セビリアでアンダルシア産オリーブオイルを探すなら『Óleo-le』

2018-06-08スペインのコスメ

セビーリャのオリーブオイルショップoleo-le

もっと早く行けば良かった!セビリアのオリーブオイルショップ『Óleo-le』には、スペインのオリーブオイルに魅せられたオーナー女性がいます。

『Óleo-le』は良質なスペインのオリーブオイルが揃うショップで、オーナー女性の丁寧な説明を受けながら買い物ができる素敵なお店でした。

Óleo-leのアンダルシア産オリーブオイル

『Óleo-le』はスペインのオリーブオイルを取り扱うショップで、すべての製品がオリーブオイルに関連しています。

ショップの名前は「オレオ レ」と読むのかな。「oleo」はスペイン語で油物全般を指すそうです。twitterで教えてもらいました!

セビーリャのオリーブオイルショップoleo-le

『Óleo-le』で販売されているオリーブオイルは、カセレス産の1製品を除いて全てアンダルシア産のオリーブオイルです。セビリアの田舎やコルドバ、オリーブオイルの産地ハエンなどのオリーブオイル。

オーナーのスペイン人女性は、オリーブオイルについて絵や写真を交えて詳しく説明してくれます。

地域やブランドによるオリーブオイルの味や、香りの違いの説明を受けながら試食ができるので、納得してオリーブオイルが買えるのが魅力。

オリーブの色は収穫する時期によって緑から黒に色が変わるらしい。オリーブの実を食べるスペインの文化はセビリアから始まっているけど、オリーブオイルの産地としてはハエンが有名だそうです。

全然知らなかった…。また一つ勉強。

セビーリャのオリーブオイルショップoleo-le

スペインのオリーブオイルランキングで1位を獲得したという「RINCON DE LA SUBBETICA」はプリエゴ・デ・コルドバというコルドバの田舎で作られたオリーブオイル。右下のオリーブオイルです。

セビーリャのオリーブオイルショップoleo-le

オリーブオイルの瓶は大きいサイズと、機内持ち込みすることを考えて100mlのボトルに入った小さいサイズを用意しているそうです。ショップがそこまで考えているとは気が利くね。

Óleo-leのオリーブオイルコスメ

私が『Óleo-le』で気になったのは、オリーブオイルのコスメです。

セビーリャのオリーブオイルショップoleo-leのオリーブオイルコスメ

『Óleo-le』で販売されているオリーブオイルコスメは、オリーブオイルの石けんやボディオイル、ハンドクリーム、オリーブオイル成分の入ったパック、香りスプレーなど。

セビーリャのオリーブオイルショップoleo-leのオリーブオイルコスメ

オレンジの実「naranja」やオレンジの花「azahal」といったセビリアを象徴するオレンジとオリーブオイルを組み合わせた石鹸やハンドクリームは、お土産にぴったりのオリーブオイルコスメ。

セビーリャのオリーブオイルショップoleo-leのハンドクリーム

どちらのハンドクリームもいい香りだったけど、特に「azahal」の香りが気に入ったので買ってみました。一度手に塗ると香りがかなり持続して、ずーっといい香りがします。これは癒される。

オリーブオイルとオレンジの香水

最近こちらを使い始めました。すごく素敵なオレンジの香りのするボディミスト。夏なんで香水代わりにシュッシュつけてます。

オリーブオイルのセラムが気になる

気になったのは、オリーブオイルのセラム「TERGUM」です。

セビーリャのオリーブオイルショップoleo-leのオリーブオイルのセラム

左がオリーブオイルのセラムで右がアロエのセラム。

オリーブオイルのセラムは伸びが良いけど重ためです。乾燥肌の人はオリーブオイルのセラムがおすすめとのこと。

ビタミンCがいっぱい入った、バイオテクノロジー栽培の贅沢なオイルセラムなんだと。「ビタミンC 250μMTE/g配合」(スペイン語公式HPより)などいろいろな数値を説明されたけど、化学の知識がないのでわからなかった…汗。

オーナーのスペイン人女性がこのオリーブオイルのセラム「TERGUM」を火傷した手に塗っていたら、そのうち火傷の跡が消えたと言ってました。

公式ページにも書いてあったけど、どうやら「TEGRAM」はシミに効果のあるオリーブオイルセラムらしい。

「洗顔後に3滴顔に垂らすと良いわよ」とのこと。夏の日焼けの後のシミも消えるって。スペインの日差しは強いけど、確かにオーナーさんシミが全然ないっすね…!

そんな説明を受けたら気になっちゃって、「TERGUM」を買おうか超絶迷いました。しかし、15mlで50ユーロという贅沢な価格に踏みとどまりました。ちーん。

オリーブオイルを使った食品

『Óleo-le』にはオリーブオイルが使われた食品もあります。

セビーリャのオリーブオイルショップoleo-leの食品

チョコレート、ジャム、オリーブの葉のお茶、パテ、チーズや生ハムのオリーブオイル漬けなどなど、全てにオリーブオイルが含まれています。オリーブの葉のお茶は日本人に人気があるらしい。

私はオリーブとアーティチョークのパテを買ってみました。パテは30gで1.75ユーロ、80gで3ユーロでお手頃価格です。

良質なオリーブオイルを求めるならÓleo-le

前に紹介した『OLEOTECA gourmet』は、比較的リーズナブルなスペインのオリーブオイル製品が買えるショップですが、『Óleo-le』はもう一段階上の、良質なスペインのオリーブオイル製品を求める人におすすめできるショップです。

アンダルシア産のオリーブオイル、セビリアを象徴するオレンジが入ったオリーブオイルのコスメなど、セビリアでしか買えないオリーブオイル製品が買えるのでお土産にも良さそう。

ショップを立ち上げたオーナーの女性は、丁寧に製品のことやスペインのオリーブオイルのことを説明してくれました。説明つきだと安心するし、買いたい欲をそそられる…。

スペイン語がわからない時は、英語でも説明してくれるそうです。

何よりもオーナーのオリーブオイルに対する情熱に心動かされました。本人も言ってたけど、スペインのオリーブオイルに魅せられた人です。

あーオリーブオイルのセラム「TERGUM」が気になるぅ。。。

セビーリャのオリーブオイルショップoleo-le

Óleo-le
住所:Calle García de Vinuesa 39, Sevilla(GoogleMAPで見る)
電話番号:954 210 084
営業時間:月〜土 10:00-13:30 17:00-20:00(夏季は21:00)

『Óleo-le』のショップはセビリアにしかありません。店内の写真はお店に許可をもらって撮影しました。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

こんな記事も読まれています

この記事を書いた人

moni

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬