スペイン語で「料理する」cocinarとhacer/prepararの使い分け

2016-10-22スペイン語

スペインで作った餃子

スペイン語で「料理する」と言いたい時、必ずしもcocinarを使うわけではないということがわかりました。

なんでもかんでもcocinarを使っていると、スペイン人から見て「変だ」と感じることがあるらしい。

スペイン語で「料理する」と言う時は、cocinarの他にhacerとprepararが使えます。cocinarはいつ使うのか、hacerとprepararはいつ使うのかを検証します。

cocinarは火を通す料理に使う

先日友達と話している時に、

Right Caption

moni

Anoche cociné ensalada.

と言ったら「それはおかしいスペイン語だ。」と正されました。汗。昨夜サラダを作ったと言いたかったのですが、「んんん〜??」って友達が言うのです。

なぜかというと、cocinarは焼いたり、煮たりする料理で使うので、サラダのように火を通さない料理に対して使うのは変だということです。そもそもサラダは料理じゃないじゃんって考え方のようです。

Voy a preparar ensalada.
サラダを作ります。

じゃあ、鶏肉を焼いたやつとかだったら、

「Voy a cocinar pollo asado.」

とか言えるのか?と思っていたら、どうやらそうでもなさそう。

cocinarは一般的に料理するという表現

友達のニュアンスを紐解くと、どうやらcocinarというのは対象物が明確でない状態で料理するを表現するものであるようです。

Me gusta cocinar.
私は料理が好きです。
Ella cocina bien.
彼女は料理が上手です。

だから、作る「何か」が明確な時にはhacer(作る)やpreparar(準備する)を使うのが、スペイン語の口語ではよりナチュラルに聞こえます。

Voy a hacer puchero.
プチェーロを作ります。

日本語でも「今から豚の生姜焼きを料理します。」ではなく、「今から豚の生姜焼きを作ります。」って言うもんなーと思いました。

ちなみにpuchero(プチェーロ)はガルバンソ(ひよこ豆)や肉が入った煮込み料理で、代表的なスペイン家庭料理です。スペイン人みんな好きだよね、puchero。

cocinarとhacer/prepararの使い分け

「昨日餃子を作ったよ」という時に、cocinarを使っても十分通じるとは思います。ただスペイン人から見ると「何か変だな。」と感じる表現のようです。

なので、作るものが明確な時により自然な会話にするにはhacerやprepararを使った方が良いです。

Anoche preparé papas con chocos. 
昨夜パパ・コン・チョコを作ったよ。

papasはpatatas(じゃがいも)のこと。アンダルシアではpapas(sが発音で抜け落ちたように聞こえるのでパパ)と言います。chocosはイカ。じゃがいもとイカの煮込み料理のようなもので、すごくおいしいスペイン家庭料理です。

日本語の料理をする・作ると同じ

スペイン語で料理する=cocinarと通り一辺倒に覚えているとややこしくなるのですが、要は日本語の解釈と同じです。

日本語で「餃子を料理します」と言わないのと同じで、スペイン語でも「餃子を作ります」という言い方になるということ。

実はスペイン人も日本語の「料理する」のニュアンスに疑問を持っていたことがわかりました!

で、私の回答はこちらです。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luego!!!

こんな記事も読まれています

この記事を書いた人

moni

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬