女子トイレがないセビリアのバル『Manolo Cateca』でシェリー酒

セビリア

セビリアの老舗バル「Manolo Cateca」のシェリー酒とタパス

立ち飲み!シェリー酒!安いタパス!ガヤガヤ!女子トイレなし!

こんな感じのスペインバルの要素が詰まったバルが、セビリアの中心部にある『Taberna Manolo Cateca』でした。

「落ち着いて食事を」というタイプのバルではないけど、友達とワイワイしながら飲み食いして、楽しい&おいしかったなり。

ザ・スペインバルの雰囲気を味わいたかったらおすすめ!

セビリアのド中心部にあるバル

『Manolo Cateca/マノロ カテカ』はセビリアの中心部も中心部、何せ有名なお菓子屋『ラ・カンパーナ』の裏手にあるバルです。1920年創業の老舗バル。

セビリアの老舗バル「Manolo Cateca」の混雑

お隣はチェーン系バルの『100 montaditos』で、通りをちょっと入ったところに『Manolo Cateca』はあります。いつもバルの外が混雑しているのでわかるはず。

ドゥケ広場(Plaza del Duque)にあるエル・コルテイングレスから徒歩2分、セタ(メトロポール・パラソル)から徒歩3分、買い物スポットにも近いド中心部です。

Manolo Catecaではシェリー酒を飲もう

『Manolo Cateca』の特筆すべき点は、シェリー酒のメニューが超豊富なこと。50種類はあるんじゃないかと思います。

セビリアの老舗バル「Manolo Cateca」の店内

店内にはシェリー酒の樽とボトル。シェリー酒の値段は1杯1.5ユーロのものから10ユーロを超えるものまで。

セビリアの老舗バル「Manolo Cateca」のシェリー酒とタパス

せっかくなのでアモンティリャード、オロロソ、ペドロ・ヒメネスの3種類のシェリー酒をいただきました。1杯は友達のおごり。いひひ。

シェリー酒の本場であるヘレスに行けばシェリー酒が豊富なバルは珍しくないけど、セビリアでここまでシェリー酒が揃うバルはなかなかないはず。

シェリー酒好きは要チェキ!

Manolo Catecaのタパス

『Manolo Cateca』のタパスの種類は多くなくて、半分はモンタイート(Montadito)と呼ばれる小さいサンドイッチみたいなのと腸詰(Chacina)とチーズ(Queso)。

セビリアの老舗バル「Manolo Cateca」のモンタディート

プリンガ(Pringá)煮込んだ肉の塊。肉の塊が入ったモンタイート。

スペインの代表的なタパスも食べられます。それもおいしい。だからどどーんと写真載せるよ。

セビリアの老舗バル「Manolo Cateca」のスペインオムレツ

スペインオムレツ(Tortilla de patatas)はパセリ入り。

セビリアの老舗バル「Manolo Cateca」のマグロ塩漬け

これはスモークトースト(Tostas de Ahumados)の中のマグロ(Atún Rojo Salvaje)。でた!Salvaje!!野生のマグロ赤身。

セビリアの老舗バル「Manolo Cateca」の豚ほほ肉の煮込み

豚ほほ肉の煮込み(Carillada)。肉が柔らかくてソースがちょっとスパイシーでおいしい。

セビリアの老舗バル「Manolo Cateca」のコシード

コシード(Cocido)と呼ばれる煮込み料理。ひよこ豆が入ってます。実は行ったのが冬だったんで寒くてちょうど良かった!

結構食べたね。タパスはどれも2.5ユーロ〜3ユーロ也。

Manolo Catecaの席の取り方

夜の『Manolo Cateca』はとにかく混雑しています。開店と同時に行けない場合は、外でワインを飲みながら外のカウンターや仲のカウンター席が空くのを待ちましょ。

この席空くかもと思ったらササっと移動して入り込む感じで。店員さんは忙しそうだから、待っていても席を用意してくれるということはありませぬ。

女子トイレありません!

『Manolo Cateca』の最大の注意点はこれ。

女子トイレがない

男性用のトイレはあるのですが、それも極小の電話ボックスサイズ。そもそも店内がとても狭いからしょうがない。

『Manolo Cateca』に女子トイレがないことについて「このバルに女性客は来るなということか?」と、厳しい意見を言っている人もいました。

昔は女性用トイレがなかったとしても、どこかで改装できなかったのかと…。セビリアの中心部で拡張する余裕もなかったのだろうね。

女性はトイレを済ませてから『Manolo Cateca』に行きましょ。男性でも小さくてあまりきれいではないトイレが苦手な人は、やはりトイレを済ませてからどうぞ。

50年以上続く老舗バル

トイレの感じからも想像できる通り、『Manolo Cateca』はもうすぐ創業100年になる古いバルです。

落ち着いて席に座って食事をという感じではありませんが、立ち食いバルの雑多な感じを味わえるスペインバル。タパスの数は多くないけど、おいしいです。

セビリアの老舗バル「Manolo Cateca」の壁のタイル

あと、壁が素敵。でもトイレはないから、あまり飲みすぎないようにご注意。

Taberna Manolo Cateca
住所:Calle Sta. María de Gracia 13, Sevilla(GoogleMAPで見る)
営業時間:月〜金 9:00-16:30 19:30-23:30/土 9:00-16:30
定休日:日曜日

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

こんな記事も読まれています

この記事を書いた人

moni

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬