一人でも気軽に入れるセビリアのバル『La Antigua Abaceria』でワインとチーズと生ハム

セビリア

お一人様でも入れるトリアナのバル『La Antigua Abaceria』でワインとチーズ

前から気になっていたバルに行ってみたシリーズ。セビリアのトリアナにあるバル兼食料品店『La Antigua Abaceria』に、大学時代のお友達と行ってきた!

ディープな感じの雰囲気漂ってますが、中に入ればカウンターのおじさんは気さくで居心地の良いバルでした。

チーズや生ハム、チョリソなどおつまみ系からお肉や皿料理も楽しめる!一人でも気軽に入れる感じがおすすめです。

トリアナのプレサ通りにあるバル&食料品店

『La Antigua Abacería』があるのはトリアナのプレサ通り。セビリア中心部からトリアナ橋を渡って、左手にある川沿いのもう1本奥の通りです。

トリアナは川沿いのベティス通りから1本入るだけで、地元感漂うローカルバルを見つけたりするからおもしろい。

トリアナのバル『La Antigua Abacería』の店内

『La Antigua Abacería』の入り口は2つあって、トリアナ橋の方から歩いていくと手前がザ・バルな感じ、奥は食料品店とバルゾーンです。私は奥のゾーンの方が気になったのでそちらに。

ワインかシェリー酒 どっち飲む?

確かに食料品店だから缶詰やチョリソー、お惣菜などが売られている。そしてワインの種類もまぁまぁ。

トリアナのバル『La Antigua Abacería』のワイン

シェリー酒は樽から注ぐ形式で、マンサニージャ(manzanilla)・アモンティリャード(Amontillado)・ペドロヒメネス(Pedro Ximenez)がありました。

トリアナのバル『La Antigua Abacería』のワイン

セビリアのワインがあると言われたので、1杯目はセビリアの赤ワイン(右側)。飲みやすい軽めの赤ワインだった。

トリアナのバル『La Antigua Abacería』のワイン

おじさんがこんな感じで注いでくれます。目の前で注いでくれるとおいしく感じるから好き。

2杯目はカウンターのおじさんおすすめのロンダのワイン。どちらも軽い飲み口のワインだったから、あんまりディープに酔いたくない人(?)にはおすすめ。

チーズや生ハムでワインをグイグイ飲む

私たちは『La Antigua Abacería』が2軒目だったので、ワインに合わせてチーズと生ハムのおつまみ系タパスをチョイス。

チーズやチョリソーの盛り合わせがおすすめとカウンターのおじさんは言ってたけど、私はチョリソーがそこまで好きではないので別々にオーダー。メニューにはチーズ(Queso)としか書いていないので、何があるのかはお店の人に聞こう。

トリアナのバル『La Antigua Abacería』のチーズ「Mahon」

「Mahón/マオン」という名前のメノルカ島のチーズ。これすごいおいしかった!味がオランダのオールドアムステルダム(Old Amsterdam)に似ていて超気に入りました。

トリアナのバル『La Antigua Abacería』の生ハム

あとウエルバの生ハム。ウエルバはハブーゴ(Jabugo)は生ハムの産地として有名。

トリアナのバル『La Antigua Abacería』の生ハム

生ハムを切るおじさん。おじさん何でもできるのね。

トリアナのバル『La Antigua Abacería』のマンチェゴチーズ

「スペインのチーズならこれっしょ。」と思っていたマンチェゴチーズ(Queso Manchego)もオーダー。でもこの日初めて食べたマオン(Mahón)がおいしすぎたので、今度からチーズはマオン派になるかも。

その他のタパスはトルティージャ・デ・パパ(スペインオムレツ)や豚ほほ肉の煮込み、モハマ(Mojama)と呼ばれるマグロやサーモンの塩干しなど。

2軒目なのに結構食べたし、気づいたら赤ワインを2杯飲んでた。キケンキケン。

お一人様にもおすすめのバル

『La Antigua Abaceria』は皿料理もあるしお肉も食べられるので、ちゃんとした食事もできます。2軒目に行くのも良いし、ちょっとつまみたいというお一人様にもおすすめできるバル。

タパスは1皿2.5〜3.5ユーロなので、トリアナにしてはちょっと値段お高めかなと思いました。

けど、トリアナでディープな空気に触れたかったらこじんまりしてるし雰囲気イイ!一人でも気軽に入れる感じ。

◆La Antigua Abaceria(ラ・アンティグア・アバセリア)

住所:Calle Pureza 12, Sevilla(GoogleMAPで見る)

電話番号:620 031 832

定休日:不定休

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

こんな記事も読まれています

この記事を書いた人

moni

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬