アンダルシア周遊記:崖の上の町ロンダの静かな夜

ロンダ ヌエボ橋2 ライトアップ

ロンダに来るのは3回目。1回目は初めてスペインに来た時に日帰り旅行で。2回目は2年半前の夏のフェスティバルで。1回目は日帰りだったし、2回目はフェスティバルがメインだったのでライトアップを見たことがなかったのです。

今回初めてロンダの夜の静けさの中でライトアップを見ました。ロンダはセビリアから日帰りもできるし、マラガからはもっと近いので日帰りする人も多いと思うけど、ライトアップが美しいので宿泊するのがおすすめです。

スポンサーリンク

崖の上に立つ町 ロンダ

美しい崖の町として人気のロンダは、訪れたら気に入る人が多い町です。海好きの私ですが、崖の町ロンダも好きです。

ロンダの町はそんなに大きくないです。町の中を見るなら1日あればまわれちゃうかな〜という感じです。ですが、時間に余裕のある人は是非泊まってみてください。夜のロンダは静かで星が美しく、ヌエボ橋のライトアップは幻想的です。

ロンダ 案内

ロンダの町が描かれたかわいい絵。

昼と夜のヌエボ橋

前回の旅の続きでネルハで夕日を見て、ロンダに移動した頃にはすでに夜になってました。ロンダに泊まるのは2回目だけど、前回(2年半前の夏)はフラメンコのフェスティバルで来たから、夜中じゅうずっとフェスティバルの会場にいてライトアップを見ることができなかった。

今回はロンダのヌエボ橋周辺のライトアップ、そしてクリスマスシーズン継続中だったのでクリスマスイルミネーションを見ることができました。なんていい時期に旅をしたんだ〜!

ロンダと言えば有名すぎるのがヌエボ橋。夜に見たヌエボ橋のライトアップと、次の日の昼に見たヌエボ橋でこんなに印象が違うのよ。

ロンダ ヌエボ橋2

アルデウェラ展望台(Mirador de Aldehuela)から見たロンダのヌエボ橋。改めて上から下を見ると、ものすごく高い崖の上に町を作ったんだなということがわかります。私は高所恐怖症じゃないけど、思わず「わぁすごい。見て見て見て。」と声を出してしまいそうな高さ。

ロンダ ヌエボ橋2 ライトアップ

夜のヌエボ橋は幻想的でしょ。夜に見た時は下まで見えないから、そこまでの橋の高さに気づかなかったんだなぁ。高所恐怖症の人は夜に見た方が良いかも。

ロンダ ヌエボ橋1

ロンダ ヌエボ橋1 ライトアップ

アルデウェラ展望台(Mirador de Aldehuela)の向かいから見たヌエボ橋。

 

ロンダのビエホ橋

ロンダと言えばヌエボ橋(新しい橋という意味)ですが、ビエホ橋(古い橋)も実はあります。

ロンダ ビエホ橋

アルデウェラ展望台(Mirador de Aldehuela)からヌエボ橋と逆側を見ると、右手の下の方に小さい橋が見えます。それがビエホ橋です。わかりますかね?

下にある橋がビエホ橋(古い橋)ということは、下から町を作って上にどんどん増やしていったのかな。

 

ロンダのクリスマスイルミネーション

クリスマスシーズンは、スペインのどんな小さな村でもイルミネーションの装飾があります。フリヒリアナにもあったくらいだから本当にどこの村でもイルミネーションがあるのだと思います。

ちなみにイルミネーションで電気を使いすぎるので、RENFEが遅延するなどの支障が出ているそうです。それはそれで問題な気が…。でも、それだけイルミネーションに賭けてるってことだよね。それはそれで素敵!

ロンダのイルミネーションはこじんまりしていてかわいかったです。

ロンダ イルミネーション1

町が都会化していないから、イルミネーションが映えると思う。

ロンダ イルミネーション2

都会のイルミネーションより田舎の素朴なイルミネーションの方が私は好きかも。

ロンダ パラドール ライトアップ

ひときわ目立つヌエボ橋近くのイルミネーションは、ヌエボ橋の隣にあるロンダのパラドールのイルミネーションです。

 

ロンダのスペイン最古の闘牛場

今回素通りしましたが、ロンダにはスペイン最古の闘牛場の一つがあります。

ロンダ闘牛場1

スペインの有名な闘牛士で晩年は闘牛の指導者もしていたらしいペドロ・ロメロさんは、ロンダの出身だそうです。

ロンダ闘牛場2

ロンダの闘牛場はヌエボ橋の近くにあります。この像の前で、一生懸命自撮りに奮闘する「自撮り少年」に遭遇。

 

ロンダの展望台

ロンダの展望台(Mirador de Ronda)は、ロンダの町の下に広がる大地が見渡せる気持ちのいい展望台です。

ロンダ 展望台からの眺め

ザ・自然。こういう緑豊かな大地を見ると、アンダルシアは田舎なんだな〜と思う。

ロンダ 展望台からの眺め2

展望台からヌエボ橋は見えないけど、断崖絶壁の上にロンダの町があることがよーくわかります。

 

ヌエボ橋を下から見る

ヌエボ橋を下から撮影している写真を見たことがあったのだけど、どこから撮っているんだろうと疑問に思っていました。今回ヌエボ橋を下の角度から見られる場所に行くことができました!

駅方面(パラドールがある方)からヌエボ橋を渡って右折して少し歩いたところに、マリア・アウキシリアドーラ広場(Plaza de Maria Auxiliadora)があります。その広場の奥を下って行くと、ヌエボ橋を下の角度から撮影することができます。

ロンダ ヌエボ橋 下から

そうそう、このアングル!車で遠くまで行って撮影しているのかと思ってたワ。しかし、本当すごい高さの橋と崖です。

下る距離はそんなにありませんが、柵などはなく歩道が整備されているわけではないので、歩くときは気をつけてね。スニーカーじゃなくても大丈夫だけど、滑る靴はやめておいた方が良いです。


この近くです。

 

ロンダへの行き方

セビリアからロンダへの行き方

セビリアからロンダへはLos Amarillosの直通バスが1日数本出ています。バスの所要時間は2.5時間〜3時間です。(時刻表はこちら

セビリアからロンダへ行くバスは山道を走るためかなり揺れます。車酔いする人はたぶん酔います。私は車酔いほとんどしないけど、ロンダに行った時だけはすごく酔って「次行く時は時間かかっても電車で行きたい」って思いました。

セビリアからロンダへ電車で行こうとすると、直通がなくてアンテケラで乗り換えなのでとてもアクセスが悪いです。しかも1日1本しかなくて到着が15:45。帰りは17:13には乗らないといけないから、セビリアから電車で行く場合は日帰りは無理です。

マラガからロンダへの行き方

ロンダへ行くにはマラガから行くと便利です。マラガからロンダへは直通バスで1.5時間〜2時間。(時刻表はこちら

マラガからは直通の電車もあり、本数は少ないですが日帰り可能です。10:05出発、11:56着の便でロンダに向かい、16:50発、18:50着の便でマラガに戻って来れば良いと思います。

今回マラガ方面から車で行ったのですが、全然車酔いしませんでした。車中楽しかったからかな。セビリアからロンダに向かう道だととても揺れるのか、バスだからすごく酔ったのかは謎。

ロンダのバス停・鉄道駅から中心部へ

ロンダのバス停、または鉄道駅からヌエボ橋がある中心部までは歩いて15分くらいです。目印となるものはあまりないのですが、「中心地に行きたい」「Quiero ir al centro.」と歩いている人に聞けば教えてくれると思います。

 

ロンダの夏のフラメンコフェスティバル

ロンダでは毎年8月の中旬にフラメンコフェスティバルが開催されています。私が2年半前の2015年に行ったフェスティバルはこちら。

ロンダ フェスティバル2

Homenaje a los Artistas Festeros(フェステーロたちへのオメナへ)
もう、名前を聞くだけでも行きたくなるフェスティバルです。1部ではマラガ県やセビリアのフェステーロたちがそれぞれ舞台に上がるという形式。

ロンダ フェスティバル1

2部はフィエスタ形式になり、出たり入ったり。この形式の方が盛り上がって好き。見ている最中は集中して写真など撮ってられんので、これはスタンバイ中の写真。

今後ロンダのフェスティバルに行く人のためにアドバイス!ロンダの夜は夏でも相当冷えます。結構ガッツリした羽織ものを持っていくことを強くおすすめします。

8月の灼熱のセビージャから半袖で元気にロンダに乗り込んだら、バス停降りた瞬間に「寒っ」て嫌な予感がしました。みるみるうちに気温が下がり、フェスティバルが始まる22時頃には「秋かい?」と思うような気温に。フェスティバル中は寒さ地獄でした。ワインを飲んで体を暖めるしかなく、友達と凍えてた。

地元ロンダの人は分厚いマントンで美しく着飾ってました。大げさでもなんでもなく、厚めのマフラーとかストールを持っていくべきだったYO!!

 

夜が美しいロンダ

崖の上に立つ美しい町 ロンダ。私は夜のロンダの静かな感じが好きでした。

セビリアより気温が低くて寒いけど、その分ロンダは空気が澄んでいる気がして、星も近くに感じたな。

 
最後まで読んでくれてありがとう。
旅は続きます。
Hasta luegui!!!

 

スポンサーリンク