セビリア『マエストランサ闘牛場』の見学ツアーに無料で行ってきた

セビリアのマエストランサ闘牛場前のクーロロメロ像




スペインと言えば闘牛のイメージを持つ人も多いですよね。セビリアにもマエストランサ闘牛場があります。

スペイン国内の闘牛場は動物愛護の観点で閉鎖したところも多いですが、セビリアのマエストランサ闘牛場は現在でもシーズンになると競技が開催されていて、闘牛の愛好家らが訪れる場所。

私は闘牛の競技は見たくないのだけど、スペインの闘牛のことは知っておきたいと思って、無料で入れる時間にマエストランサ闘牛場の見学ツアーに行ってきました。

マエストランサ闘牛場に無料で入れる日

マエストランサ闘牛場は実は、月曜日に無料で入れる時間帯があります。月曜日にセビリアにいるなら無料で見学ツアーに行けるチャンス!

セビリアのマエストランサ闘牛場の行列

マエストランサ闘牛場の見学ツアー無料時間は月曜日の15時〜19時まで。観光シーズンは15時の時点で長蛇の列!1時間近く並ばないといけませぬ。

見学ツアーの開催は20分ごとで、30人くらいが1グループになります。

15時にマエストランサ闘牛場に並んでもすぐに見学ツアーが開始されるわけではなく、並んだ順に16:30の回、16:50の回と回が指定されます。19:00までの回で終わり。

私は15時に並んで45分待たされ待ち、16:30の回のチケットをもらいました。15時に見学ツアーを開始したかったら14時過ぎには並ばないといけないんじゃないかな。

指定された時間にチケットをもらった場所(見学ツアーの入り口)に行けばOKです。

見学ツアーまで30分以上時間が余ってしまった場合は、近くにある『黄金の塔』を観光するのがおすすめ。黄金の塔は月曜日は終日入館無料です。

関連記事セビリアの発展を陰で支えた『黄金の塔』を15年ぶりに訪れる

闘牛博物館から見学ツアー開始

セビリアのマエストランサ闘牛場の博物館

見学ツアーはマエストランサ闘牛場の闘牛博物館から始まります。

闘牛博物館では、セビリアの闘牛が始まった歴史や、マエストランサ闘牛場で戦った有名な闘牛士のマタドール服などを見ることができます。

30人ほどのグループにガイドのお姉さんが一人ついて、スペイン語と英語で説明してくれます。

英語が必要な人がいなければスペイン語で説明したいと言ってましたが、観光客はほとんど英語希望。お姉さん残念。英語で説明した後、4〜5人のためにスペイン語でも説明してくれました。

セビリアのマエストランサ闘牛場の博物館

1700年代の初めには、マエストランサ闘牛場があるセビリアのアレナル地区に、闘牛用の広場がありました。かつての闘牛は馬に乗って行うのが一般的で、貴族たちが軍事訓練の目的で広場で闘牛をしていたそうです。

セビリアのマエストランサ闘牛場の博物館

アレナル地区の広場で闘牛をしていた頃の絵が飾られています。その下の人形たち表情が怖いね…。

セビリアの闘牛博物館の見どころの一つは、有名な闘牛士のマタドール服を見られること。

セビリアのマエストランサ闘牛場の博物館

これはJosé Ortega(ホセ・オルテガ)という闘牛士が14歳の時に着ていたマタドール服。

通常16歳にならないと闘牛士にはなれないけど、José Ortegaは9歳から闘牛していたそうです。闘牛士はそもそも小柄だけど、このマタドール服はとても小さかった。

セビリアのマエストランサ闘牛場の博物館

地元セビリア出身の有名な闘牛士Curro Romero(クーロ・ロメーロ)のマタドール服もあります。クーロ・ロメーロのコーナーは特別扱い。

セビリアのマエストランサ闘牛場の博物館

優秀な闘牛士は牛を殺した後にその耳をもらえるらしい。闘牛が素晴らしければ耳1つ、さらに素晴らしければ耳2つ。牛は耳なし芳一状態です。ヒー。

ちなみにセビリアのマエストランサ闘牛場は、スペインで2番目に古い闘牛場です。さて、スペインで一番古い闘牛場はどこでしょう。

正解は、アンダルシアのマラガ県ロンダの闘牛場です。ロンダの闘牛場がスペインで一番古いだなんて意外でしょ。

いよいよマエストランサ闘牛場の見学

闘牛博物館の見学が終わるとみなさんお待ちかねの、闘牛場の見学ができます。

セビリアのマエストランサ闘牛場の見学

かなり広いセビリアのマエストランサ闘牛場は、全部で約12000席。3つの道路に挟まれているマエストランサ闘牛場は30方面ある多角形という不規則な形をしています。

セビリアのマエストランサ闘牛場の見学

奥の左側に見えるボックス席は王族専用席です。

セビリアのマエストランサ闘牛場の見学

闘牛士が登場する扉も見に行くことができます。ここから闘牛士たちは緊張感を持って闘牛場に入っていくわけですね。

セビリアのマエストランサ闘牛場の見学

扉の左側には小さな礼拝堂があり、セビリア大聖堂、マカレナ、トリアナなどのマリアが集合しています。競技が始まる前に、闘牛士はここで静かに祈りを捧げるそうです。

ここで見学ツアーは終わり。ツアー時間は40分くらいです。

セビリアのマエストランサ闘牛場前のクーロロメロ像

出口を出て大通りに出ると、そこにはセビリア出身の有名な闘牛士クーロ・ロメーロの像があります。

セビリアの闘牛の開催日程は?

セビリアで実際の闘牛を見てみたいから、闘牛の開催日程を知りたいという人も多いようです。

セビリアのマエストランサ闘牛場は現在でも闘牛の競技が開催されていますが、いつ行っても闘牛の競技が見られるというわけではありませぬ。

闘牛が見られるシーズンはセビリアの春祭りの時期、5月、6月、9月で、闘牛の開催日はシーズン中の木、金、土、日のいずれかです。

2018年 セビリアの闘牛の開催日程は以下の通り。

  • 5月6日(日)
  • 5月27日(日)
  • 5月31日(木)
  • 6月7日(木)
  • 6月14日(木)
  • 6月21日(木)
  • 9月28日(金)
  • 9月29日(土)
  • 9月30日(日)

マエストランサ闘牛場で最も闘牛が盛り上がるのは、セビリアの春祭りの時期と9月のサンミゲル祭りの時期だそうです。

闘牛場は日光の当たる「SOL」という席と、日陰になっている「SOMBRA」という席があります。SOLの方がチケットが安く、SOMBRAの方が高いです。セビリアの日差しはきついから闘牛シーズンのSOLは暑いと思う…。

マエストランサ闘牛場の開催日程の確認、チケット購入はマエストランサ闘牛場の公式ページからできます。「comprar」を押すと購入画面に遷移します。

見学ツアーは無料の月曜を活用すべし!

見学ツアーでもなければ闘牛場の中にはいることはないと思うので、いい機会でした。

普通に見学ツアーのチケット買うと大人8ユーロ、子供3ユーロ、65歳以上5ユーロ。うーん、無料の見学ツアーでいいかなという感じです。

マエストランサ闘牛場(Plaza de toros de la Maestranza)
住所:Paseo de Cristóbal Colón 12, Sevilla(GoogleMAPで見る)
入場時間:4月〜10月 9:30-21:00 11月〜3月 9:30-19:00
セマナサンタの金曜日(Viernes Santo)と闘牛がある日は9:30-15:30
無料時間:月曜 15:00-19:00
休館日:12月25日
料金:大人8ユーロ/子供3ユーロ/65歳以上5ユーロ
観光所要時間:40分
セビリアで泊まるなら、屋上テラスから見える大聖堂の夜景が美しい『ホテル ドーニャマリア』がおすすめ!大聖堂の目の前で立地も抜群です。

ホテル『ドーニャ・マリア』を【Booking.com】でチェック!
ホテル『ドーニャ・マリア』を【Expedia】でチェック!



最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

こんな記事も読まれています



セビリアのマエストランサ闘牛場前のクーロロメロ像

気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬