セビリアの春祭り『Feria de Abril』の公共交通機関と運行予定

セビリアの春祭り『Feria de Abril』の公共交通機関と運行予定




セビリアの春祭り『Feria de Abril』は、一年で最もセビリアに人が集まる期間と言っても過言ではありません。公共交通機関も大混雑!

特に春祭りの会場には人が大勢いるので、どんな交通手段を使っても帰宅時はいつもより時間がかかることを想定しておいた方が良いです。

moni
フェリアの時期限定で、通常運行と異なる場合もあるので注意してね。

セビリアの春祭り『Feria de Abril』の公共交通機関と運行予定について、ご紹介します。

フェリア時期の特別運行バス

多くの人が使うであろう公共交通機関はバスです。

セビリアの市バスTUSSAM

セビリアの市バスTUSSAM

セビリアの市バスTUSSAMは春祭り期間中、特別運行バスを走らせています。夜中もノンストップ。

  • 春祭り会場とプラド・デ・サン・セバスティアンバスターミナルをノンストップで走るバス
  • 春祭り会場〜プラド デ サンセバスティアン〜ネルビオン〜サンタフスタ駅〜マカレナ〜カルトゥーハ〜トリアナ地区〜春祭り会場の市内周遊バスC1

この2つのバスは使い勝手が良いので使う機会が多いかと思います。

その他のバスは以下のラインのTUSSAMバスが、フェリア正門まで行くバス。停留所には止まります。

ラインC1・ラインC2・ライン3・ライン5・ライン6・ライン41

バスの詳細なルートはTUSSAMの公式サイトで確認できます。(Version descargable planoから詳細な路線図のDLが可能)

moni
GoogleMAPSで目的地を春祭り会場(Feria de Abril)にすると、バスの番号も提示してくれるYO!!

プラド デ サンセバスティアンへの直通バスとC2のバスは、正門向かって左手奥から発車しています。それ以外のラインのバスは、春祭り会場からグアダルキビル川沿いに出てバス停を探すことになります。

詳細なバス停の場所はTUSSAMの公式サイトに記載がありますので、確認してみてください。

毎日春祭りに通う人は、チャージ式のバスカードを買っておくのがおすすめ。夜中のバスは混雑していますが、カードを持っていると現金払いの列に並ばずに済むので、少し早く乗車することができます。

フェリア特別運行バスの値段は、通常のTUSSAMバスの値段とは異なります。バスカードを持っている人で1.5ユーロ、現金払いで1.6ユーロ。夜中も一緒です。

フェリア特別運行バスの運行時間は以下の通り。

  • プラド デ サンセバスティアンとフェリアの正門の直通バス
  • 12:00〜7:00まで・最終日の日曜日は朝5:00まで

  • その他のバス
  • 日中の運行は通常通り・最終日の日曜日は朝5:30まで

セビリアの春祭り期間中は道路が混雑するので、フェリア正門に向かう日中のバスは予定通りに来ないことが多いです。バスが来ても満員で乗れなかったりするので、時間に余裕を持って会場に向かうのが良いでしょう。

関連記事セビリアの市バス『TUSSAM』の主な路線7つと空港バスを紹介

フェリア時期の特別運行メトロ(地下鉄)

セビリアのメトロ(地下鉄)は平日23時まで、金土と祝前日は2時までの運行ですが、セビリアの春祭り期間中は24時間運行しています。

メトロ(地下鉄)の社員はセビリアの春祭りの期間+α連続勤務になるので、毎年のようにストライキが起きて、春祭り期間中にメトロ(地下鉄)が運行しないのではないかという懸念されるほどです。

最終的にきちんとメトロ(地下鉄)の運行はされているのがここ数年なので、ストライキについてはあまり心配しなくても良いと思います。

moni
本当にメトロのストライキになったらセビリア市民は困ってしまう人がたくさん!

セビリアの春祭り会場に近いメトロ(地下鉄)駅はPlaza de CubaまたはParque de los Príncipesです。どちらの駅からも春祭り会場までは徒歩15分程度。

特にPlaza de Cuba駅から春祭り会場までは、衣装で着飾った人たちがぞろぞろ歩いているのを観賞できるので、楽しい区間となっとります。

関連記事セビリアのメトロで損した経験あり!地下鉄路線図と切符購入の注意点

フェリア時期のタクシー

セビリアの春祭りの時期は、タクシーがなかなか捕まりにくいです。

特に春祭り会場からはタクシーで帰ろうとする人の長蛇の列ができているので、タクシーで春祭り会場から帰ろうと思う人は待ち時間を覚悟しておいた方が良いでしょう。

セビリア中心部に帰るならタクシーに乗らず、歩いた方が早いくらいです。

セビリアの春祭り会場のタクシー乗り場

タクシー乗り場はフェリア正門側の移動式遊園地の近くと、通りの端っこにあります。

春祭りの時期は空港タクシーの料金は値上がりします。いつもよりちょっと高いので覚えておきましょ。

関連記事セビリア空港から市内への行き方とスペインの空港フリーWiFiの使い方

フェリア時期の馬車

セビリアの春祭りと言えば、伝統的なフラメンカ衣装に身を包んだ華やかな女性たちが馬車に乗っているイメージ。

moni
そのイメージは正しいのです。
セビーリャのフェリア2016の馬車

馬車に乗る人々

お金持ちの子たちは、馬車に乗って優雅に春祭り会場に向かいます。春祭り会場の中でも馬車に乗っているのは、生粋のお金持ちさんたちらしい。

高級ホテルのフロントで頼むと馬車を手配してもらえることがあるそうですが、私の周りに実践した人はいないです。

フェリア時期のSEVICI(セビリアレンタサイクル)の利用

セビリア中心部にあるSEVICI(セビリアのレンタサイクル)は、春祭りの時期でも通常通り使えます。

セビーリャのレンタサイクルSEVICI

フェリア仕様のSEVICI

ただし、春祭り会場に近くは人がわんさか歩いていて自転車が通れないし、SEVICIの停留所も満杯なので少し離れた停留所に自転車を置くと良いでしょう。

黄金の塔のふもとやプエルタへレスの停留所は昼は駐輪できました。

セビリアの春祭りの治安

昼にセビリアの春祭りに出かけるなら、徒歩で会場に向かうのもおすすめです。春祭り会場からセビリア中心部までは徒歩30分程度。

衣装を着た華やかな女性たちが歩く姿を見ながらセビリアの街をウロウロしてみるのも、春祭りの楽しみの一つだと思います。

セビリアの春祭りの時期は夜もたくさんの人が歩いているので、夜道を歩くことの治安の心配はあまりありません。ただ夜中まで遊んでいると疲れるので、バスで帰りたくはなりますね。

春祭りの会場では、貴重品に気を配るなどの注意は必要です。

春祭りでスリに遭った人は聞いたことありませんが、特に不特定多数が出入りするようなカセタでは貴重品に気をつけた方が良いでしょう。

関連記事セビリアの治安は良い。でもスペインと日本は違うので注意すべきこと

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

moni
春祭りの時期はセビリアの宿泊施設が埋まりやすいので、早めに予約することを強くおすすめします!

関連記事セビリアのホテル探しにアドバイス!宿泊におすすめの場所とホテル20選

セビリアのホテルやオスタルをチェック!

セビリアのホテル一覧を【Booking.com】で見る
セビリアのホテル一覧を【Expedia】で見る



Booking.com

スペイン旅行の前にチェック!
▽ 海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを持って行こう
年会費無料の【エポスカード】公式サイト

▽ いつでもネットに繋げたいなら海外で使えるWiFiの準備を
【グローバルWiFi】公式サイト

▽ スーツケースはレンタルがお得でスマート
即日発送可能!【アールワイレンタル】




こんな記事も読まれています



セビリアの春祭り『Feria de Abril』の公共交通機関と運行予定

気に入ったらシェア!

5 件のコメント

  • セビージャのフェリアですか。もうそんな時期ですねー
    これから行く人達にはMoniさんのインフォーメーションは大変役立つものですね。
    今は変わったかもしれませんが過去何度か行きました。セビージャに限らずアンダルシアのフェリアは、至る所に私設のカセタ、ブースみたいな小屋のようなものが立ち並び、中で飲んで食べて騒いで、子供から大人までの女性が、(べスティード・デ・ヒタナ・ジプシー衣裳)を華やかにまとい、夜中中セビジャーナスを踊りっていました。若い頃私も踊れと言われ、真似事をしたら大恥をかきました。笑・

    あるフェリアでは、大きなお店だと思い友人と入りましたら、何か飲みますかと言われ、飲み物どころか沢山の食べ物も出してくれ、何か違う???
    と思い聞いたら個人の家でした。いやいや色んなことがあり恥ずかしくも、懐かしいです。
    Moniさん、ためになる情報ありがとう。

    • > 津田眞人さん

      コメントありがとうございます!

      今年のフェリアはちょっと日程が遅めですね。Feria de Abrilと呼ばれるだけあって4月のことが多いですが、セマナサンタの日程の影響で5月にずれ込むことも多々あります。

      昔のフェリアの様子、目に浮かぶようです。今もほぼ同じ雰囲気で同じ楽しみ方だと思います。
      しかし、個人宅に迷い込んでしまうとは面白い伝説ですね!笑。
      食べ物や飲み物を出してくれる家の人にもビックリです。アンダルシアの田舎ならではのエピソードという感じがします。笑。

      こちらこそご訪問いただきありがとうございました!

      • セビジャーナスを代表する曲といえば、Cantores de Híspalのtocala tocalas palmasではじまるこの曲。
        私がスペインに来た年1976年にLos Macarenosという名前でセビージャで結成されました。
        従来のセビジャーナスとは少し違い、社会に抵抗する形でハードロック調で作られた曲でした。
        まあ時が経つのは早きもの、今ではセビージャのお祭りでは代表曲、いやアンダルシアのどのフェリアでもこの曲は当たり前にかかっています。43年前に誕生したことになりますね。丁度私のスペイン年齢と同じ、笑・
        ちょっと貼り付けてみます。
        https://www.youtube.com/watch?v=TKSYldeaTyY&list=RDTKSYldeaTyY&start_radio=1&t=2&t=2
        youtubeセ美ジャーナス・フラメンコのミックスリストです。失礼しました。

    • > 津田眞人様

      この曲有名ですね!おそらくセビリアの春祭りのカセタでだったと思いますが、聴いたことあります。
      フェリアの時期は家に帰ってもセビジャーナスばかり鳴りまくって、しばらくの間元に戻すのに苦労します。汗。

  • moni にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬