしいタパスです。

セビリアのバル「kiko de la chali」のマッシュルーム焼き

分厚いマッシュルームの食感がおいしすぎる!

出てきてびっくりしたこのサイズ。超肉厚のマッシュルームがおいしすぎる!

オリーブオイルとバジルでシンプルに味付けされたマッシュルームは、きのこの味がよくわかります。そして素晴らしき弾力!う〜うまい〜!

マッシュルームのタパスを頼んだのには知られざるヒストリーがありまして…。

マッシュルーム焼きか手羽先揚げで迷っていた私に手を差し伸べてくれたのは、カウンターで隣に座っていた常連のお姉さん。

チャリーさんに「マッシュルームか手羽先迷ってる」と言ったら、「2つは全く違うものよ。どっちもおいしいわよ。」と言われ、さらに迷う我。そこに天の声。

あんた初めてセビリア来たの?セビリアらしいタパスが食べたいわけ?
moni
えっと、いろんなタパスを試してみたくて…マッシュルームか手羽先を迷ってます。
私マッシュルームのタパスを注文しようと思ってたから、それを一口あげるよ。で、気に入ったらマッシュルームにすればいいじゃない!
moni
えぇぇぇ!いいんですか!ありがとうございます!
セビリアのバル「kiko de la chali」のマッシュルーム焼き

食べ応えのあるマッシュルーム

そんなこんなで出てきたマッシュルームは特大サイズ!弾力があっておいしくて、すぐにその場で

moni
はい、これ注文します。

と言ってマッシュルームのタパスを注文した我でした。試食させてくれたお姉さん、ありがとう。

『チャリー』のタパスやランチメニュー

『チャリー』の手作りタパスは全て2.5ユーロで、お財布に優しいお値段。お一人様ならタパス2〜3種類でお腹いっぱいになります。

セビリアのバル「kiko de la chali」のメニュー

英語表記もあるメニュー表

1/2皿(media)は5.5〜6ユーロ、一皿(racion)だと10〜12ユーロです。2〜3人で食べるなら1/2皿がちょうど良いYO.

ランチメニュー(menu del dia)は7.5ユーロで、タパスメニューの中から2皿と1杯の飲み物、デザートがついています。デザートは1.5ユーロなので、デザートまで頼むならちょっとお得というくらいかな。

注意点は『チャリー』は現金払いしかできないこと。クレジットカードが使えないバルなので現金携えて行きましょ。

『チャリー』はお一人様でも余裕のバル

『チャリー』の店内の雰囲気は、バルと食堂の中間みたいな感じ。

奥が食堂になっていてテーブルに座って食べらるゾーン。店内入ってすぐはバーカウンター、外にちょっとしたテラス席があります。

どこの席に座ってもメニュー表の値段は同じなので、自分の好きな席に座りましょ。

moni
お一人様で行く場合のおすすめはカウンター席。
セビリアのバル「kiko de la chali」のカウンター

井戸端会議感のあるカウンター

セビリアの地元のおばちゃんたちとチャリーさんが話す井戸端会議に混ざるような感じで、お話を聞きながらタパスを楽しめます。

マッシュルーム焼きを「食べてみ!」と言ってくれたお姉さんは、カウンターで隣に座った常連さん。

メニューに迷ったらチャリーさんや常連さんにおすすめを聞けるので、カウンター席だとタパス選びも楽しいです。

ちなみにお姉さんに「次来たは手羽先揚げを食べてみな!」と言われました。もちろん食べます。

気軽にスペイン家庭料理が楽しめる『チャリー』に通うぞ!

久々に『チャリー』に連続で行ってみて、混雑していなくて気取らない感じのバルの雰囲気、素朴な味のスペイン家庭料理のタパスが気に入りました。

お一人様でも気軽に入れちゃう食堂感がまた良い。

タパス2皿とビール1杯で6.2ユーロ。オリーブとパンやピコスはサービスなのか?良心的な値段も魅力です。

moni
気になるメニューがあるので、バル『チャリー』に通うぞー!

セビリアでスペイン家庭料理を食べたくなったら、気軽に入れるバル『キコ・デ・ラ・チャリー(Bar Kiko de la Chali)』に行ってみてください!

セビリアのバル「kiko de la chali」

COMIDAS CASERAS(家庭料理)の看板が目印

◆Bar Kiko de la Chali(キコ・デ・ラ・チャリー)
住所:Calle Herbolarios 17, Sevilla
電話番号:954 215 177
営業時間:月曜-金曜 12:00-16:00 20:00-23:30
定休日:土日(シーズンによる)

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

関連記事セビリアのおいしいバル&レストラン記事一覧

スペイン旅行の前にチェック!
▽ 海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを持って行こう
年会費無料の【エポスカード】公式サイト

▽ いつでもネットに繋げたいなら海外で使えるWiFiの準備を
【グローバルWiFi】公式サイト

▽ スーツケースはレンタルがお得でスマート
即日発送可能!【アールワイレンタル】




こんな記事も読まれています



気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬