ついに!スペインでワーキングホリデー!仕事はあるのか?

hands-1445472_640-min

ついにスペインでワーキングホリデー(ワーホリ)制度が使えるようになるようですね!

ワーホリってなんだ?、どんな内容でスペインとワーキングホリデー制度の締結をしたのか、実際にアンダルシアで生活していて仕事はあるのかなどなど気になったので調べました。詳細が発表されたので、情報をちょっと追加しています。

スポンサーリンク

外務省が正式発表

今か今かといつも噂されていましたが、今回のスペインワーキングホリデーに関しては外務省が正式な報道を出しています。

2017年4月5日付の外務省の報道発表(こちら)ではこう記載されています。↓↓

岸田文雄外務大臣は,フェリペ6世スペイン国王王妃両陛下の国賓訪日に際し訪日中のアルフォンソ・ダスティス・スペイン外務・協力大臣(H.E. MR. ALFONSO DASTIS, Minister of Foreign Affairs and Cooperation of Spain)との間で「ワーキング・ホリデー制度に関する日本国政府とスペイン王国政府との間の協定」の署名を行いました。

国王が来日しているのは知っていたけど、外務大臣はこのワーホリ協定に署名するのも仕事の一つだったのかな?とか考えてました。

スペインでのワーホリ希望者はたくさんいるので、嬉しいニュースですね。

 

ワーホリってナニ?

そもそもワーキングホリデー(ワーホリ)のことなんとなくしかわかってなかったので、ちょっと調べてみました。

・ワーキングホリデーというのは海外に長期滞在できるビザのこと。(旅行だと3ヶ月までしか滞在できない)

・ワーキングホリデー協定というのがあり、1980年にオーストラリアと日本の間で始まった。ちなみにスペインは18か国目。

・18歳〜30歳の日本国民はワーキングホリデー協定を結んだ国に1年〜2年滞在可能

・観光旅行や、留学だと普通は働けないけど、ワーホリだったら働くことができる。働きながら旅行したり、学校に行ったりすることが可能。

うーむ、スペインでワーホリ。これはいい制度だ!

残念ながら私は30歳を超えているのでこの制度には申し込みできないのですが、社会人を経験してからスペインに留学したい人、スペイン語まだできないけど働いてみたい人、には活用できそうな制度だと思います。

 

スペインでワーホリ制度を利用するための条件

先ほどの外務省の報道発表にスペインとのワーキング協定の内容、条件が書かれています。そして2017年6月にスペイン大使館から詳細が発表(スペイン大使館のページ)されましたので、その情報を追記しました。

条件をざっとまとめるとこんな感じ。

18歳〜30歳までの健康な人
・飛行機等の旅費が十分にあること
・入国してすぐは仕事がなくても暮らしていけるだけのお金があること
具体的にはひと月あたり532.51ユーロ×3ヶ月分=1597.53ユーロに相当するお金
・期間が終わったらちゃんと帰る、滞在延長とかしない
・以前にスペインでワーキングホリデーをしたことがない人
・犯罪履歴がない人
期間は1年
・募集人数は年間500人、2017年は250人

期間は1年なんですね。

知らなかったけどワーホリって終わったらちゃんと日本に帰らないといけないんですね。就学ビザと同じで延長とか、就労ビザへの変更とかできるのかと思ってました…。

募集人数については、「2018年7月1日までに500人分ビザを発給します」とスペイン大使館作成のビデオがおっしゃってました。

 

スペイン ワーキングホリデー・ビザの申請方法

スペインのワーキングホリデー・ビザの申請は、2017年7月1日から可能です。つまり、もう始まってまーす。

ワーキングホリデーの申請書

スペイン大使館のページで必要書類を確認し、申請書に記入して提出します。提出先は六本木にあるスペイン大使館領事部で、予約は不要です。

スペインワーキングホリデーの申請書を見たけど、スペイン学生ビザ申請のフォーマットにとても似てました。必要書類も結構似ています。長期学生ビザの方が必要書類は多いけどね。

ワーホリ・ビザではN.I.E申請書が必要

異なる点はワーキングホリデー・ビザの申請時に合わせてN.I.Eの申請書類を提出しなければならないことです。N.I.Eの申請書はスペインで使われている申請書なので、スペイン語の様式になっています。大使館のページには書き方の例が出てないので、わかりづらいなと思いました。

「Motivo」のところは「Por intereses economicos」を選択して、「Especificar」のところに「working holiday」と書くのだと思います。書き方はスペイン大使館領事部に確認した方が良さそうです。

ワーホリ・ビザで任意提出の書類

長期学生ビザでは必須だったけど、ワーホリのビザでは任意提出となっている書類は「海外保険」、「宿泊証明書」の2点です。

海外旅行保険」については加入がすすめられています。スペインで何か病気になっても自分でどうにかしてね、と宣誓書にサインさせられます。長期学生ビザの場合は「海外留学保険」(旅行保険ではない)の加入が義務付けられています。

長期学生ビザの取得では、3ヶ月先まで住める宿泊先の「宿泊証明書」提出が必要でした。ワーホリ・ビザでは宿泊証明書は任意提出になっています。スペインに来てから宿泊先を探そうという人もいると思うので、その点は楽ですね。

セビリアでピソを探した時のポイントと注意点

セビリアで3回目のお引越し ピソ探しと契約

ワーホリ・ビザの申請にかかる期間

申請手続きに必要な期間は8週間とのことです。入国希望日の2ヶ月前くらいに申請したらちょうどいい感じですね。入国希望日の90日以上前の早すぎる申請は受け付けてもらえないそうなので、ご注意ください。

 

スペインでワーホリ対象者が働ける場所って?

ところでこのニュースを見た時にまず思ったのが、私の住んでいるセビリアでは地元の人ですら働く場所がなかったりして困ってるのに、外国人である私たちが働ける場所ってあるのかな?ということでした。セビリアは仕事がないイメージがあります。

ワーキングホリデーのビザを取得して「正式に働ける権利があること」と、「仕事があること」というのは別な気がするんだけど、ワーホリ制度が始まったら働く場所が増える、とかそんなことあるのかな?いや、ないよね。

仕事がなさそう 給与水準が低い地域

生活するのに必要なお金が稼げるのか、が疑問です。生活費が安い地域=給与水準が低い地域です。例えばセビリアだったら日本より安く暮らせるけど、その分給与も低いということです。安く暮らせて日本と同じように稼げる、はありえない。

私はセビリアで働いたことないので友達から聞いた情報だけど、例えばバルでcocinero(料理人)して、時給3ユーロとからしいです。1日8時間働いて24ユーロ、週休2日だと月で480ユーロ。

どう考えてもこれだと、旅行や学校に行くのは難しいですよね。家賃、光熱費、食費、ちょっと遊ぶお金、以上。それに1日8時間も働いていたら学校とか行けないしね。

仕事がなさそう 日本人観光客があまりいない地域

セビリアは観光都市ではあるものの、日本人観光客はあまりいないです。最近は中国人、韓国人は大きいバスツアーでたくさん来ているのを見かけるけど、日本人は個人旅行の人をちらほら見るくらい。みんな1日とかで通過していっちゃうのよね。

ということは、ワーホリの仕事としてよく想像される「旅行ツアー会社」の仕事を見つけるのは難しそう。日本人観光客が少ない地域は旅行関連の仕事がないので、そこは考慮しないといけないですね。

仕事が見つかりそうな地域

ただこれはあくまでもセビリアの感覚なんで、都会であるマドリッドとかバルセロナは全然状況が異なると思います。観光スポットであるので、ツアー会社もあるだろうし、日本食レストランもセビリアよりは多いので、日本人が働ける場所ももっとありそう。

セビリアには日本食レストランは数店舗あります。camarero/a(ウェイター)は日本人じゃなくてもいいみたいだからcamarero/a狙いだと微妙だけど、料理ができれば料理人で働けるというアドバンテージがあると思います。

仕事がないアンダルシア

日本人留学生を15年迎えているセビリアに住むスペイン人が、ワーホリのニュースを見た時に言ってました。「マドリッドとバルセロナは(仕事を見つけるという意味では)特別だから。」

アンダルシアにワーキングホリデーで来ようとしている人がいるのであれば伝えたい。「生活費は3ヶ月分とは言わず、できる限り持って来るべし。」と。セビリア、仕事ないYO!!

セビリアでかかる生活費はこちらを参照ください。

 

スペインのワーキングホリデー制度に期待

何はともあれ、スペインのワーホリを待っていた人たちに門戸が開かれたのはとても良いこと!

外務省の発表に

両国の青少年の交流や相互理解が促進され,両国の友好親善関係が一層強化されることが期待されます

とありましたが、まさに若者たちが海外に、スペインに出て行くきっかけになり、交流が深まればいいですね。

 

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luegui!!!

 

スポンサーリンク