セビリアの『スペイン広場』と青空のコントラストが美しすぎる

『スペイン広場』とセビリアの青空のコントラストが美しすぎる




セビリアのスペイン広場は、大きな半円の視界に収まりきらないパノラマビューと壁面のタイルがとても美しい広場です。

そしてセビリアの青空とのコントラストが素敵すぎる!

スペイン広場は私のお気に入りの場所。

スペイン広場の美しい景観を見るたびに、セビリアに住んでいて良かったと思います。

直径200メートルの半円広場

セビリアのスペイン広場は、とても大きな半円型をしています。なんと半円の直径は200メートル

セビリアのスペイン広場を観光

スペイン広場はセビリアのアルカサルでも見られる、イスラム教とキリスト教の建築様式が融合したムデハル様式を取り入れた建築様式で作られた広場です。

あまりに大きいので、間違いなく視界に収まりきらないパノラマビュー。

写真に撮るのがいささか難しいですが、広角レンズがあれば上手に撮れるのかな。パノラマモードで撮影したら、半円がうまく表現されず微妙になりました…。

セビリアのスペイン広場と虹

半円のスペイン広場は真ん中に噴水があります。運が良ければ噴水の水しぶきにかかる虹を見られるよ。

セビリアのスペイン広場の塔

半円の両サイドには高い塔が1つずつ。この塔は離れたところからでもよく見え、ヒラルダの塔の頂上やグアダルキビル川からもスペイン広場の塔を見ることができます。

スペイン広場の建物は明るい茶色のレンガで、セビリアの青空によく映えて美しい。見よこの青空!

壁面の美しいタイルは必見

もう一つスペイン広場で美しいのは、ムデハル様式の壁面のタイル。重厚なレンガ造りの建物との調和が見事です。

セビリアのスペイン広場のタイル

半円の壁面にはスペインの各都市を象徴する歴史的な出来事と、その都市がどこにあるのかを示す地図が描かれています。

セビリアのスペイン広場のグラナダのタイル

しかしセビリアのタイルはないのです。壁面タイルはセビリア以外の46県とカナリア諸島、バレアス諸島です。

セビリアのスペイン広場のムルシアのタイル

ムルシア(Murcia)のタイルだけ異色でした。他はかなりリアルな人なのに、ムルシアのタイルだけ漫画みたい。でもこれが一番かわいかった。

タイルがある壁面はベンチ形式になっていて座ることもできます。観光途中にしばしここで休憩。

スペイン広場の絵になる光景

計算され尽くされた建築の造形美と、セビリアの美しい青空が見られるスペイン広場の景観は、全てが絵になります。

セビリアのスペイン広場と橋

スペイン広場には半円を囲むように水路のような小さい運河があり、ムデハル様式のデザインの橋がかかっています。

この橋で1年前に撮った写真と同じ構図で写真を撮りたいとカップルに頼まれてパシャリしたことがあり、素敵だなぁと思いました。

セビリアのスペイン広場とボート

この運河ではボートに乗ることができます。

夏は10時〜22時、冬は10時〜20時まで利用可能です。定員4名で35分で6ユーロ、1時間10分で10ユーロ。1時間乗るほどの大きさではないかな。デートだったら乗ってみたい。

セビリアのスペイン広場と観光馬車

スペイン広場にはセビリア大聖堂との間を結んでくれる観光馬車も到着します。スペイン広場×馬車は本当に絵になる。セビリア春祭り×フラメンカ衣装×馬車が最強だけどね。

映画のロケ地にもなったスペイン広場

スペイン広場は、現実離れした美しい景観から映画のロケ地としても使われています。

セビリアのスペイン広場を観光

スペイン広場が使われた映画は

  • スターウォーズ
  • アラビアのロレンス
  • 8 apellidos catalanes

意外と知らない人もいるようですが、運河にかかる橋やスペイン広場の建物の廊下、噴水近くが「スターウォーズ」エピソード2の惑星ナブーのシーンとして使われています。

「アラビアのロレンス」では、スペイン広場がホテルとしてロケに使われたそうです。この映画のロケ地巡り観光で訪れる人もいると聞きますが、本当かしら。

スペインのカタラーノス(カタルーニャの人)を描いた映画「8 apellidos catalanes」は、スペイン広場だけでなく、ヒラルダの塔や黄金の塔、セマナサンタのシーンなどが登場し、主人公の生活とともにセビリアの象徴を見ることができます。

これだけ美しいスペイン広場なら、映画のロケに使いたくなるのも納得。

建物の柱や雰囲気が昔の時代のものにも見えるし、周りに大きい建物がなくて撮影村のように使いやすいというのもあると思います。

スペイン広場は万博施設

スペイン広場は1929年のセビリアで開催された万博(EXPO)の会場施設として建設された広場です。

セビリアのスペイン広場の設計者

スペイン広場の入り口には、セビリア出身の建築家で設計を担当したアニバル・ゴンサレスの銅像が建てられています。

なお、俗に「セビリア万博」と呼ばれるのは1992年の万博(EXPO)で、セビリアの街中が歓喜に沸いたすごい体験だったそうです。毎日お祭りさわぎで素敵な思い出だとセビリア万博を経験した友達は言っていました。

セビリアの大好きな青空を感じられるスペイン広場

私はセビリアの青空が大好きです。セビリアの青空に敵う青空を見たことは今までにないというくらい。

セビリアのスペイン広場を観光

セビリア大聖堂とセビリアの青空のコントラストも素晴らしいですが、スペイン広場とセビリアの紺碧の空とのコントラストはそれに勝るほど素晴らしいです。

この広い空間で雲一つないセビリアの青空を見られた時は、セビリアに住んでいることをとても幸せに思います。

スペイン広場(Plaza de España)
住所:Avenida de Isabel la Católica, Sevilla
入場時間:24時間
観光所要時間:30分〜1時間

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

大聖堂の夜景が美しいmoniおすすめのセビリアのホテルを【Booking.com】でチェック

大聖堂の夜景が美しいmoniおすすめのセビリアのホテルを【Expedia】でチェック

こんな記事も読まれています



『スペイン広場』とセビリアの青空のコントラストが美しすぎる

気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬