ヘレスの人気タバンコ『Tabanco San Pablo』へ行ってみた

ヘレスの人気タバンコ『Tabanco San Pablo』へ行ってみた




ヘレスの人気タバンコと思われる『Tabanco San Pablo』に行ってみました。

moni
土曜の昼に行ったら大変な混雑。活気がある!

スペインのバルの雰囲気や活気あるタバンコの雰囲気を感じたい人にはおすすめ。ゆっくり食事したい人にはちょっと向かないかなというタバンコでした。

お昼時は大混雑のタバンコ

私がタバンコ『Tabanco San Pablo』に行ったのは、土曜日のお昼14時過ぎ。もしかしたら1週間で1番混んでる時間帯!

ヘレスのタバンコ「Tabanco San Pablo」のある通り

『Tabanco San Pablo』がある通り

こんな雰囲気のある通りに『Tabanco San Pablo』はあります。

ヘレスのタバンコ「Tabanco San Pablo」の外観

外のテラスは満席

お店の外のテラスは満席で、中も満席でかろうじてカウンターに一人分の空きスペースがあるかな程度。さすが人気タバンコや!

ヘレスのタバンコ「Tabanco San Pablo」の店内

活気のある店内

店内も混雑だけど、活気がある感じが好きです。

タバンコなのでまずはシェリー酒

タバンコとはシェリー酒の販売所、そしてバルのようなところ。シェリー酒のお膝元であるヘレスには、至るところにタバンコがあります。

moni
タバンコに来たらまずはシェリー酒を飲まなければ!

というわけで、ヘレサーノたちにおすすめされたアモンティリャードを頼んでみます。

日頃からシェリー酒を楽しむヘレサーノたち曰く、シェリー酒は食事中に飲むものではないらしい。食前酒のような感じでシェリー酒から始め、食事が始まったらワインじゃね?って。

だけど私はそんな習慣がないので、シェリー酒と一緒にタパスの食事も楽しんでみることにします。

タバンコ『San Pablo』のタパス

タバンコの中にはタパスがほとんどないところもあるけど、『Tabanco San Pablo』はタパスのメニューが豊富です。お昼時や夜などお食事時にもおすすめ也。

ヘレスのタバンコ「Tabanco San Pablo」のタパス

豚皮の唐揚げ(chicharrones)と自家製スクランブルエッグ(revuelto de la casa)

頼んだタパスは、またもや豚皮のから揚げと自家製スクランブルエッグ。豚皮のから揚げはカディスの名物だからつい…。

自家製「de la casa」と書かれると、それもつい頼んじゃう私。なんとなくメニューに自家製と書かれるとおいしそうな気がしない?

食べ進めていくうちに、なんと脂っこい2タパスを頼んでしまったのだと思いました。そしてどちらも結構味が濃い。お酒のつまみには良いけどね。

みんなが頼んでいたタパスは「ajo campero」と呼ばれるヘレスのご当地タパス。

ヘレスのタバンコ「Tabanco San Pablo」の名物タパス

名物タパスと思われるニンニクのタパス「ajo campero」

ニンニクとトマトやピーマン、パンをすりつぶしたもので、本当にニンニクの味がするタパスです。ニンニクパワーがすごいから、私はこれはパス。

みんなこのタパスを頼んでいたし、カウンターにも「再来!ニンニク」と書かれていたので、タバンコ自慢のタパスなんだろうね。

「Choriloso」と呼ばれるチョリソーにオロロソで味付けしたタパスも人気のようでした。私はチョリソーがあまり好きではないのでこれもパス。

moni
タバンコで人気のタパスを食べない自分…。どうなんだろという指摘は胸の奥に閉まって。

一人でもサクッと入れるタバンコ

タパスを頼むとパンはタダで出てきます。2つのタパスとパンを食べたらお腹いっぱい。

支払いはシェリー酒やタパスをオーダーするごとに行います。大きめのグループだと全部まとめて後で支払いができるみたいだけど、カウンターの場合は都度支払い。これはちょっと面倒。

私はサクッとタバンコ『Tabanco San Pablo』に入ってサクッと出てきました。

一人でも入りやすいけど、店員さんはアテンドしてくれる感じはなし。だから自分でガツガツオーダーできる人でないと、混雑の雰囲気に飲み込まれるかもしれない。

ヘレスのタバンコ「Tabanco San Pablo」の店内

着席する場合もセルフサービス

席に座る場合は、オーダー時に名前を伝えて出来上がったら名前を呼んでもらう仕組みです。つまりセルフサービス。

タバンコ『Tabanco San Pablo』の他のタパスもおいしそうだったから、もう1回くらいは行ってみたいな。

Tabanco San Pablo/タバンコ・サン・パブロ
住所:Calle San Pablo 12, Jerez de la Frontera
営業時間:月曜〜金曜 12:00-15:00 19:30-0:00/土曜 0:00-3:00 12:30-3:00/日曜 0:00-3:00 12:30-3:00
雰囲気的にはフラメンコが見られる『Tabanco El Pasaje』の方がイケてた。
関連記事ヘレスのタバンコでフラメンコとシェリー酒。そして豚皮のからあげ。

タパスのおいしさでは『Tabanco Las Banderillas』が勝ち。
関連記事ヘレスの『タバンコ・ラス・バンデリージャス』でシェリー酒とタパスを楽しむ



最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!




こんな記事も読まれています



ヘレスの人気タバンコ『Tabanco San Pablo』へ行ってみた

気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬