白い村 アルコス・デ・ラ・フロンテーラは本当にアーチが多かった

2017-11-01カディス県

アルコスデラフロンテーラ旧市街

地味に続けていますアンダルシアの田舎を紹介するシリーズ4ヶ所目。

8月の真夏なのにお天気がとても悪かった日に、アルコス・デ・ラ・フロンテーラ(Arcos de la frontera)に観光しに行ってきました。

アルコス・デ・ラ・フロンテーラはヘレス・デ・ラ・フロンテーラからバスで行けるところにある、アンダルシアの白い村です。

スポンサーリンク

アルコス・デ・ラ・フロンテーラへの行き方

アルコス・デ・ラ・フロンテーラへは、セビリアまたはヘレス・デ・ラ・フロンテーラからバスでアクセスします。セビリアとヘレスからの行き方を載せます。

セビリアからアルコスへの行き方

セビリアからアルコス・デ・ラ・フロンテーラへは本数は少ないですが、Los Amarillosの直通バスが出ています。

セビリア〜アルコス
アクセス手段:バス
バス会社:Los Amarillos
セビリアのバス停:プラド・サンセバスチャン(Prado San Sebastian)
本数:1日2本
所要時間:2時間
料金:片道8.9ユーロ(往復割引なし)
時刻表(OrigenにSEVILLA PRADO.S.S、DestinoにARCOS DE LA FRONTERAと入力)

2017年11月時点で、セビリア発アルコス・デ・ラ・フロンテーラ行きのバスは11:30と18:30の2本、アルコス・デ・ラ・フロンテーラ発セビリア行きは、9:00と16:00の2本です。

ヘレスからアルコスへの行き方

ヘレス・デ・ラ・フロンテーラからアルコス・デ・ラ・フロンテーラへのアクセスは、Bahia de Cadizというカディス県の路線バスの延長みたいなバスに乗ります。車内でバスのチケットは購入します。

ヘレス〜アルコス
アクセス手段:路線バス
バス会社:Bahia de Cadiz
本数:平日は7:00-20:30までの間で1時間に1〜2本、土日祝日は本数少なめ
所要時間:40分
時刻表

バスターミナルからアルコス・デ・ラ・フロンテーラの村への行き方

ヘレス方面からアルコスまで田舎だな〜と思う道をひたすら走ると、アルコス・デ・ラ・フロンテーラの端っこにバスターミナルにバスが停まります。

アルコスのバスターミナルから白い村アルコスの旧市街へ行くには、展望台方面へアクセスするにはてくてく20分ほどゆるい坂道を登ります

バスターミナルを出たら左側に進んで行くイメージです。商店街のようなゆるい坂を登りきると村の中に入っていくのでわかると思います。

 

本当に真っ白な村 アルコス

アルコス・デ・ラ・フロンテーラは全体的に真っ白です。たまーにバルに赤や青の水玉があるくらいでそれ以外は本当に真っ白。

アルコスデラフロンテーラ旧市街のフラメンコの壁

文字が薄くて見えにくいですが、フラメンコの種類が書き記されている壁がありました。どの曲から派生して、どのように変化していったのかなどがわかる「フラメンコの木」です。

アルコス・デ・ラ・フロンテーラもフラメンコのアーティストを輩出している村。しかし、誰がここにどうやって書いたんだろう。

アルコスデラフロンテーラ旧市街のバル

全てが真っ白だから赤い水玉のバルがとても可愛かった。

アルコスデラフロンテーラ旧市街のバル

青い水玉も新鮮でいいです。アルコス・デ・ラ・フロンテーラは、観光地化されていない白い村でした。

 

アルコスのバルコニーと展望台

アルコス・デ・ラ・フロンテーラには、アルコス周辺の大地が見渡せるバルコニーと展望台があります。

アルコスのバルコニーと展望台がアルコス観光の見どころです。バスを降りたらゆるい坂道を登って、まずはメインのバルコニー(Balcony New Peña)を目指します。

アルコスデラフロンテーラ旧市街の展望台

バルコニーからの見ると、アルコス・デ・ラ・フロンテーラは崖の上に立っているのだなということがわかります。ここからの眺めはパノラマでもパシャリしました。

アルコスデラフロンテーラ旧市街の奥の展望台

バルコニーよりもさらにアルコスの旧市街を奥に進むと、展望台(Mirador Peña Vieja)に辿り着きます。ここからは大きい湖が見えます。天気が晴れてたらもっと美しいんだろうなー。

「水曜どうでしょう」に登場したアルコスのパラドール

アルコス・デ・ラ・フロンテーラのメインのバルコニー(Balcony New Peña)の隣には、アルコス・デ・ラ・フロンテーラのパラドールがあります。このアルコスのパラドールの中にあるカフェテリアからの眺めがいいので、休憩しました。

アルコスデラフロンテーラのパラドール

アルコスのパラドールの飲み物の値段は普通のバルよりはちょっぴりお高めですが、是非このパラドールでお茶していくのがおすすめです。ガラス張りの向こうに崖の下が見える絶景のパラドールなので、カフェテリアの窓際をゲットしましょ。

アルコス・デ・ラ・フロンテーラのパラドールは、「水曜どうでしょう」という大泉洋さんが出ている番組で、大泉洋さんが宿泊したみたいで話題になっています。「水曜どうでしょう」を見てアルコスを知った人も多いのだそうで。テレビの力というのはすごいですね。

アルコス・デ・ラ・フロンテーラ自体はすごく小さい町ですが、スペイン各地にあるパラドールは素敵なところが多いので、時間のある人はアルコスのパラドールに宿泊してみてもいいと思います。間違いなく夜のアルコスは観光客がいなくなり、かなりの静けさになるはずです。

アルコス・デ・ラ・フロンテーラのパラドール(Parador de Arcos de la frontera)
住所:Plaza del Cabildo, Arcos de la frontera
電話番号:956 700 500

アルコスのパラドールの予約はこちら

 

さすがアルコスという名前だけあってアーチが多い

アルコ(arco)とはスペイン語で「アーチ」の意味です。アルコス・デ・ラ・フロンテーラは本当にアーチが多い村でした。さすがアルコスです。

アルコスデラフロンテーラ旧市街

アルコス・デ・ラ・フロンテーラの展望台の手前に城跡があります。城跡の隣には植木鉢が飾られ、アーチが続いています。

アルコスデラフロンテーラのアーチ

展望台の近くにもアーチを発見。全てが白いぜ。さすが白い村。

アルコスデラフロンテーラの旧市街のアーチ

村をぐるりと一周するとアーチがあちらこちらにあるのを発見します。アーチの先に吸い込まれそう。

アルコスデラフロンテーラの旧市街のアーチ

アルコス・デ・ラ・フロンテーラは、観光地化されていないアンダルシアの白い村でした。

素朴なアンダルシアの白い村の雰囲気を感じたかったら、アルコス・デ・ラ・フロンテーラはおすすめです。セビリアやヘレスから日帰り観光もできます。

 
最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

アルコス・デ・ラ・フロンテーラの宿泊施設を検索