スペインのATMでキャッシュカードの番号を盗まれそうになった話

スペインのATMでキャッシュカードの番号を盗まれそうになった話




2018年6月はついてない月。そんな中でも最低とも思える体験は、ATMのトラブルに巻き込まれたこと。

後から思えば怪しさ満点だったのに、騙されていると全く気がつかなくて、半泣き状態になりました。

スペインのATMの前でトラブルに巻き込まれ、キャッシュカードの番号を盗まれそうになった話の一部始終。いやービビった。。。

日曜の朝に事態は起こった

友達とビーチに遊びに行こうとしていた日曜日の朝。家の近くのATMでお金おろそうと考えてました。

私の家の近くは治安は悪くないけど、ちょっと雰囲気が独特の場所。そして日曜の朝は人気がなく、いるのは路上生活者と数人のバルのお客さんくらい。

ATMに近づいたのだけどキャッシュカードを家に忘れたことに気がつき、家に一度戻った私。再びATMに近づいた時に事態は起こりました。

ATMで話しかけられる

ATMにキャッシュカードを入れて暗証番号を入力したところで、背後から2人の男性に話しかけられました。1人は20代くらいの若い男の子、もう1人はその父親と言う太っちょな男性。

息子
さっきこのATMにキャッシュカードを忘れちゃったんだけど、僕のキャッシュカード見なかった?
moni
いえ、見てないですけど。
父親
俺は見た!この女はATMに一度近づいて息子のキャッシュカードを取って一度家に戻って、もう一度このATMに来た!お前俺の息子のキャッシュカード盗んだだろう!
moni
キャッシュカードなんてなかったし、何もしてないです私。。。
父親
いや、お前が盗んだんだ。俺は見ていたから間違いない。
息子
君がここに来た時キャッシュカードなかった?
moni
何もなかったですよ。

あんたのキャッシュカードのことなんて知らないわよと言っているのに、父親は私が盗んだと言って聞かずわめき散らしてます。

そしてとうとう、

警察呼ぶと言われる

父親
俺はお前が盗んだところを見たんだ!警察を呼ぶ。警察に電話するから。

と言って携帯電話を取り出し、警察に電話する父親。

父親
もしもし〜ATMのところで女性が私の息子のキャッシュカードを盗んで…+▲□☆&▽%■
moni
本当に何も知らないですってば!私何もしてないです!

と強く言ってみるものの、父親は完全に狂っちゃってる。

一方、息子は冷静に話しかけてきました。

キャッシュカードを見せるよう促される

息子
財布の中ちょっと見せてもらえない?僕のキャッシュカード持ってないよね?

私は一瞬「えっ?もしかして泥棒?私の財布から現金抜く気?」と思ってためらいました。身分証明書の確認の際にお金を盗むニセ警官もいると言うし…。

私がためらったのに息子は気づき、「大丈夫」という顔をしてきます。

不幸中の幸いなのか、私の財布の中には50セントしか入ってませんでした。汗。

息子
今、君がやろうとしているオペレーションをキャンセルしてもらえるかな?僕のキャッシュカードじゃないかどうか見ていい?
moni
あ、はい。わかりました。

警察を呼ぶと言われてパニクった私は早くその場をどうにかしなきゃと思いました。だから「これで無実を証明できるなら」とオペレーションをキャンセルして、キャッシュカードを見せてしまいました。

しかし、

他人にキャッシュカードを見せてはダメ!絶対!

今思えば絶対やってはいけない行為だったと思うし、後で友達にも

友達
他人にキャッシュカードを見せる行為はありえない。そんなこと言ってくる時点で泥棒と一緒だから、すぐにその場を立ち去って絶対見せちゃダメだよ。

と叱られました。

男たち消え去る

息子は私のキャッシュカードをまじまじと見た後

息子
緑のキャッシュカードは見なかったかな?

と再度確認してきました。

moni
知らないし見ていない。あなたキャッシュカードをなくしたのなら銀行には電話したの?まず銀行に電話してカード止めないと。それと、ATMには監視カメラがあるから、誰かに盗まれたと思うなら銀行に連絡すれば監視カメラを確認してもらえるのでは?

そう伝えると結局、怒鳴り続ける父親に諭して2人の男は車でブーンと消え去りました。

えっ警察はどうすんの?警察呼んだんじゃないの?

パニクったままの私に、そばで見ていた路上生活者は「君は大丈夫だから。心配しないで。」と言いました。

詐欺だよと言われる

警察が駆けつけていたらどうしようと不安に思いながらも、ビーチに一緒に行く友達と合流してこのことを話したら

それは詐欺だよ。

とスペイン人は口を揃えて言う。

  • 私が日本人であること
  • 日曜の朝という時間帯
  • ATMの場所
  • キャッシュカードを見せろと言ってきたこと
  • 私をずっと見張ってたこと
  • 私が一度ATMに近づいて家に戻って、またATMに近づいたのをずっと見ていたのがそもそもおかしい。獲物を待っていたとしか思えない。

彼らの狙いはキャッシュカードの番号を盗むこと。暗証番号を入力するところは見られていた可能性が高いので、キャッシュカードの番号がほしかったのではないかと。

実はこれも不幸中の幸いだったのですが、私はその時、日本のキャッシュカードでお金をおろそうとしていたのです。

だから使っていたのは日本のキャッシュカード。スペインのキャッシュカードとは番号形態が異なるので、息子はそれを見てイミフと思ったのでしょう。「スペインの銀行のキャッシュカードは持ってないのか」私に確認したかったようです。

私は警察が本当に来ると思っていたのでその場を離れることを心配していたのですが、警察を呼んだというのも嘘だったみたい。警察なんて来ないから大丈夫って友達に言われました。

その後すぐに行ったこと

その時点で実害はなかったけど、一応やれることはやっておこうかなと以下2点対応しました。

キャッシュカードの暗証番号変更

ATMに入れたキャッシュカードの暗証番号を変更しました。

私が使っている銀行は新生銀行。国際電話が使えれば新生パワーコールに電話して変更が可能です。

海外ATM出金限度額の変更

新生銀行では、海外ATM出金限度額の設定を0円〜10万円の中で選択できます。ここを0円にしておけば海外のATMで引き出しできないということ。

しばらくは日本のキャッシュカードを使うことはないから、海外ATM出金限度額を0円にしておきました。

スペインでATMを利用する場合は気をつけて

スペインでお金を盗られる手口は知っていたつもりでしたが、まさか自分が引っかかりそうになるとは。脇が甘かった。。。

冷静になればおかしな点はあるのだけど、怒鳴られたり警察呼ぶと言われたことで焦って、パニック寸前でした。それが奴らの作戦だったのだろう。

父親が怒鳴り散らして私を焦らせ、息子は冷静に私のキャッシュカードを見ようとする。なんて名演技だったんだ!って話。

スペインのATMではお金を盗られたり、キャッシュカードの番号を盗まれるトラブルがよく起きるそうです。セビリアのように治安のいい街だからと言って、トラブルがまったくないわけではない。改めて気を引き締めなければと思いました。

スペインのATMでお金をおろす時に気をつけるべきことはこちらにまとめました。皆さんもくれぐれも気をつけて…。

関連記事 スペインのATMでお金をおろす時に気をつけるべきこと
関連記事 スペイン セビリアの治安はいい!でも日本とは違うので注意すべきこと



最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

こんな記事も読まれています



スペインのATMでキャッシュカードの番号を盗まれそうになった話

気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬