ヘレスはシェリー酒の香りとタバンコの文化が根付く町




ヘレスはシェリー酒の香りとタバンコの文化を楽しむ町だと感じました。そしてフラメンコも。

ヘレス・デ・ラ・フロンテーラに2週間滞在してセビリアに戻ってきました。

せっかくだからヘレス観光でもしようかなと思ったけど、いまいち惹かれる観光スポット的なものがヘレスにはない。だからシェリー酒に囲まれた日々を過ごしました。

実はヘレスに滞在するのは17年ぶりくらい。その時は家と学校の往復しかしてなかったから、ほとんどヘレスの町を見ていない。シェリー酒とか飲めなかったし…。

ヘレスは本当に落ち着いた町だった。またヘレスに滞在したいな。

タバンコ文化の根付く町ヘレス

ヘレスと言えばシェリー酒をイメージする人も多いと思います。

ヘレスにはシェリー酒の酒醸工場(ボデガ)がいくつかあって、ボデガの前を通るとシェリー酒の甘い香りがするのです。「あー私ヘレスにいるんだな」と感じる瞬間その1。

ヘレスの中心部にあるシェリー酒の樽

街中にもシェリー酒の樽が設置。やはりヘレスはシェリー酒の町なのだなと感じる瞬間その2。

ヘレスの中心部にあるシェリー酒の樽

かわいいヘレスの駅舎の前にもシェリー酒の樽。

ヘレスのシェリー酒のボデガ見学

シェリー酒のボデガ見学はヘレスの観光スポットと言える場所です。シェリー酒が好きな人や、製造方法が気になる人はボデガの見学に行くとおもしろいかも。

そして、ヘレスにはシェリー酒と合わせてタバンコの文化が根付いている。

ヘレスのタバンコ『Tabanco El Pasaje』のシェリー酒の樽

「タバンコ」とはシェリー酒の直売所で、バルのような機能も兼ね備えたところ。タバンコの店内にはシェリー酒の樽があり、シェリー酒を買いたい人は樽から注がれたシェリー酒をボトルで購入できるのです。

ヘレスのタバンコ『Tabanco El Pasaje』のアーティチョークのタパス

ヘレスの人たちはバルのような感覚でタバンコに行き、昼食前や夕食前にシェリー酒を一杯飲んでいく。ヘレサーノにおすすめされたのはアモンティリャード(Amontillado)と呼ばれる辛口よりのシェリー酒。

何か食べたければ、タバンコでタパスをつまむ。夜はフラメンコのイベントがあるタバンコも。

タバンコでは1杯1.2ユーロ程度からシェリー酒を飲むことができます。種類も豊富で、ブランドものシェリー酒もあれば自家製シェリー酒もあり。

アモンティリャードの次に飲むのはオロロソか?と考えながら隣のおじさんにおすすめを聞く。日ごとに異なるシェリー酒を飲んでみるのも良さそう。

ヘレスのタバンコでシェリー酒を飲む人たち

バルのようにタバンコに立ち寄っては、カフェを頼むようにシェリー酒を頼んでいく人たち。セビリアでは見かけないタバンコの文化が、ヘレスには根付いているなと感じたのでした。

ヘレスのバルのクロケッタ

ちゃんとした食事ができるタバンコの中では、『タバンコ・ラス・バンデリージャス』のタパスがおいしかったです。胃が元気な人はぜひ!

ヘレスのタバンコ『Tabanco El Pasaje』の舞台

ヘレスのタバンコでフラメンコを見るなら『タバンコ・エル・パサヘ』へ。ここは有名タバンコで雰囲気は抜群。

ヘレサーノたちとシェリー酒

シェリーという名前は、ヘレスという地名から来ているそうです。シェリーは英語。だからスペインでは通じない。

スペインではシェリー酒は「vino de Jerez/ヘレスのワイン」という言い方をします。シェリー酒とワインは似ているようで異なるものな気がするけど、ヘレスのワイン。

ヘレスのバルではシェリー酒が置いてあるのは当たり前だから、直接シェリー酒の種類を指定してオーダーします。「フィノ」「アモンティリャード」など。

シェリー酒は食事中に飲むものではなく、食前やカフェのような感覚で飲むと教わりました。「食事中はやっぱりワインでしょ」って。

だからヘレスには朝からバルでシェリー酒を飲む人もたくさん。

ヘレサーノ
子供の頃はペドロ・ヒメネスと呼ばれる甘いシェリー酒を学校行く前に飲んでたよ。

とヘレスのおじさん。私が驚いていたら、

ヘレサーノ
日本だってSAKEやSHOCHUを子供の頃から飲んでるんでしょ?

って。日本酒や焼酎の産地の子供はそうかもね…私は湾岸育ちなんで違ったYO.

町を歩けばシェリー酒の香りがし、バルでは朝からカフェの代わりにシェリー酒を飲み、夜はタバンコでつまみながらシェリー酒を飲む。

シェリーに囲まれている生活!

ヘレスのフラメンコのペーニャ

ペーニャフラメンカはフラメンコが見られる場所。ソシオ(socio)と呼ばれる会員たちがお金を出しあってペーニャを維持運営し、アーティストのライブを開催します。

ヘレスのペーニャ・ブエナ・ヘンテ

ヘレスのペーニャは入場無料。どんなに有名なアーティストのリサイタルであっても無料。これはすごい。

セビリアのペーニャでは6ユーロ〜10ユーロの入場料がかかるから、ヘレスのペーニャは無料と知った時は驚きました。仕組みはどうなっているのだろう。

ヘレスのペーニャ・ブエナ・ヘンテ

ペーニャにはカウンターがあって、飲み物や食べ物を頼むことができます。ここでももちろんみんなが頼むのはシェリー酒のよう。

モンタイートと呼ばれる小さなサンドイッチをつまみながらシェリー酒を飲むヘレサーノたち。なので、私も真似してシェリー酒を頼みました。うふふ。

ヘレスの観光スポット

ヘレスには「これがメインです!」と呼ばれる観光スポットはない気がするけど、カテドラル(大聖堂)やアルカサルなどスペインの歴史ある町と感じるスポットはあります。

ヘレスの大聖堂(カテドラル)

美しい見た目のヘレスのカテドラル(大聖堂)。

ヘレスの大聖堂(カテドラル)

ヘレスのカテドラルの前にはなぜか自撮りスポットがあります。これは自撮りではなく正面撮り。

ヘレスのアルカサル

ヘレスのアルカサルは昔の要塞。現在は公園と一体になってます。

アルカサルで開催されるヘレスのビエルネスフラメンコ

8月に開催されるヘレスのビエルネスフラメンコはアルカサルの中が会場。

ヘレスのパケーラの像

フラメンコをやっている人なら、パケーラの像や

ヘレスのロラ・フローレスの像

ロラ・フローレスの像は観光したい場所になるでしょう。

ロラ・フローレスの像の近くには、特大アルボンディガスが名物のタバンコがあります。アルボンディガスはビミョーだったけど、他のタパスはおいしかったのでおすすめ。

ヘレスの中心部

ヘレスの中心部にあるのはアレナル広場。

ヘレスのアレナル広場

小さいメリーゴーランドがあります。中心部と言ってもこじんまり。

ヘレスのペドロ・ドメックの時計

前は『Gallo Azul』というおいしいバルがあった場所は、現在はバルは潰れてペドロ・ドメックの建物になってました。注目すべきは隣の時計。よく見ると数字じゃなくて「PEDRO DOMEQ」

ヘレスのペドロ・ドメックの時計の矢印

時計の下には方向を指し示すものが。こっちはカディス。

ヘレスのペドロ・ドメックの時計の矢印

反対側はセビリア!

ヘレスのタバンコ「Tabanco San Pablo」のある通り

ヘレスの中心部はバルがたくさん。小道に入るとバルやタバンコが続いていたりします。

中心部のバルでは『Meson del Asador』のとろとろの牛テールがおすすめ。アンチョビとブルーチーズ乗せのレタスもおいしいよ!

落ち着いた町ヘレス

セビリアのように学生や外国人が集う街ではないから、ヘレスはとても落ち着いていました。

ヘレスの町中

週明けの月曜〜水曜くらいまでは夜のバルはシーンとしてるし、人もあまり歩いていない。週末になるとみんなバルやタバンコに出かけるという動きのようです。

短い期間でヘレスに滞在する場合は、週末に合わせて滞在するのがおすすめ。月曜・火曜だとヘレスの夜は静まり返ってるかもしれません。

日曜はスーパーやお店がほとんど閉まってるので、日曜はやめた方がいいYO.

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

こんな記事も読まれています



気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬