一時帰国した時にモバイルWiFiルータをレンタルしてみました

一時帰国した時にモバイルWiFiルータをレンタルしてみました




日本に一時帰国する時、携帯電話どうしようと悩みました。

ソフトバンクの「電話番号・メールアドレスお預かりサービス」に加入しているので、日本に一時帰国した時に、保管解除をすれば携帯の契約が復活するわけなんですが…

これまで2度の一時帰国で使ってみてキャリアの携帯料金高いなぁと感じたので、今回初めてモバイルWiFiルータをレンタルすることに。

moni
結果ほとんど不便がなかったので、一時帰国の時はモバイルWiFiルータのレンタルで十分だなと思いました。

というわけで、一時帰国の際に利用したモバイルWiFiルータのレンタルをご紹介します。リーズナブルなのでおすすめです!

モバイルWiFiルータのレンタルが安い

一時帰国の際に、外でインターネットが使えるようにしなければならないという命題がありました。

  • キャリア回線を復活させる
  • モバイルWiFiルータをレンタルする
  • プリペイドSIMを購入する

この3パターンを検討した結果、私が決めた結論はモバイルWiFiルータのレンタルです。

モバイルWiFiルータの良い点は以下です。

  • 安い
  • いざという時はPCをつなげることができる
  • 設定が簡単でわかりやすい(WiFiルータの電源入れて、スマホでWiFi接続設定するだけ)
  • SIMフリーとかAPN設定とか気にしなくて良い(契約後に接続できなかったというリスクがほぼない)

私が一番目を引いたのは安いこと。

今回契約した【Wifiレンタルどっとこむ】は、FS030W(容量5GB)の35日間利用で3,622円でした。

moni
我ながら随分と費用をケチったなと思います…。

実際使ってみて約1ヶ月で5GBだとちょっと足りなかったので、次回は10GBプランにしようかなと考えています。

Softbank 501HW(10GB)だと1ヶ月で4,950円。外で動画を見たりはしないので、10GBあれば私は足りると計算してます。

さらに上の無制限プランになると、1ヶ月で7,000円程度。これでも携帯キャリアのプランを復活させて利用するよりは安いですね。

外でガンガンインターネットを使いたいぜという人は、無制限のプランがよろしいかと思います。

check!プランの詳細は【Wifiレンタルどっとこむ】公式サイトへ

さて、モバイルWiFiルータレンタルには難点もあります。

  • 端末が1つ増える(かさばったり重くなる)
  • 通話は使えない(LINE通話・WhatsApp通話・Messengerは使える)

1つ目はあまり気になりませんでした。通話が使えない点については、数回外出中に固定電話にかけたいタイミングがあって、少々不便を要しました。

電話を使うことが想定される場合は、インターネットで使える050番号やSkype通話を準備しておく必要があります。

総じてモバイルWiFiルータのレンタルで安く利用ができて良かったです。通信速度もエリアも全く問題なしでおすすめ!

おすすめ 【Wifiレンタルどっとこむ】公式サイトへ

さらに次回利用できる割引クーポン券が入ってました。

WiFiレンタルどっとこむの割引券

全プラン33%OFFの割引クーポン券

moni
全プラン33%OFFは大きいよね。次回はこれ使おうっと。

キャリアが提供する番号・メアドお預かりサービスとは

私はソフトバンクの「電話番号・メールアドレスお預かりサービス」を使っています。

「電話番号・メールアドレスお預かりサービス」とは、月額390円払っておくと、5年間は電話番号とメールアドレスを保管してくれる仕組みです。

同じようなサービスは他キャリアにもあります。

  • ソフトバンク:電話番号・メールアドレスお預かりサービス(最大5年) 月額390円
  • au:一時休止・再利用(最大5年) 月額372円
  • ドコモ:電話番号保管・解除(最大3年) 月額400円(電話番号)・月額100円(メアド)
携帯の契約を解約してしまうと、メールアドレスは使えなくなりますし、一定期間が経過した後に番号は再利用されます。

携帯のメールアドレスはもはや使っていないけど、電話番号は日本に帰国した時に同じ番号を使いたいと思うかもしれない。と、思ってこのサービスに加入しておいたのでした。

一時帰国した時の再利用開始方法は簡単で、カスタマーサポートに電話して音声に従って手続きすると、すぐに回線が使えるようになります。

再度保管を行うときはソフトバンクショップで回線を休止する手続きが必要です。

番号・メアドお預かりサービスは楽だけど高い

電話1本で回線が復活し、帰国前日にソフトバンクショップで手続きすれば良いだけなので簡単。

ですが、「電話番号・メールアドレスお預かりサービス」を利用して回線復活させると月額利用料金が結構かかります。

今は格安SIMもたくさんありますが、携帯キャリアの料金プランはそんなに安くありません。

moni
キャリアのプランってむしろ昔より高くなったよね?

特に月をまたいで一時帰国する場合(例えば5月15日〜6月15日)は、2ヶ月分の基本料金がかかるので結構な額です。

前回一時帰国した時は、通話基本料やデータ定額料を合わせて1ヶ月で約7,500円払っていました。そして再保管する時に事務手数料3,000円がかかるのも地味に痛い。

今回の一時帰国がまさに月をまたいだ日程だったため、2ヶ月分の利用料金払うの嫌だなと思って他の方法を探したのが今回モバイルWiFiルータをレンタルするに至った経緯です。

プリペイドSIMという選択肢

モバイルWiFiルータのレンタルと同時に検討したのはプリペイドSIMです。

プリペイドSIMの契約は15日間・30日間でおいくらという設定になっているので、ちょうどキリの良い日数で使う人には割安でおすすめです。

30日間で10GBまで使えるプリペイドSIMなら私は十分です。

プリペイドSIMを購入する時は、有効期限や対応機種などよく確認を。一度購入してしまったら返品できません。

キリがよくない一時帰国日数ならモバイルWiFiルータのレンタルがおすすめ

一時帰国で利用するインターネット環境の選択肢が多くて、正直どれを使おうか迷いますよね。

細かい部分を比較し出すときりがないと思いますので、容量と料金の2つでサクッと決めてしまえば良いと思います。

私は今回使った【Wifiレンタルどっとこむ】で満足でした。次回の割引券もくれたし。いひひ。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!






一時帰国した時にモバイルWiFiルータをレンタルしてみました

気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬