スペイン留学

私がスペインのセビリアに留学することを決意した理由

2018-12-30

私がスペインのセビリアで生活することを決意した時の話

私がスペインへ行きたいと思っていた理由は、フラメンコの本質をもっと突っ込んで知りたかったからです。

そんなスペイン行きの淡い思いを決意に変えたのは、30歳を過ぎてから受けた人間ドックがきっかけでした。

私がスペインのセビリアで留学生活することを決意した理由を綴ってみます。少し大げさな話になっちゃいますが、年末ということで大目に見てね。

人間ドックの婦人検診で引っかかる

30歳を過ぎると会社の健康診断が人間ドックになります。バリウム飲んだり、婦人検診が行われたり、健康状態をより細くチェックできるやつです。

その中の婦人検診で引っかかりました。

精密検査が必要になり、2度3度と精密検査が進む中で、これはリアルに治療に専念しなければいけないのではないかと不安を抱くように。精密検査の期間の3〜4ヶ月、とても長く感じました。

最終的に「恐らく悪性ではない」という医師の判断がありましたが、この時に「今できることは今のうちにやっておこう」と思ったのです。

5年後に死ぬとしたらどうする?

治療に専念しなければいけないとしたら、もし5年後に死ぬとしたら、スペインに行くか行かないか?

セビリア行きの決断をする時に考えたことはこれです。

だから結構あっさりスペインに行くことを決めました。

やってする後悔よりも、やらないでする後悔の方が大きいはず。死ぬ時に「スペインに行っておけばよかったなぁ」と思うのは嫌だったんで、決めた瞬間は潔かったと思います。

若くないからこそ、やりたいことを後回しにせずに今やるという決断が必要だったのです。

安定した日本の生活を捨てる決意

私は日本では普通の会社員でした。通信会社で法人営業として10年間働き、好きなことをやるには十分なお給料をもらい、職場にも恵まれていました。

だから、会社を辞めるということは結構な大行事でした。

自分の仕事を自分でコントロールできるフリーランスと違い、会社員の場合はかなり大きな安定を捨てることになります。

このまま会社に勤めていれば日本で安心して暮らせるけど、それを捨てでも海外で不安定人生を送るかどうか。そしてその選択を30歳過ぎてからできるかどうか。

この決断をできずに海外に行くことができない人は、意外と多いように思います。会社に勤めるまで自分が築き上げた人生を、あっさり捨てることになりますからね。

1年や2年(仕事と関係ない理由で)海外に行くからと言って、籍を残しておいてくれる会社は普通はないです。専門職でもないから、スペインから戻ってきた後に雇ってくれる会社があるかどうかもわからない。

私が働いていた会社は、1ヶ月や2ヶ月の休みを取ることも難しかった。MAXで5営業日+土日の10日間。

だから3ヶ月未満の短期留学でスペインへ来ている人を見て、いつも不思議に思ってました。どうやって仕事休んでるのだろうと。

会社勤めしている人は、私のようなケースの人がほとんどだと思います。30歳過ぎれば仕事も軌道に乗って、責任あるポジションを任されたりして、ますます辞めるのが難しくなる人もいるのでは。

「この仕事まではやり遂げなければ」「この案件は私の他にわかっている人がいないから心配だな」と小さいことを気にしていたら、いつまでも自分のやりたいことができません。

自分がいなくても会社は回ります。だから、もっとやりたいことを見つけたらサラッと辞めていいと思う。

最後は自分がどうしたいかだけを考えました。

現在の私のセビリア生活は不安だらけで安定とはほど遠い、いや真逆にいます。この先どうなるかわからないスペインでの生活は、かなり刺激的です。

スペインで新たな出会いがあるかもしれないし!新たな特技を見つけるかもしれないし!

私は「人生ギャンブル」的な思想で、日本の安定生活にはあまりこだわらずに決断することができました。

人生には限りがある

この記事を書いたのは、今年の夏にとある方からお問い合わせをいただいたことがきっかけです。私がスペイン行きを決めた理由を尋ねられ、改めて過去の自分の思いを振り返ってみたのでした。

人生には限りがある。

歳を重ねるとできることも増えるけど、できなくなることも増える。「今、自分がどうしたいのか。」その気持ちだけで私はスペインのセビリアへやってきた気がします。

人生は見通しがきかない方が楽しい!

そう思います。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

社会人の留学で休職できない会社は多い。仕事を辞めて留学する覚悟。
社会人の留学で休職できない会社は多い。仕事を辞めて留学する覚悟。

社会人が留学するのはかなり難しい。 休職して留学できるのか?会社を辞めて留学するのか?考えなければならないし、留学後に帰国してから就職できるかわからないので、リスクを恐れてなかなか留学に踏み切れなかっ ...

NEW ENTRY

スペイン関連ニュース

スペイン人初のショパンコンクール入賞とスペインのクラシック人口

ショパンコンクールの配信ライブを毎日のように見ていました。 昨日の朝4時頃に大トリの演奏が終わり、朝9時過ぎ頃にファイナルの結果が発表となりました。 6時半頃に結果が出ると言われていたから、かなり待ったYO!! 気になるファイナルの結果なのですが! スペインのヒホン出身のMartín García García(マルティン・ガルシア・ガルシア)さんが3位入賞!そして同時にコンチェルト(協奏曲)において最優秀演奏賞も受賞されました。 Martín García Garcíaさん、おめでとうございます! Co ...

ReadMore

スペインで一番多い名字はガルシア 父母の姓を2つくっつけて自分の名字

生活全般

スペインで一番多い名字はガルシア 父母の姓を2つくっつけて自分の名字

最近家にこもりつつ、毎日ショパンコンクールをYouTubeの配信で見ています。 ショパンコンクールにスペインから唯一出場しているMartín García García(マルティン・ガルシア・ガルシア)というコンテスタントがいます。 「なんでガルシアが2回続くんだ?」と疑問に思った方がいたみたいなので、この記事を書いてみることにしました。そしてガルシアはスペインで一番多い名字だった! スペインの名字にまつわるお話。 Contents1 スペインで多い名字1.1 スペインで一番多い名字はGarcía1.2 ...

ReadMore

スペインで飲めるノンアルコール飲料!炭酸水や0,0ビールもおすすめ

グルメ

スペインで飲めるノンアルコール飲料!炭酸水や0,0ビールもおすすめ

スペインはビールやワインが安いので、お酒を飲む人はバルやレストラン、家でたくさん飲めるし飲んじゃうと思います。 肝臓気をつけてね! 私はお酒が好きなので、特に暑い暑いアンダルシアの夏はお水の飲むようにビールを飲んだりしてました。バルでソフトドリンク頼むよりビールの方が安いのでつい...。 でも「お酒は飲めないの」という方や「運転あるからお酒はダメだZE」という方もいらっしゃると思います。たまには胃を休めたい時もあるし。 というわけで、お酒が飲めない時にスペインで飲むドリンクをご紹介します。 Content ...

ReadMore

海外から帰国してそうそう日本ってこんなだった!と思ったこと

日本

海外から帰国してそうそう日本ってこんなだった!と思ったこと

日本で静養中のmoniです。 スペインから帰ってきて日本で生活をしていると「そうそう日本ってこんなだったよなー」って思うことが結構あります。 はじめは日常生活の中でちょっとした違和感や新鮮さを感じたりしていました。 今回は海外から日本に帰国して「そうそう!そうだった!」と私が個人的に思ったことを書いてみます。 Contents1 家の中編1.1 電気のスイッチが低い1.2 鍵閉めるの忘れる1.3 アイドルグループの乱立2 外出編2.1 買ったものをレジですぐ袋に詰めなくて良い2.2 車が止まってくれない2 ...

ReadMore

スペイン語で「やまない雨はない」の言い方

スペイン語

スペイン語で「やまない雨はない」の言い方

前回の記事はたくさんの方に読んでいただき、またコメントや個別のメッセージもたくさんいただき、本当にありがとうございました。 こんな弱い自分のためにかけてくださったみなさまのお言葉が本当に温かくて、ひとつひとつ大切に泣きながら読みました。Mil gracias...!! YouTubeには2分に満たない短い報告動画をあげたのですが、スペイン語でコメントくださった方がいました。 Nunca llovió que no escampara. やまない雨はない 胸に沁みたスペイン語だったので、取り上げてみます。 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

moni

スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、会社を退職して2015年〜2021年までスペインのセビージャ暮らし。スペイン生活の中で気づいたこと、セビージャのこと、旅の思い出、スペイン語などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。vlogをYouTubeにあげてます。Sevilla tiene un color especial〜♬
▶︎詳細なプロフィール

-スペイン留学

© 2021 急がば回れ|moniとスペイン Powered by AFFINGER5