アンダルシア周遊記:カウントダウン&初日の出はタリファ!

アンダルシア タリファ 初日の出4

2017年から2018年への年越しはタリファ(Tarifa)で過ごしました。

タリファは2017年に思いがけず訪れて以来とても気に入った場所で、ぜひアンダルシア最南端のこの地で初日の出を見たいと思いました。というわけで、タリファでカウントダウンをし、タリファで2018年の初日の出を拝むという願いが叶いました!わーい。パチパチ。

スポンサーリンク

フスカルからタリファに移動

タリファに移動する前にいた場所は、アンダルシアの青い村フスカル(Juzcar)です。小人が住むフスカルから車でビューンとタリファに移動しました。ビューンと言っても2時間くらいはかかりました。

アンダルシア フスカル〜タリファ

フスカルから海沿いに出る途中の道路からは海が見えます。夕暮れ前の空と海の境目の色が不思議できれい。こういう道路は車じゃないと通ることができないから、車で移動できて本当に良かった。感謝。

アンダルシアの主要地からタリファへの移動はこちら。

 

タリファのカウントダウン

2017年から2018年へのカウントダウンはタリファで過ごしました。スペインのカウントダウンは、みなさんご存知12粒のブドウを食べます。

通常は31日もスーパーは営業しているけど、2017年は31日が日曜日だったので30日にブドウを買っておかないと31日はスーパーが開いていない!ということに30日の夜に夕方に気がつき、漏れなくスーパーに行って最後の1パックの種なしのブドウを買いました。

ラッキー!種あったら食べるの大変だYO!!

タリファのカウントダウンイベントはどこで?

家でカウントダウンをする場合はテレビを見ながらブドウを食べるのだけど、外ではカウントダウンイベントが開催されています。セビリアだとヌエバ広場(Plaza Nueva)の市役所の前でカウントダウンを行っているはず。

タリファはとても小さい町。カウントダウンイベントなんてやっているのかしらと不安に思い、事前にタリファ出身の知り合いに「カウントダウンってどこでやってるの?」って聞いたら、「市役所の前じゃない?」って言われました。確かに市役所は時計があるしな。

しかし、オスタルの受付の感じのいい兄ちゃんに聞いたら「タリファのことはよく知らないけど(おいっ)、だいたいイベント系はタリファで一番大きな教会(サン・マテオ教会)の前でやってるよ」とのこと。あんな道でやるのかい?と思ったのだけど、あんな道でやりました!

タリファのカウントダウンはそこそこ盛り上がる

2018年に年が変わる0時20分前くらいにタリファのサン・マテオ教会の付近に行くと、人がちらほらいました。まだまだこれから人集まるんかいな?というくらい。

でも、すぐに続々と人が集まってきました。なんか外国人が多いみたい?ブドウを用意していない人も結構いる感じ。スペイン人だったらブドウ食べなくちゃ年越せないよ。

アンダルシア タリファ 年越しカウントダウン1

0時5分前くらいにはサン・マテオ教会の前にあるDJブースにDJが来ました。目の前のほぼ最前列にスタンバってカウントダウンを待つ。ブドウはタッパーに入れて準備済み。

12粒のブドウは鐘の音に合わせて食べます。最初はlos cuatroという4つの鐘が合図で鳴って、その4つの鐘の後に12回鐘が鳴ります。タリファにはリアル鐘がないので、PCから発せられる鐘が合図になりました。リアル鐘ないんかいっ!

PCのシャレた鐘のせいなのかしら、los cuatroが4つの鐘じゃなかったー。学校のチャイムみたいな鐘で「ん?なんだこれ?」って思ってたら、DJのお兄さんが「はいっ今でーす!」みたいな合図をしてくれたので、それで12回の鐘のタイミングがわかりました。前に陣取っていて良かった…。

3年目の12粒のブドウはと言うと…まぁ上手に食べられました。1年目は友達が種ありを買ってきたので種に苦戦して間に合わず。2年目はMERCADONAの缶の種なし皮なしブドウを食べたのだけど風情なく。3年目は口がブドウでいっぱいにはなったけど、いい感じに食べられたと思う。

小さいタリファの町のカウントダウンだったけど、ブドウを12粒食べるというイベントはやっぱり楽しい!

 

タリファのバル

前回のタリファ訪問ではバルの下調べが甘かったのだけど、今回はタリファ出身者にタリファのおすすめバルを聞いておきました。そしたら教えてもらった2軒ともとてもおいしかった〜!

El Pasillo

1つ目はタリファの市役所の近くにあるバル「El Pasillo」です。30日の夜に行きました。12月31日はさすがに閉まってました。

アンダルシア タリファ バル pasillo マグロタルタル

この旅で2回目の!マグロのタルタル(Tartar de Atun)すごくおいしかった!赤ワインが進むよ、これは。

アンダルシア タリファ バル pasillo ナスとチーズ

ナスとハムとチーズのグラタン(Berenjenas grantinadas rellenas de jamon y queso)
写真だと良さが伝わらないんだけど、チーズが濃厚でナスとよく合ってイイ!これもお酒が進む味。ソースはパンにつけて食べる!

アンダルシア タリファ バル pasillo セクレトイベリコ

セクレトイベリコ(Secreto Iberico)食べ過ぎ(笑)完食は無理でした。

El Pasillo
住所:Calle Guzmán el Bueno 14, Tarifa
営業時間:火〜土 13:00-16:00 19:30-0:00 日 13:00-16:30
定休日:月曜日

Mesón El Picoteo

もう一つはタリファの海岸の近くにある「El Picoteo」です。このバルはいつも混雑しているので、タイミングが悪いと結構待つかもしれません。今回はたまたまタイミング良く席に座らせてもらうことができた!

「El Picoteo」のおすすめは魚介類です。メニューも魚介類が多い。店員さんが気さくなので、店員さんにおすすめを聞くと良いかも。

アンダルシア タリファ バル picoteo あさり

あさりのマリネーラソース(Almejas a la Marinera)
魚介の出汁とトマトや玉ねぎなどであさりを調理したものです。これ好きなんだよねー。メニューには1皿(racion)しかなかったのだけど、食べてみたいから1/2皿(media racion)で頼めますか?と聞いたらオッケーしてくれました。

アンダルシア タリファ バル picoteo アスパラと生ハムのスクランブルエッグ

アスパラガスと生ハムのスクランブルエッグ(Revuelto de Espárragos con Jamón)
これは家で再現できそうだから今度やってみたい。

アンダルシア タリファ バル picoteo カジキマグロ

店員さんのおすすめ ウルタのロタスタイル(Urta a la Roteña)
ウルタって何?って聞いたら、白身魚って言われたのだけど結局何の魚か未だわからず。Urtaってなんスカ。ロタスタイルとはトマトや玉ねぎと煮込むということみたいです。

アンダルシア タリファ バル picoteo ピスト

なぜかサービスしてくれたピスト(pisto)とポテト。いや、もう入んないっす…。

Mesón El Picoteo
住所:Calle Mariano Vinuesa 1, Tarifa
電話番号:956 681 128
営業時間:水〜日 12:00-16:30 20:00-0:00 月 12:00-16:30
定休日:火曜日

 

タリファの初日の出を拝む

年末にタリファに来たのは、アンダルシア最南端のタリファで初日の出を見たかったから。日本だと初日の出は5時台でものすごく早起きな印象だけど、スペインの初日の出は8時台でそこまで早朝ではありません。

がしかし、そんな時間に起きてるスペイン人はほとんどいないよ。友達にタリファに初日の出を見に行くって言ったら「1日の朝なんてみんなが寝てる時間になんでそんなことするの?」って驚かれました。やっぱり日本人だなぁ私は。

さて、前回タリファを訪れて感動した地中海と大西洋が見渡せる桟橋から初日の出を見てみることにしました。

アンダルシア タリファ 初日の出1

雲があるのでちょっとまだ見えない。もう少しで雲の合間から出てきそう、な状態。ドキドキ。

そしてこんな感じに見えたっ!↓↓

アンダルシア タリファ 初日の出4

出たー!初日の出って眩しいのね!結構光が強かったよ。

初日の出を見に来ていた人は警察官と車で来ていた女の子1人だけ。警察官は勤務前なのか勤務後なのか。おつかれさまです。あとは初釣りと思われる男性3人いたけど、日の出にはあまり興味なさそうだった。初釣り渋いな。

 

タリファの近くにある展望台

タリファにはエストレチョ自然公園が隣接しています。そこの展望台(Mirador del Estrecho)は見晴らしが良く、晴れていれば対岸のモロッコが見えるので立ち寄るのがおすすめ。アルヘシラスからタリファに行く途中にあります。

アンダルシア タリファ 展望台 Mirador del Estrecho2

ちょっと雲があったけど、遠くにモロッコが見えました。ここの海峡はタンカーっていうの?船がたくさん通ってるんだよね。なんとも穏やかな海峡が見られる気持ちのいい展望台です。

Mirador de Estrecho(エストレチョ展望台)

タリファ中心地からは車で10分くらいです。展望台にはバルがあってお茶できます。

 

タリファで元旦を迎えられて感謝

アンダルシアの最南端のタリファで初日の出を見ることができて、我は本当に満足です。2018年もいいことありそう。

タリファは2回目だったけど、やっぱり素敵な雰囲気の町だな〜と思いました。海が好きだからかな。そしてタリファでおいしいバルを見つけたので、次来る時の楽しみも増えた!

タリファの宿泊施設はこちら

 
最後まで読んでくれてありがとう。
旅は続きます。
Hasta luegui!!!

スポンサーリンク