ヘレスの『タバンコ・ラス・バンデリージャス』でシェリー酒とタパスを楽しむ

ヘレスの『タバンコ・ラス・バンデリージャス』でシェリー酒とタパスを楽しむ




ヘレスはシェリー酒がとても有名な街。そんなヘレスでシェリー酒を飲みたいならこのバル(タバンコ)がおすすめ!

ヘレス中心部にある『Tabanco Las Banderillas/タバンコ・ラス・バンデリージャス』です。

Airbnbでヘレスのお家にお邪魔した時に、ホストのお兄さんに「どこかおいしいバル知りませんか?」と聞いたら教えてくれたのがここ。

『タバンコ・ラス・バンデリージャス』はお肉も魚もおいしい。そしてシェリー酒の種類が豊富なのがありがたい。

タバンコ・バンデリージャスのシェリー酒

シェリー酒の街ヘレス・デ・ラ・フロンテーラだけあって、ヘレスのバルはシェリー酒が豊富です。しかも1杯1ユーロ〜1.4ユーロとか安すぎありがたすぎ。

ヘレスのバルのシェリー酒

fino(フィノ)は一番辛口のシェリー酒で、manzanilla(マンサニージャ)も次いで辛口。Oloroso(オロロソ)やAmontillado(アモンティリャード)は色は濃くなりますが、辛口でも甘口でもどちらでもない中間の味です。

私のお気に入りはMoscatel(モスカテル)で、すっきりした甘さ。Pedro Ximenez(ペドロヒメネス)はデザートワインのような、かなりまったりした超甘口のシェリー酒です。ペドロヒメネス食後のデザートと一緒に解いう感じ。

ヘレスのタバンコバンデリージャス

『タバンコ・ラス・バンデリージャス』はカウンターの前にシェリー酒メニューが書かれた黒板があるので、気になるものからいってみます。辛口とさっぱりタパスから始めて、料理の味が濃くなると同時にアモンティリャードやオロロソに移行していく。

ボリュームのあるタパス

タバンコ・バンデリージャスのタパスでこれまで試したものは総じて好きです。がっつり肉も、にんにくがたっぷり入った魚も、全て気に入りました。

一つ難点を言うとしたら、脂っこい食事なので万全の胃で行かないともたれるかもしれません。

ヘレスのバルのタコのガリシア風

タコのガリシア風(pulpo a la gallega)。北部のタパスだけどアンダルシアでも食べます。ちょっとオイリーな一品。

ヘレスのバルのクロケッタ

定番クロケッタ(croqueta)はふつーにおいしい。

ヘレスのバルの豚サーロインのオロロッソソース

豚サーロインのオロロソソース(solomillo al oloroso)さすがヘレス。シェリー酒オロロソを使ったソースです。同じシリーズで豚サーロインのロックフォールチーズソース(solomillo al roquefort)もおいしかった。

ヘレスのバルのマグロのソテー

マグロのソテー(Atun a la plancha)はにんにくたっぷり。もしかしたらアヒージョ(al ajillo)だったかも。デートの人は気をつけてね。

がっつり食事したい人におすすめのバル

『タバンコ・ラス・バンデリージャス』は胃が元気な時が良い。オリーブオイルたっぷりだし揚げ物も多いので、がっつり食べたい気分の時におすすめです。

人気のバルで特に昼時は混んでいるので、昼に行く場合は早めに行こう。

Tabanco Las Banderillas(タバンコ ラス バンデリージャス)

住所:Calle Caballeros 12, Jerez de la frontera(GoogleMAPで見る)

営業時間:12:25-17:00 20:00-0:00

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luego!!!

こんな記事も読まれています



ヘレスの『タバンコ・ラス・バンデリージャス』でシェリー酒とタパスを楽しむ

気に入ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬