アルヘシラスは観光するところがないけどオスタルとバルは良かった

2017-12-12カディス県

アルヘシラスのカフェ

行く前はマラガのようなイメージなのかなと思っていたアルヘシラス(Algeciras)。着いて地元の人に聞いたら「何もないよ」「No hay ambiente.」って言われました。

私は観光以外の目的があったのですが、観光目的でアルヘシラスを訪れると何もなくて残念に思うかもしれないです。

スポンサーリンク

パコ・デ・ルシアの故郷 アルヘシラス

アルヘシラスと言えば、有名すぎるフラメンコギタリスト パコ・デ・ルシア(Paco de Lucía)の故郷です。

アルヘシラスにはパコ・デ・ルシアのルーツを巡ることができる箇所がいくつかあります。観光スポットみたいなところではないけど、パコ・デ・ルシアのファンなら興奮するんではないでしょうか。

しかし、パコ・デ・ルシアのルーツを全て巡るには車が必要です。アルヘシラスの町中で見られるのは、パコ・デ・ルシアの銅像くらいっぽい。

◆パコ・デ・ルシアの銅像
住所:Av. Virgen del Carmen 3, Algeciras

 

アルヘシラスで泊まったオスタル

アルヘシラスでは『Hospedaje Lisboa』というオスタルに泊まりました。Booking.comで見て1泊シングル23ユーロで1、2位を争う安宿だったのですが、泊まるだけ目的だったのでこのオスタルなかなか良かったです。

アルヘシラスのバスターミナルからオスタル『Hospedaje Lisboa』までは歩いて7〜8分ほどで、アルヘシラスの劇場フロリダのすぐそばです。近くにはバルが並ぶ通りがあるし、オスタルの1階もバルになっています。

アルヘシラスのオスタルHospedajeLisboa

オスタルの中はもちろんWiFi完備。必要最低限の設備って感じだけど、泊まるだけなら十分かな。

受付のおばさんは日本語が少し話せる感じの良い人でした。アルヘシラスで突然雨が降って「傘ありませんか?」と聞いたらわざわざ探し出してくれて、傘を貸してくれました。

 

オスタル1階にある人気バル

アルヘシラスのバル

オスタル『Hospedaje Lisboa』の1階にはバルがありました。中心地のバルを探そうかと思っていたのですが、人がたくさんいて人気店ぽかったのでこのバルに入ってみることに。

アルヘシラスのバルの豚ほほ肉の煮込み

雨が降って寒かったのでCarillada(豚のほほ肉の煮込み)を頼んでみました。クミンやシナモンのようなスパイスを使っていて、なかなかない味でおいしかったです。

アルヘシラスのバルのクロケッタ

牛テールのコロッケ(croqueta de rabo de toro)は珍しい。

タパスは一皿1.5〜2.5ユーロで値段が安い!セビリアのバルって高いのね〜と、アルヘシラスのこのバルのタパスの値段を見て思いました。

◆La Canalla Tapa Y Copas
住所:Calle Juan Morrison 46, Algeciras

 

オスタル近くのおしゃれカフェで朝食

雨の降りしきる朝、朝食を食べられる場所はあるかしらとオスタルのおばさんに尋ねたら、近くの通りにバルがあるよーと教えてもらったのでオスタルから一番近いカフェに入りました。とてもおしゃれなカフェだった!

アルヘシラスのカフェ

かわいい家具で飾られた小さなカフェ。長居したくなる雰囲気です。朝も早よから営業してました。

スペインアルヘシラスのトスターダ

アンダルシアの朝食トスターダ。トマトは瓶に入れられて登場。カフェっぽい〜かわいい。

◆CastelArt
住所:Calle Emilio Castelar 33, Algeciras

 

アルヘシラスへの行き方

アルヘシラスはモロッコとの玄関口ということもあり、アンダルシアの各地からアルヘシラス行きのバスが出ています。アルヘシラスへのアクセスはそんなに悪くないです。

アルヘシラスへの行き方詳細はこちら。

 

アルヘシラスでは観光はできない

結論、アルヘシラスはわざわざ観光に行くような場所ではないと思いました。地元の人が言った通り、本当に何もない。何かのついでにアルヘシラスに行くことがあれば、また同じオスタルに泊まろうかな。

 
最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

アルヘシラスの宿泊施設を検索

こんな記事も読まれています