メールやチャットの結びに使うスペイン語(beso/saludo/con todo mi…)

un besoやun saludo メールやチャットの結びに使うスペイン語
スペイン語

日本では仕事のメール以外で結びの言葉なんてあまり意識してなかったけど、愛情表現豊かなスペインでは友達とのチャットにも結びの言葉が頻発します。

スペインに来た時はメールやチャットの結びに使うスペイン語の選択肢が多すぎて、「違いって何なに?」と思っていたのですが、仕事で使う結びの言葉以外はさほど意味の違いがないことがわかりました。

メールやチャットの結びに使うスペイン語を集めました。

友達との間で使う結びのスペイン語

友達とメールやチャットする時の最後に使うスペイン語の結びの言葉です。直訳するとbeso=キスという表現が出てきますが、信頼関係があれば異性の友達に使っても大丈夫です。

自分がいつも使う結びの表現というのは決まってくるのですが、チャット内容や状況によって別の結びの表現を使うこともあります。

私の使い分けている感覚と合わせて、友達との間で使える結びのスペイン語ご紹介します。

日常的によく使う結びのスペイン語

beso(キス)を使った結びの言葉はいくつかありますが、どれもほとんど意味は同じです。

un beso

友達とのメールやチャットの結びで使う一般的なスペイン語表現です。

un besito

私はこれをチャットの結びによく使います。besoがちょっと可愛くなったみたいなイメージです。

besos

bessと書く人もいます。besoの複数形です。

besitos

besitoの複数形です。

un besote

un besoに「あなたに」という意味のteが加わった結びのスペイン語表現で、より信頼関係のある人に使います。

異性間でいつもはun besoだったのがun besoteに変わった、チャットやメールの内容もより深いものになってきたという場合は、特別な感情が込められている場合もあります。特に深い意味がないこともありますので、文脈で判断です。

muak

キスの擬音語を表現したものです。なんとなく生々しいので私は使わないですが、色っぽい系女子でたまに使っている人がいます。

強めの感情を表現したい時の結びのスペイン語

友達の誕生日だとか、何かお祝いをしたいことがあるとか、「おめでとう!」というような前向きな感情と合わせて使う時には、以下のような結びのスペイン語を使うことがあります。

un beso grande
大きいキス
un beso enorme
巨大なキス

この2つは、すごく仲の良い友達に大切なことを伝えたり、エールを送ったりする時に使ったりします。

un beso fuerte
強いキス

私は異性に対してはこれは使わないです。

なんとなくの感覚的なものですが。前述のun besoteと同じく、いつもはun besoと使う異性がun beso fuerteを使ってきて、メールやチャットの内容もロマンティックなものだったら、特別な感情があるかもです。

友達以外に使える結びのスペイン語

相手が先生であるとか知り合ったばかりの異性などで、心情的にbesoを使うのがはばかられる場合は、abrazo=抱擁を使った結びのスペイン語表現が使えます。

un abrazo

abrazo=抱擁です。un abrazo fuerteにしたら、「強い抱擁を!」みたいになるので逆にun besitoよりも強い印象を私は受けてしまいます。

un besazo

besazoとはbesoとabrazoをくっつけた造語だそうです。信頼関係のある友人の間で使う表現です。

心を込めて系の結びのスペイン語

besoを使った表現は軽めでチャットでよく使いますが、「心を込めて」と強調したい時はこんな結びのスペイン語を使います。

con todo mi respeto
敬意を込めて

尊敬している人や目上の人に対して使えます。

con todo mi corazón
心を込めて

心から何か(感動とか)を伝えたい時に使えます。私はあまり知らない人には使わないスペイン語です。

con todo mi cariño
愛を込めて

かなり親しい間柄じゃないと使わない表現です。すごく仲が良ければ、お誕生日のお祝いメッセージと合わせて使ったりできるかな。

関連記事 ▷ スペイン語で「お誕生日おめでとう!」の言い方とプラスαのメッセージ

ビジネスで使うメールの結びのスペイン語

仕事相手に「un besitoooo」とか書いたら、この子頭弱いんかな?と思われてしまうので、仕事のメールではかしこまった表現を使います。

仕事でなくても、ホテルやレストランに予約のメールを入れる、市役所にメールするなどの時に使えるスペイン語の結びの表現です。日本語で言うと「敬具」にあたります。

un saludo

一度も会ったことない人と連絡を取り合う時は、仕事でなくてもこれを使います。

un cordial saludo

un saludoをより丁寧にした結びの表現で、仕事の取引先にも使えます。

reciba un cordial saludo

un cordial saludo(心からのご挨拶)を受け取ってください、というニュアンスをもたせた結びの表現です。仕事の取引先に使える丁寧な表現です。

なお、仕事のメールの際は初めに以下のような表現を使います。拝啓〜様のようなスペイン語の表現です。

Estimado Señor XX(男性の名前)
Estimada Señora XX(女性の名前)
Estimados Señores(相手の名前がわからず、全体に対してメールする際)

“Estimado/a/os〜”(文頭)と”un saludo/un cordial saludo”(文末)をセットで覚えておくとよろし。

スペインでは友達とのチャットに結びの言葉を使おう

日本では友達同士のメールやチャットに結びの言葉なんてないから、最初は慣れないなーと思ってましたが、そのうち自然に使うようになりました。

セビリアの人たちは人懐っこい人が多いから、割と知り合ってすぐun besitoooとかbessとか使ってくるけど、スペインの他の地域でも同じなんですかね?

友達とのチャットではun besitoなどと書かなくても全く問題はないですが、仕事で使うメールの結びの言葉は重要なので、こちらは忘れないようにしておきたいです。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

関連記事 ▷ 私が使っているスペイン語のおすすめ辞書とアプリ

moni

スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、会社を退職して2015年〜2021年までスペインのセビージャ暮らし。スペイン生活の中で気づいたこと、セビージャのこと...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。