分厚いトルティージャと極太フラメンキン!セビリアのバル『Santa Marta』

2018-05-23セビリア

セビリアのバルサンタマルタのフラメンキン

やっと食べに行けた!分厚いトルティージャと極太フラメンキン。

セビリアのローカルバル『Santa Marta/サンタ マルタ』に、おいしいトルティージャと名物のフラメンキンを食べに行きました。

一人では到底食べきれないフラメンキンは、5人くらいでかかった方が良いです。

トルティージャかフラメンキンが食べたくなったらココへ!胃の調子整えて行ってね。

セビリアのローカルバル『Santa Marta』

セビリアのローカルバル『Santa Marta』は、セビリアの観光スポットLas Setas(メトロポール・パラソル)の近くにあります。

友達が偶然見つけて、「トルティージャがおいしいから」って連れて行ってくれたのが2年くらい前。地元でもトルティージャのタパスがおいしいと有名なバルのようで、トルティージャは次から次へと焼きあがります。

『Santa Marta』のトルティージャが気に入った私。場所も良いしリーズナブルなので、その後も何度かトルティージャを食べる目的で訪れましたが、ほとんどトルティージャしか食べたことがなかったの。

先日やっと5人で行く機会を得たので、名物のフラメンキンも食べてみることにしました!

ぶ厚い手作りトルティージャ

セビリアのローカルバル『Santa Marta』の1つ目の人気タパスは、みんな大好きトルティージャ・デ・パタタ(tortilla de papa)、俗にスペインオムレツと呼ばれるやつです。

セビリアのバルサンタマルタのトルティージャ

『Santa Marta』のトルティージャの特徴は、

分厚い!大きい!

もちろん手作りのトルティージャなんだけど、普通のバルで見かけるトルティージャと比べてボリュームがあると思う。中のジャガイモがたっぷり。しっかり焼いていて味もちゃんとついてます。

マヨネーズが欲しかったらカウンターのウェイターさんに言えば大丈夫。別の皿にたっぷり乗せてくれます。

スペインのマヨネーズは日本のマヨネーズほどコクがないけど、マヨラーの人はトルティージャにマヨネーズをつけてどうぞ。私はつける派。

『Santa Marta』のトルティージャのタパスは2.5ユーロ

お腹が空いているなら1人1タパスで。他のタパスもつまみたいなら2人で1つのトルティージャを分けても良いと思います。

極太でボリュームのあるフラメンキン

さてさて、『Santa Marta』の名物料理は、フラメンキン(flamenquin)です。

フラメンキンはコルドバ発祥と言われている高カロリーなスペイン料理。

中にチーズとハムを入れて、豚肉で巻いてさらにそれをカツにしたのがフラメンキン。聞くだけで高カロリーなのがわかるスペイン料理ですが、『Santa Marta』のフラメンキンはさらにその上を行くヘビーさでした!

セビリアのバルサンタマルタのフラメンキン

どどん!太っ!

人の腕と同じくらいはあるんじゃないかという太さのフラメンキン。ワーワー騒ぐ私たち。

セビリアのバルサンタマルタのフラメンキン

中を割ったらロールされてる豚肉の太さに驚愕。何枚巻いたんだ!?

高カロリーヘビー級フラメンキンです。

分厚いトルティージャで結構お腹が満たされてましたので、そこにさらにフラメンキンが出てきてわたくしK.Oされました。5人で食べても残しちゃうくらいの極太超ヘビー級フラメンキンです。

フラメンキンはタパスはなくて一皿15ユーロです。

お値段もそれなりなので、複数人で食べにかかろう。一人で完食できるのはギャル曽根くらいじゃない?

『Santa Marta』で名物スペイン料理を食べよう

『Santa Marta』は分厚いトルティージャと極太フラメンキンが有名な、セビリアのローカルバルです。

トルティージャとフラメンキンはどちらもザ・スペイン料理なので、セビリアに来たら是非試してみてください。

外のテラス席は皿料理のみオーダー可能で、タパスのオーダーはできませぬ。トルティージャは皿料理もあるので、4人以上いる場合は外のテラス席でトルティージャ、フラメンキンの皿料理を頼めば大丈夫。

少人数なら中でタパスをつまみましょ。中はセルフサービス形式なので、カウンターで飲み物とタパスを注文します。カウンターにはマリネなどの冷たいタパスも出ていて、冷たいタパスもおいしかったです。

Bar Santa Marta(バル サンタ マルタ)
住所:Calle Angostillo 2, Sevilla(GoogleMAPで見る)
電話番号:954 210 194
営業時間:月曜〜土曜 7:00-0:00
定休日:日曜日

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

こんな記事も読まれています

この記事を書いた人

moni

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬

2018-05-23セビリアバル, タパス, ローカル, グルメ

Posted by moni