アンダルシア周遊記:家が全部青い!きのこもかわいい青い村フスカル

アンダルシア 青い村 フスカル Juzcar 1

青い村フスカル(Juzcar)は家が全部青かった!

青い村フスカルはスペインでは「ピトゥホの村(Pueblo de Pitufo)」として知られています。フスカルの村の中は、きのこモチーフが所々使われていてとってもかわいい!スーパーマリオに出てきそうな大きくなるきのこも食べてきました。大きくなれたかしら。

スポンサーリンク

偶然に青い村フスカルを知る

アンダルシア周遊中、青い村フスカルの存在など知りませんでした。ことの発端はロンダで。

午前中ロンダのヌエボ橋のあたりをポケポケ歩いていたら、どこからか「moniさーん」と呼ぶ声が。こんなところで日本語が?一瞬空耳アワーかな?と思ったのだけど声のする方を見たらなんと!セビリアで知り合ったYukiさんがタクシーから手を振ってる!

まさかYukiさんにロンダで会うなんて!しかもYukiさんは何故こんな小さなロンダでタクシーに乗っているのだ?などなど矢継ぎ早に疑問が浮かんだけど、その後Yukiさんからメッセをもらって全て明らかに。

なんでもロンダからタクシーで青い村フスカル(Juzcar)に行っていたと。ロンダから30分くらい、1時間くらいで見られる小さい村ということで、その日は旅程に余裕があったので行ってみることにしました。

フスカルがこんなにかわいい村だったとは!情報をくれたYukiさん本当にありがとう。

フスカルへの行き方

フスカルはスペインアンダルシアのマラガ県にある小さな村で、ロンダとエステポナの間くらいにあります。

フスカルへはバスが出ていないので、車で行くしかありません。ロンダからフスカルまでは車で30分とちょっと。ガードレールくらいしかない山道をひたすら走ります。

アンダルシア 青い村 フスカル Juzcar 2

駐車場というか駐車スペースはフスカルの村の入り口にあります。そこまで観光客の多くない村なので、車で行けばすんなり駐車できるはず。

レンタカーを借りるのが難しい場合は、ロンダからタクシーでフスカルまで連れて行ってくれるそうです。Yukiさん情報によると50ユーロでロンダ〜フスカルの往復と、フスカルで観光する時間のタクシー待ち時間も含んでくれるそう。意外とリーズナブル。

本当に家が全て青い

フスカルの村はすべて家が青いです。ここまで青く統一するの大変だっただろうなというくらいに青い。

アンダルシア 青い村 フスカル Juzcar 9

基本的に同じ色調のちょっとクリーム色がかったアイスにしたらおいしそうな青で塗られているのだけど、1軒スカイブルーに近い青で塗られている家があった。手前の左の家。違いわかるかな?

アンダルシア 青い村 フスカル Juzcar 1

ギフトショップの前にある広場からフスカルの村を見下ろすとこんな感じ。いやー本当青いよすべてが。オレンジがかった茶色の屋根とのコントラストが新鮮でイイ!

かつては白い村だったフスカル

スペインのアンダルシアには白い村がたくさんあるけど、フスカルもかつては白い村だったそうです。

アンダルシア 青い村 フスカル Juzcar 3

フスカルが現在のように青い村に変身したのは2011年。普通のアンダルシアの白い村が青い村に変身したことによって、年間50,000人の観光客が訪れるようになり、村の収入も急上昇⤴︎したらしい。

ピトゥホの村(Pueblo de Pituso)フスカル

フスカルへの観光客が増えたのは青い村というだけでなく、有名なアニメのキャラクターである「ピトゥホの村(Pueblo de Pitufo)」として村をPRし、広くスペインで知られるようになったからです。

アンダルシア 青い村 フスカル Juzcar 8

はい、逆光。ピトゥホはこの青い小人のおじさん。スペインではピトゥホ(Pitufo)と呼ばれているけど、日本ではスマーフっていう名前だそうです。

アンダルシア 青い村 フスカル Juzcar 7

フスカルの村の所々にはピトゥホが遊んでいたりします。

アンダルシア 青い村 フスカル Juzcar 5

フスカルの村にはきのこも存在しています。青い村×きのこ、ゲームの世界みたいでかわいい。そしてこの車の中を見よ、ピトゥホがぶら下がってるよん。ピトゥホがぶら下がる車を何台か見ました。

フスカルがピトゥホの村と呼べなくなる?

ピトゥホの村として一躍スペインで有名になったフスカルですが、ピトゥホの村と呼べなくなる危機が訪れました。

公式には2017年の8月15日以降、ピトゥホの村という名称を使ったり、ピトゥホを村のPRに使うのはダメっつーことになったそう。なぜかというと、こんな流れ。

ピトゥホの原作者の家族が、フスカルが「ピトゥホの村」と名乗ることと、ピトゥホを使って村をアピールしていくことに対し、村の収益の12%を支払うようマラガ県に要請

マラガ県が「嫌です」とこれを拒否

今後ピトゥホの村と名乗ることはしませぬ、ピトゥホのキャラクターもPRに使いませぬ

ピトゥホは1958年に生まれたアニメのキャラクターなんだけど、2013年にピトゥホの映画が公開されたりしたので「村の収入が上がったのはピトゥホの恩恵を受けているからだろう」というのが原作者ご家族の言い分のようです。超受けてるだろうね。

というわけで現在フスカルは「ピトゥホの村」と呼べなくなっているはずですが、2017年末時点でフスカルにピトゥホはいました。前よりは少なくなっているみたいだけど。

「ピトゥホの村」と呼べなくなったとしても、スペインに他に青い村はないから、青い村として十分観光客を集めることはできると思います。

フスカルのバルでスーパーマリオのきのこを食べる

フスカルはとても小さい村なので、バルが数えるほどしかないです。フスカルの中心地にバルがあったので、お茶休憩がてら入って結局昼食することにしました。

アンダルシア 青い村 フスカル Juzcar バル2

この日はとっても天気が良くてコートは全然いらないくらい!だったので、もちろんテラスでちょっと休憩〜。テラスからはフスカルの青い家々が見えてイイ!

アンダルシア 青い村 フスカル Juzcar バル empanada

心なしかきのこメニューの多いこのバル。これはきのこの入ったエンパナーダ(empanada=パイ包み)。ナプキンも青で統一しててさすが。

アンダルシア 青い村 フスカル Juzcar バル porra ポーラ

同じくマラガ県にある町アンテケラのご当地グルメ「ポーラ・アンテケラーナ(Porra Antequerana)」がありました。ポーラというよりサルモレホっぽかったかな?

アンダルシア 青い村 フスカル Juzcar バル

そして食べました!スーパーマリオに出てくる大きくなれるきのこ!うずらのゆで卵にプチトマトが乗っかってる食べ物。超かわいい!これ食べたから絶対大きくなった!

Bar Torricheli
住所:Av. Havaral 7, Júzcar
電話番号:952 183 677
営業時間:火〜金 10:00-0:00 土日祝日 11:00-0:00
定休日:月曜日

フスカルはロンダとセットで行こう

フスカルは人里離れた村です。車がないと交通アクセスが悪いのだけど、その分観光客はほとんどいなくてのんびり村歩きを楽しめるからおすすめです!本当教えてくれたYukiさんに感謝。

フスカル周辺で観光に訪れる場所と言ったらロンダくらい。ロンダからなら車がなくてもタクシーで行けるし、ロンダとフスカルをセットで訪れるのが良いかなと思います。

フスカルに泊まってみたい人はこちら

 
最後まで読んでくれてありがとう。
旅は続きます。
Hasta luegui!!!

スポンサーリンク