スペイン旅行中に英語が通じない!そんな時に使えるスペイン語

スペイン旅行中に英語が通じない!そんな時に使えるスペイン語




スペインは他のヨーロッパの国に比べると英語が通じる率が低い国です。スペイン旅行中に英語が通じなくて困った!という経験のある人もいるはず。

主要な観光地周辺は英語が通じることもあるけど、ローカルなバルやオスタルでは通じないことも多々あります。そして、アンダルシアは都会に比べたら英語は通じない…。

英語が通じない時でも大丈夫!なスペイン旅行中に使えそうなスペイン語をまとめました。

アンダルシアは英語が通じない

スペインとひとくちに言っても、マドリードやバルセロナのような都会とアンダルシアでは大きく異なります。

言い方がまずかったらすみませんが、マドリードやバルセロナは高い教育水準の中で学んだ人が多い。観光地では基本的に英語が通じるし、観光客を相手にしていない人でも英語を話せる場合が多いです。

でも、アンダルシアはそんなことないの

さすがに星のついたある程度のホテルは英語が通じるけど、「これはさすがに知ってるだろ」という初歩の英語が通じないことはアンダルシアでは珍しくありません。

ピソの同居人と映画の会話をしていた時、「road of the ring/ロード・オブ・ザ・リング」が全く通じなかった。roadやringと言った英単語ですら知らないのです。(ちなみにスペイン語で映画「ロード・オブ・ザ・リング」は「El Señor de los Anillos」)

私のピソの同居人のようなアンダルシア人は珍しくありません。英語は日常生活に必要ないから覚える気もサラサラない。

だから、アンダルシアを旅行すると英語が通じない局面によく遭遇すると思います。どういうところでは英語が通じないのかと、そんな時に使えるスペイン語も合わせてご紹介。

タクシーで

観光客が利用することが多いタクシー。観光地のタクシー運転手は英語がわかっているかと思いきや、実は話せない人が多いです。

タクシーの運転手で遭遇するのは2つのパターン。

1つは英語が全くわからない、話す気もないタイプ。もう1つは、お会計のために数字だけ英語で言えるタイプ。英語で数字を言ってくるから「英語話せるのかな」と思って、「領収書下さい」と英語で言ったらそれは通じない。

スペイン旅行でタクシーに乗る時は、これが使えれば大丈夫。斜め字は私が実際に使うであろうスペイン語です。

なお、タクシーでホテルに行く時は、ホテルの名前と住所が書かれた紙(予約書など)を見せるのが手っ取り早いです。

Quiero ir a XXX.(キエロ イール ア XXX=観光地の名前)
XXXに行きたいです。

Me podría llevar a XXX?
XXXに連れて行ってもらえますか?

Quiero factura.(キエロ ファクトゥラ)
領収書がほしいです。

Me podría facilitar la factura?
領収書いただけますか。

安いオスタルやペンションで

星のついたホテルはたいてい英語が通じるけど、オスタルやペンションは地元の人が経営しているので、英語が通じないことが多いです。

宿泊施設では予期せぬことも起こるから全てのフレーズをカバーするのは難しいけど、こんなスペイン語が使えるかな。チェックイン・チェックアウトという言葉は基本的に通じます。斜め字は私が実際に使うかなと思うスペイン語です。

Tengo la reserva. Mi nombre es XXX.(テンゴ ラ レセルバ。ミ ノンブレ エス XXXX.)
予約しています。名前はXXXです。

Contraseña de WiFi?(コントラセーニャ デ ウィフィ?)
WiFiのパスワード?

Podría pasarme la contraseña de WiFi?
WiFiのパスワード教えていただけますか?

La hora de check-out?(ラ オラ デ チェックアウト?)
チェックアウトの時間?

A que hora tenemos que salir para check-out?
チェックアウトは何時ですか?

La habitation esta demasiado frio.(ラ アビタシオン エスタ デマシアード フリオ)
部屋が寒すぎます。(部屋の温度を上げてほしい)

Me podría subir la temperatura de la habitación?
部屋の温度を上げていただけますか?

Vuelvo sobre las 22:00.(ブエルボ ソブレ ラス ディエス)
22時頃戻ってきます。

ローカルなバルで

ローカルなバルのウェイターさんはスペイン語しか話せません。下手したらbeer(ビール)という英単語も通じない可能性があるので、バルで使えるスペイン語の基本を覚えときましょ。

観光地にあるバルは、英語が通じる可能性が高いです。流暢に英語を話す人は少ないかもしれないけど、基本的な英単語は知っている場合が多いかな。

cerveza(セルベサ)
ビール

vino blanco(ビノ ブランコ)
白ワイン

vino tinto(ビノ ティント)
赤ワイン

refresco(レフレスコ)
ソフトドリンク

cafe(カフェ)
コーヒー

cafe con leche(カフェ コン レチェ)
ミルク入りコーヒー

cafe solo(カフェ ソロ)
ミルクなしのコーヒー

tostada(トスターダ)
朝食のトースト

zumo de naranja(スーモ デ ナランハ)
オレンジジュース

agua(アグア)

sal(サル)

azucar(アスカル)
砂糖

miel(ミエル)
ハチミツ

mayonesa(マヨネサ)
マヨネーズ

carne(カルネ)

pescado(ペスカード)

verdura(ベルドゥラ)
野菜

Quiero 〜(キエロ〜)
〜ください。

Me da un vasito de agua por favor.
コップ1杯の水ください。(ボトルの水じゃない水がほしい時)

Servicio?
トイレ?(トイレどこ?)

Donde esta el baño?
トイレどこですか?

La cuenta por favor.(ラ クエンタ ポルファボール)
お会計お願いします。

Me cobra?
いくらですか?

ショッピングスポットやスーパーで

バルで英語が通じないのなら、スーパーや洋服屋さん・雑貨屋さんなどのショッピングスポットも通じません。英語が通じるのはブランド品を取り扱うお店くらいかな。

ちなみに、小さめのお店に入る時は「Hola.」と言ってお店に入るのがマナーです。無言で入って無言で去ってくとちょっと感じ悪いので、「Hola.」と言ってニコッとしておきましょ。

Puedo probárme?(プエド プロバルメ?)
試着してもいいですか?

Puedo probaremlos?
Puedo probármela?
これ試着してもいいですか?

※試着する対象によって目的格が変わります

Cuanto es?(クワント エス?)
いくらですか?

Hay otro color?(アイ オトロ コロール?)
他の色ありますか?

Hay otra talla?(アイ オトラ タジャ?)
他のサイズありますか?

No gracias.(ノー グラシアス)
結構です。

道を歩いている人に尋ねる時

旅行中に行き先までの道を尋ねたい時、おいしいバルを尋ねたい時、道を歩いている人に話しかける機会があるかもしれません。そんな時に使えるスペイン語。

Donde esta XX?(ドンデ エスタ XX?)
XXはどこにありますか?

Como llegar a la catedral?
カテドラルまでどうやって行きますか?

Quiero ir al bar.
バルに行きたいです。

Usted conoce algún bar que se coma bien por aquí?
この辺でおいしいバル知ってますか?

スペイン語ができたら旅行は楽しくなる

英語が通じればそれで事足りると思いますが、スペイン語が理解できたら旅行はもっと楽しくなります。

バルのウェイターさんや道行く地元民から有益な情報がもらえることも。

話しかけるときはまずは笑顔で「Hola.」ということから始めてね。いきなり真顔で話しかけたらビックリされますので。笑。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

こんな記事も読まれています



スペイン旅行中に英語が通じない!そんな時に使えるスペイン語

気に入ったらシェア!

2 件のコメント

  • こんにちは。楽しく読ませてもらってます。

    セビージャに彼女が住んでて、1年に2、3回行くのですが、
    私はスペイン語がほとんどしゃべれないので、
    彼女の父母や友達としゃべるとき、英語が通じなくて結構たいへんです。
    またこちらがわからないことお構いなしにアンダルスを語りかけてくるので
    早く覚えたいなと思ってます・・・笑

    (ps.ロード・オブ・ザ・リングはThe lord of the ringsです!Roadだとel camino de los anillosになっちゃいます・・・笑)

    • >ジュージャさん
      コメントありがとうございます。

      セビージャに彼女さんがいらっしゃるなんて素敵ですねー!
      お父さん、お母さんの世代だと英語が話せる人はさらに少ないでしょうね。でも、アンダルーを覚えるいいチャンスですね!

      ロードオブザリングはジュージャさんにご指摘いただくまでずっと「road of the ring」だと思ってました!
      なんでスペイン語になると道が男になっちゃうんだろう…って。超絶アホですね、私!笑。
      勉強になりました。ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬