時差ボケ×フェリア『セビリアの春祭り2018』

2018-05-04スペインのお祭り

セビリアの春祭り2018のカセタでセビジャーナス

2018年の『セビリアの春祭り』Feria de Abrilは、時差ボケと戦いながらの参加となりました。

結論、時差ボケ×フェリアは危険。

眠さとの戦い。ただでさえ体力のいるフェリアに、体力が足りない状態で行くような感じ。でも、逆に体内時計がスペイン時間に戻されたかも!?

そんな2018年のフェリアの写真をどどーんと載せます。

春祭りは天気が重要

昨年は『セビリアの春祭り』が5月でとても天気が良く、暑いくらいでした。しかし、通常の『セビリアの春祭り』はFeria de Abrilって言うわけだから4月開催。

4月は天気が不安定な時期です。2018年のフェリアの出だしはとても寒かったの。

セビリアの春祭り2018の昼の会場

フェリアって寒いと気分的に盛り上がらないんだなと思った。見てこの感じ、寒くない?いや、実際寒かったんだけどさ。

セビリアの春祭り2018の昼の会場と遊園地

移動式遊園地も寒々しい。この気温で乗る人チャレンジャー。

セビーリャのフェリア2018のエセマリオ

そこにエセマリオ登場。うぇーい。

セビリアの春祭り2018の昼の会場

週の中盤からは晴れの日が。晴れたらやっぱり気分が上がるし、セビリアの春祭りの雰囲気出る!

春祭り会場は楽しい!

今年で3度目の『セビリアの春祭り』なんですが、フェリアの会場は歩いているだけで楽しいです。友達との待ち合わせ時間より早めに行って、会場をウロウロ。

セビリアの春祭り2018の昼の会場と衣装

子供たちのフェリアの衣装はかわいい。毎年ファッションショーのように衣装が気になっちゃう。

道でセビジャーナスを踊る男女。パリージョ(カスタネット)付き。このセニョール、セニョーラたちレベル高かった!

セビリアの春祭り2018の昼の会場とわたあめ

綿あめはスペイン語でAlgodon Dulce(甘い綿)。

セビリアの春祭り2018の昼の会場の道路

セビリアの有名な闘牛士、Curro Romero(クーロ・ロメーロ)の名前の道がありました。

セビリアの春祭り2018の馬車

いつの時代も馬に乗れる人はリッチな方々です。

セビリアの春祭り2018の馬

馬に乗りながらも食べなきゃ。ずっと働いてるんだもんね。

セビリアの春祭り2018の馬

「お注ぎします!」馬に乗りながらもレブヒート飲む!

2018年の春祭りの門

毎年デザインが異なるフェリアの門

2018年は結構イケててかわいかったです。毎年作るってよく考えたらすごいことです。

セビリアの春祭り2018の昼の正門

昼間のフェリアの門。青空だとやはり気持ちが盛り上がる。門をくぐればフェリアの会場へ〜!

セビリアの春祭り2018の夜の正門

フェリアの門は夜の雰囲気が好きです。今年の門は特に夜が見栄えがしてた。美しいイルミネーションです。

夜のフェリア会場

フェリアは昼も盛り上がっているけど、夜が本番という感じです。夜のフェリア会場はイルミネーションが見られる&これから夜通し遊ぶ大人たちがうじゃうじゃいるのでワクワクします。

セビリアの春祭り2018の夜の会場

4月に入ったらセビリアの夕暮れは21時頃です。20時だとまだ明るいかな。

セビリアの春祭り2018の夜の会場

夕暮れを過ぎると大人たちが集まってきます。

セビリアの春祭り2018の夜の会場

カセタの外で飲んでる人もたくさん。フェリア会場を歩いていると知り合いに会う確率も意外と高い。

セビリアの春祭り2018の夜の会場

夜のフェリア会場は正門近くのイルミネーションが美しいです。

カセタでルンバとセビジャーナス

『セビリアの春祭り』には誰でも入れるカセタがあるけど、私はファミリー感のあるプライベートカセタが好きです。毎年招待してくれるお友達に感謝。

セビリアの春祭り2018のカセタでルンバ

若者はルンバがかかるとノリノリで踊りだす。

私はこっちが好き。生演奏の大セビジャーナス大会!セビジャーナス大会は盛り上がるよ〜!

毎度おなじみのカセタの食事

カセタの食事で胃がやられる。だから基本的にはご飯を食べてから参戦するようにしております。それでも食事を出されたら手が伸びちゃう我。

セビリアの春祭り2018のレブヒート

フェリアと言えば、まずは何よりもレブヒート。レブヒートはマンサニージャやフィノのような辛口シェリー酒を、セブンアップで割ったものです。

フェリアで「何飲む?」と聞かれたら、「とりビー(とりあえずビール)」と同じノリで「とりあえずレブヒート」と言っておけばOKです。

セビリアの春祭り2018のオリーブ

このカセタのオリーブは大きいので好きです。カセタの食事で一番気に入ったの、このオリーブかも。

セビリアの春祭り2018のスペインオムレツ

カセタで出されるtortilla de papa(スペインオムレツ)はどれもすごく薄い。なんでなの?

独断のカセタのちょうちん大賞

カセタの天井を彩るちょうちんは、カセタごとに異なります。ちょうちんはスペイン語で「farolillo」と言います。

2018年の『セビリアの春祭り』のちょうちん大賞は、私の独断でこちらのカセタに決めました!

セビリアの春祭り2018のちょうちん

昼間に通って気になりました。カラフルなちょうちんがキャワイイ♡

セビリアの春祭り2018の夜のちょうちん

夜も通ってみたらやはりちょうちん一つ一つが違っててかわいかったので、こちらのカセタにちょうちん大賞を捧げます。

春祭りのシメ

そろそろフェリアも終わり。さて帰るか、という雰囲気になったらお決まりのアレを食べます。

セビリアの春祭り2018のブニュエロ

ブニュエロです。レブヒートで疲れた胃にはチョコレートが効くそう。

セビリアの春祭り2018のブニュエロ

ブニュエロは揚げドーナツのようなもの。見るだけで「これは粉と油なんだ」と理解できる調理方法で調理されています。

セビリアの春祭り2018の夜の会場

2018年のフェリアは節電モードだったのか、電飾が消えるのが例年より早かった気がします。

時差ボケのフェリアはきつい!

時差ボケでカセタに入ると、眠気と戦わなければいけないことがわかりました。それでもセビジャーナスの生演奏がかかれば踊ります!

次フェリアに行く時は、時差ボケなしの万全な体調で行きたいな。

フェリアの時期のセビージャは激混みするので、早めにホテルを予約するのがおすすめです。最後は高い物件しか残らないので要注意。

大聖堂の夜景が美しいmoniおすすめのセビリアのホテルを【Booking.com】でチェック

大聖堂の夜景が美しいmoniおすすめのセビリアのホテルを【Expedia】でチェック

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

こんな記事も読まれています

この記事を書いた人

moni

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬

2018-05-04スペインのお祭りフェリア

Posted by moni