セビリアの老舗タブラオ『ロス・ガリョス』は予約して行こう




セビリアで一番の老舗タブラオ『Los Gallos/ロス・ガリョス』。セビリアの観光人気のおかげか、最近は混雑している日が多いです。

以前は予約なしで当日ふらっと行って入ることができたけど、近頃は予約なしだと入れない恐れあり。

だから、セビリアで行くタブラオは『ロス・ガリョス』に行くと決めているなら予約をして行った方が良いです。

『ロス・ガリョス』の予約方法と、『ロス・ガリョス』はこんなところだよをご紹介します。

セビリアのタブラオでフラメンコを見るなら『Los Gallos』がおすすめ

『ロス・ガリョス』はセビリアで一番老舗のタブラオで、創業は1966年。あのファルーコも舞台に立っていたというタブラオです。

セビリアのタブラオでフラメンコを見るなら、個人的には『ロス・ガリョス』がおすすめです。おすすめポイントは以下。

  • 国内外で活躍中のアーティストが出演している
  • ヒターノ/ヒターナが出演している
  • 1.5時間のたっぷりしたステージで楽しめる
  • 団体客がいなくて雰囲気がなかなか良い

「あれっなんかイメージと違う…残念」ということは少なく、『ロス・ガリョス』ではたいてい「さすがプロ」と思うようなステージを見ることができます。

moni
私はフラメンコ勉強中の身なので、見に行くと大変勉強になります。

ちなみに『Los Gallos』の読み方は日本語表記だと『ロス・ガリョス』だけど、セビジャーナ的に言うと「ロッガジョッ」ロガジョです。

『Los Gallos』の予約方法

最近『ロス・ガリョス』は満席のことも多いので、事前に予約をした方が良いです。『ロス・ガリョス』の予約は以下のいずれかの方法で可能。

  • 公式サイトからチケット購入
  • タブラオに電話して予約
  • ホテルでチケット購入

必ず『ロス・ガリョス』に行くと決めているなら、公式サイトからチケットを購入していきましょう。サイトはスペイン語・英語・フランス語対応。クレカで決済できます。

ホテルで予約することもできますが、ホテルが別のタブラオをすすめてくることもありますのでご注意。ホテルは提携先のタブラオを優先するからね。

出演アーティストの情報は、公式サイトのカレンダーに記載されています。その月の分くらいしか見られないから、こまめにチェック!

Los Gallos(ロス ガリョス)
住所:Plaza de Santa Cruz 11, Sevilla
電話番号:954 216 981
ショーの時間:20:30-22:00/22:30-0:00
料金:ワンドリンク付き35ユーロ(学生3ユーロ割引)/ワンドリンク付き20ユーロ(6歳〜10歳)

サンタクルス街にひっそり佇む『Los Gallos』

『ロス・ガリョス』は、サンタクルス街の中にひっそりと佇んでいます。セビリア大聖堂から歩いて5分くらいで便利な場所です。

セビリアのタブラオ「Los Gallos」の外観

サンタクルス街に佇む『ロス・ガリョス』

実は意外と目立たない外観。サンタクルス広場の一角にあります。

サンタクルス街は夜は独特な雰囲気になるのですが、その道を歩くのもタブラオ鑑賞の楽しみの一つだと思って私は歩いています。

基本的にセビリアの街は女子一人で歩いていても問題ないですが、2部のショーを見た後は帰りが遅くなるので、夜中のサンタクルスを歩くのは怖いなと感じる場合はお店でタクシーを呼んでもらいましょ。

こじんまりした『Los Gallos』の店内

『ロス・ガリョス』は団体客を入れないタブラオです。店内はとてもこじんまりしていて、2階を入れても120人くらいがMAXのサイズ。

座席は着いた時にウェイターさんが「このあたりで」とだいたい指定してきます。2つ候補を出されることもあるので、その時は見やすそうな方を選びましょう。

セビリアのタブラオ「Los Gallos」の店内

『ロス・ガリョス』の店内

初めて『ロス・ガリョス』でフラメンコを鑑賞する場合は、1階の真ん中あたりがおすすめ。一番前は迫力がありますが、見上げる感じになります。真ん中だと全体像が見える。

『ロス・ガリョス』はそんなに大きいタブラオじゃないので、どこの席でもよく見えるし迫力のステージを楽しめます。

やめた方がいいのはタブラオ入って奥の、舞台向かって左側の席です。一部死角があって、アーティスト(踊り手)がそこに立ってしまうと見えなくなってしまいます。

『Los Gallos』のショーの内容

『ロス・ガリョス』のショーは20:30と22:30の2回、各1.5時間です。ショーチャージ35ユーロにワンドリンクが含まれているので、席に着いたらドリンクを頼みます。

テーブル席はないので、『ロス・ガリョス』で食事をすることはできません。
セビリアのタブラオ「Los Gallos」のショー

フィン・デ・フィエスタのブレリア

最近のショーの流れはこんな感じ。

  1. トップバッター以外の踊り手と歌い手、ギタリストが出演するプレセンタシオン
  2. 1人目の踊り手
  3. 2人目の踊り手
  4. ギターソロ
  5. 3人目の踊り手
  6. 4人目の踊り手
  7. フィン・デ・フィエスタのブレリア

ギターソロではなくカンテソロ(歌)の場合もあるみたい。

ショーの最中は写真・ビデオ撮影は禁止です。最後のフィン・デ・フィエスタのみ写真撮影OK。(フラッシュはアーティストの目がやられちゃうからダメよ)

ハレオ(掛け声)をかけるのはOKです。いいなと思ったらぜひ「オレー」とハレオをかけてみましょ。

関連記事 フラメンコのハレオの種類とかけるタイミング

『Los Gallos』に行く時の服装

タブラオは基本的にドレスコードはありません。普段着で行って大丈夫です。

私はタブラオに行く時は、ちょっとおしゃれするかなくらいの洋服で行きます。サンダルにジーパンという格好でも問題ないですが、なんとなく気分的にアガらないので。

『ロス・ガリョス』の客席には段差がありません。帽子を被ったり、女性の高い位置のポニーテールやお団子ヘアは後ろの席の人の邪魔になるので、そこは配慮した方がいいかな。

『Los Gallos』でフラメンコを見よう

『ロス・ガリョス』は1ステージ35ユーロなのでなかなか頻繁に行けるところではありませんが、気になったメンバーの時はたまに行きます。勇気とお金を振り絞って…!!

知り合いのアーティストを見に行く場合は事前に「見に行くよ」と言っておくと、意外と気合を入れてステージに立ってくれたりします。

『ロス・ガリョス』でフラメンコ鑑賞を楽しんでみてね。



最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

関連記事 セビリアでフラメンコ鑑賞!タブラオやペーニャどこがおすすめ?

こんな記事も読まれています



気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬