アンダルシアのひまわり畑は7月でも見られる!私が見たひまわり畑たち

2018-07-13スペインを旅する

アラアル〜ウトレラのA-394のひまわり畑

結局アンダルシアのひまわり畑ってどこで見られるの?

ひまわり畑に行くまでそう思ってました。3年アンダルシアに住んでいて2018年にやっと行けた…。

アンダルシアのひまわり畑が見られる時期、セビリア近郊でひまわり畑が見られる場所と行き方を紹介します。

アンダルシアのひまわり畑を見に行こうと思う人の参考になれば嬉しい。

アンダルシアのひまわり畑 見頃の時期

「アンダルシアのひまわり畑は、6月の限られた時期にしか見られない」と思っている人はいませんか?

確かにアンダルシアのひまわり畑の見頃の時期は例年6月です。

5月下旬だとまだひまわりが咲いていない場所が多く、見頃を迎えていません。6月上旬〜中旬頃はひまわりが満開の場所が多いので、見頃の時期です。

しかし、6月の上旬〜中旬の時期にしかひまわり畑が見られないかと言うと、そんなことはありません!!

アンダルシアのひまわり畑は、7月に入ってからでも見ることができるのです。

ひまわりは畑によって開花の時期が異なります。すべての畑のひまわりが一斉に開花するわけではない。その年の気候や気温にもよるけど、開花が遅いひまわりは7月上旬でも見られます。

ではなぜ「ひまわり畑は6月の限られた時期にしか見られない」という間違った噂がはびこってしまっているのか。

それはきっと、「アンダルシアのひまわり畑を見に行くということにプレミア感を持たせたいから」ではないかと思います。

  • 1年のうちで10日間しか見られない
  • 気候に左右されるから6月の見頃時期を逃すと見られない

ひまわり畑を見ることは難易度高いと認定されると、「そんなに希少価値が高いならどうしても見てみたい!」と思うものね。実際、私もそう思ってました。

7月に入ってひまわり畑のシーズン終わっちゃったかな…と思っている人も諦めないで!

7月でもアンダルシアのひまわり畑が見られる可能性は十分あります!

7月にひまわり畑を見るコツ

アンダルシアで7月にひまわり畑を見るコツは、車やレンタカーで回ることです。

ツアーは7月はやっていない場合が多いし、タクシーを利用する場合はタクシーの運転手に「もう咲いてないよ」と言われたりします。でも、「もう咲いていない」のではなく、「タクシーでお金がかからず行ける場所にはもう咲いていない」というだけ。

車やレンタカーならカルモナだけでなく、ウトレラ、ウエルバ方面にも足を伸ばせるので、ひまわり畑を探しながら回ることができる!

海外のレンタカー予約は複数の会社を検索できるレンティングカーズがおすすめです。

今回ご紹介する私が見たひまわり畑の中には、7月8日に訪れた場所もあります。7月上旬で見頃と呼ばれる時期を過ぎた頃ですが、満開のひまわり畑が見られました。

7月にアンダルシアでひまわり畑を見てみたい人は、この後に掲載する写真を参考にしてみてください。

Atención

写真はあくまで参考です。アンダルシアのひまわり畑が絶景かどうかは、自分の目で見て判断してね。

とりあえず有名なカルモナ

アンダルシアのひまわり畑の代名詞となっているのは、カルモナ(Carmona)です。ひまわり畑=カルモナと思われているほど、美しいひまわり畑が見られる場所として名を轟かせとります。

これはきっと現地ツアー会社とカルモナ市の宣伝の賜物だわ…。

セビリアからカルモナへの行き方は、RENFEサンベルナルド駅の近くのバス停から路線バスM-124に乗ります。所要時間は1時間ちょっとで、1日10本以上。料金は片道1.85ユーロくらい。(ルートによって時刻表が複数あるので、詳細はArea de SevillaのHPを参照。L-Vは月-金、SAは土曜日、DFは日・祝日。終点のP.Estatutoが降り場。)

カルモナから徒歩で行けるひまわり畑

カルモナ周辺の道路にはひまわり畑がたくさん。

カルモナ市街地からひまわり畑まで徒歩で行くこともできなくはないので、レンタカーやタクシーを手配できない人でもひまわり畑を見られます。

私は車で行きましたが、ここはカルモナ市街地から徒歩で行ける一番近いひまわり畑。行き方はカルモナ市街地から30分ほど歩く。帰りは上り坂なので40分以上かかるかも。

カルモナから徒歩で行けるひまわり畑

ひまわりと小さい黄色い花の両方が群生しているひまわり畑です。6月中旬撮影。

カルモナから徒歩で行けるひまわり畑

ここのひまわり畑は花びらがちょっとやつれてて、食用菊みたいだった。笑。

この場所へ徒歩で行くには、カルモナ市街地からひまわり畑の方面に下っていく感じになります。帰りがキツイ登り坂でかなり大変だし、暑い中車道を歩くことになるので歩くなら御覚悟を。

カルモナのバス停やインフォーメーションでタクシーを手配することができるので、車がない人はタクシーをチャーターするのも一つの手段です。

カルモナで車を手配する場合は要注意。詳しくはこちら。

一般道A-380

カルモナからマルチェナ(Marchena)に伸びている一般道A-380は、ひまわり畑が多く見られる「ひまわりロード」です。

カルモナからA-380を走ると、左右の道路脇にひまわり畑が現れます。

カルモナA-380のひまわり畑

この場所のひまわり畑は、ひまわりの形が整っていて美しかった。6月中旬撮影。

カルモナA-380のひまわり畑

花の形はひまわり畑によって異なる。この場所のひまわりの形好きだったなぁ。

カルモナA-380のひまわり畑

凛と立つひまわり。美しい。

カルモナA-380のひまわり畑

普段自分の写真は公開しないのですが…これは気に入った1枚。

A-380のカルモナ寄りのひまわり畑は、徒歩は無理だけど近いのでタクシーなら行けるはず。

カルモナA-380のひまわり畑

地平線にずっと続くひまわり畑。6月中旬撮影。

ちょっと首が垂れているけど、この場所はひまわりの海のようでした。

広大なひまわり畑が広がるアラアル周辺

カルモナから30分くらいのところにある、アラアル(Arahal)という町の周辺もひまわり畑が点在しています。

アラアルへの行き方は、セビリアからバスか鉄道。鉄道は平日のみ1日に1本(セビリア発15:10-15:46、アラアル発6:50-7:33)しかありません。バスは1時間に2本くらいの割合で出ています。(バスの時刻表はValenzuelaのHPで確認。OrigenにSevilla、DestinoにArahalと入力。帰りはその逆。)

一般道A-394

アラアルからウトレラに向かう一般道A-394は、ひまわり畑が見られる道路です。

A-394は車通りが割とある道なので、道路脇に車を停める場合は走行中の車の迷惑にならないように気をつけてね。

アラアル〜ウトレラのA-394のひまわり畑

丘陵地帯のひまわり畑という感じで、バックに建物が見える景観も美しかった。7月上旬撮影。

アラアル〜ウトレラのA-394のひまわり畑

立ち入り禁止のテープが貼られていたので、テープの手前からパシャり。写真だと伝わらないけど、この場所とても素敵でした。

一番おすすめ!ウエルバに続く一般道A-472

2018年に見に行ったひまわり畑の中で一番おすすめだったのは、セビリアからウエルバに続く一般道A-472です。

セビリアからウエルバに向かう場合A-49を走ることになるのですが、A-49は高速道路なので途中で車を停めることができませぬ。ひまわり畑を見る場合は途中で高速を降りて、一般道のA-472を通ります。

セビリア〜ウエルバのA-472のひまわり畑

A-8026は市街地を通る道だけど、A-472に入るとすぐにひまわり畑が見えてきました。7月上旬撮影。

ちょっとお疲れモードだけど、7月上旬でもきちんとひまわりは咲いていました。

A-472から高速道路のA-49に続く道でもひまわり畑が見られた場所。

セビリア〜ウエルバのA-472のひまわり畑

私道っぽい場所に謎の井戸。そしてバックにひまわり畑。7月上旬撮影。

セビリア〜ウエルバのA-472のひまわり畑

青空に映えるイエローを見せてくれたひまわりたち。

さらにウエルバ方面にドライブしていたら、広大なひまわり畑を見つけました。良かった場所!

セビリア〜ウエルバのA-472のひまわり畑

ひまわり畑と青空とのコントラストが美しい。後ろに見えるのはシェリー酒の牛の看板。

セビリア〜ウエルバのA-472のひまわり畑

この場所はひまわりの形がとても美しかった!

セビリア〜ウエルバのA-472のひまわり畑

ひまわり畑が遠くに続いているのがわかるかな?

A-472がおすすめの理由

A-472がおすすめの理由はズバリ、車がほとんど走っていないから。

車の往来が多い通りは、道路脇に車を停めるのがなかなか難しいです。車を停めるようなちょうどいいスペースがあればいいけど、スペースがなければひまわり畑を通り過ぎてしまう。

セビリア〜ウエルバのA-472のひまわり畑

A-472は車がほとんどいないので、道路脇に停めても気まずいことなく、ゆっくり走行しながらひまわり畑を見ることもできます。

そして何よりも、車の音を気にせずゆっくりとひまわり畑を観賞できるのは素晴らしい!

A-472はカルモナやアラアル周辺にも負けず、多くのひまわり畑がある道です。ウエルバに続くこの道を走れば、間違いなくひまわり畑が見つかるはず。

アンダルシアでひまわり畑を見るなら

アンダルシアのひまわり畑はカルモナだけではありませぬ。セビリア近郊はもちろん、レブリハ、コルドバ、ウエルバにもあります。

アンダルシアのひまわり畑を見に行くなら、個人的にはセビリアからウエルバへ続いているA-472がおすすめです。のんびりした田園風景の中でひまわり畑を見ることができるよ。

レンタカー予約は複数の会社を検索できる『レンティングカーズ』がおすすめ。

check
海外レンタカー RentingCarz(レンティングカーズ)

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

こんな記事も読まれています

この記事を書いた人

moni

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬