長期留学する時に持ってきた服・スペインで手に入らない服

2018-05-24スペイン留学

海外へ長期留学する際に洋服をどれくらい持っていけば良いか悩む人も多いはず。私も悩みました。

海外に長期留学する時にどれくらい洋服を持っていくのか、スペインで現地調達できる洋服、スペインで手に入らない洋服を考えてみました。

スペインは服がかわいいので基本現地調達!

海外長期留学でどれくらい洋服を持っていくのかは、留学する国のファッション事情がどうなのかに左右されます。

アメリカはファストファッションが多いイメージだし、スペインもZARAやMANGOのようなファストファッションが多く、さらにデザインがかわいいので、基本現地調達で全く問題ないです。

逆に留学先が発展途上国だったり、住む地域が田舎だったりして、留学先で洋服を購入するのが難しそうな場合は、できる限りの洋服を持って行った方が良さそうだね。

旅立つシーズンの洋服を持っていく

スーツケースの大きさには限りがあるので、長期留学する場合にオールシーズンの洋服を持っていくのはかなり難しいです。

基本的には旅立つシーズンの洋服を持って行って、あとは現地調達という考え方です。夏に旅立つのであれば夏服を持って行って、冬服は留学先で買うということです。

留学期間が1年と限られていて、現地でできる限りお金を使いたくない人は、がんばってオールシーズン分の洋服をスーツケースに詰め込みましょう。私は全然入りきらなかった…。

どうしても日本にある洋服が必要な場合は、船便で自分で送っておいたり、家族に後で送ってもらうという手もあります。

スペインで手に入らない洋服

スペインのファッションブランドはかわいいものが多いので、ファッションを楽しむという意味ではスペインの洋服はおすすめです。あ、ただ品質はあまり保証しませぬ。

スペインでは手に入らない洋服というのもあります。日本に比べるとスペインはファッションブランドの数も少ないです。日本はすごいよ、どんなテイストのファッションも手に入るんだもの。

スペインで手に入らないだろうなと私が思うのは、以下のようなテイストの服。

ユニクロのヒートテック

バルセロナにユニクロの店舗があるので、バルセロナの人は買えるけどね。海外ではユニクロは高級ブランドです。セビリアにはユニクロの店舗なんてありません。

だから、ユニクロのヒートテックは持ってきた方が良いです。

「セビリアは日本より暖かいんじゃないの?」と思ったアナタ。

冬のセビリアの外の気温は日本より高いけど、家の中が超絶寒いって知ってました?私はスペインに来るまで知りませんでした。

なぜ冬のセビリアの家の中が寒いのかというと、夏が暑すぎて家の構造が熱を逃がすようになっているので、冬でも熱が逃げちゃって全然家が暖まらないのです。。。

だからセビリアの冬は家の中で凍える日々。ユニクロのヒートテックがなかったら生きていけません。

そんなにかさばらないし、ヒートテックは持っていこう。

エスニック系の洋服

日本にいる時はエスニック系の服が結構好きで着ていたのですが、スペインではかわいいエスニック系の服を見かけません。

「かわいい」というところがポイントで、スペインで売られているエスニック系の服はかなり本格的なヒッピー系。。。

そこまで本格的なエスニック調じゃなくていいのだよと思うけど、チチカカとかチャイハネのようなエスニック服がないので、エスニック系の服からはしばし遠ざかっちゃってます。これは悲しい。

たぶんゆるふわ系もない

私はゆるふわ系と呼ばれるような洋服は着ないのであまり注目して見ていないけど、スペイン人は体のラインが出ない服は好きじゃないので、ゆるふわ系ファッションは見つけにくいと思います。

パステルカラーのふわっとしたお嬢さん系ファッションが好きな人がスペインに留学する時は、ある程度持ってきた方がいいかもね。

ゴスロリ系はない

日本でも少数派ですが、ゴスロリ系ファッションはスペインで見たことがないです。手に入らないと思います。

男性ブランド少なめ

男性向けの展開をしていないファッションブランドも結構多い。

だから、男性が買えるファッションブランドは女子より選択肢が狭いです。「MEN」も展開してるのは、『ZARA』や『MANGO』『Bershka』『PULL&BEAR』『Massimo Dutti』など。

セレクトショップ系

当たり前の話ですが、マドリードやバルセロナの方が展開しているファッションブランドが多いです。

特にセレクトショップのようなファッションは、マドリードやバルセロナのような都会に行かないと見つからないことが多いです。

現地の洋服を着るのも留学の楽しみ

男性はわからないけど、女性は海外に留学したらその国のファッションブランドの服を買ってしまうと思います。節約、節約と思っていても、やっぱり直接洋服を見たら気になっちゃう。

スペインはかのInditexグループ(ZARAやBershkaを展開しているファッショングループ)のお膝元ですので、リーズナブルでかわいい洋服はいっぱい手に入ります。

現地の洋服を楽しむのもスペイン生活を楽しむことの一つかなと思って、たまーに買っちゃいます。

海外に行ったら洋服の趣味も変わるかもYO!!

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

こんな記事も読まれています

この記事を書いた人

moni

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬

2018-05-24スペイン留学ファッション

Posted by moni