食いしん坊・寒がり・ご飯党などスペイン語で特徴を表す時は何て言う?

2016-09-29スペイン語

バルセロナ5Jの生ハム

私はいつも「お腹が空いた〜。」と言っています。

なもんで、友達に「あんたちゃんと食べなさいよ。」と言われたのですが、ちゃんと食べてるけどお腹が空くんです、食いしん坊だから。

そんな食いしん坊な人に捧げる、「〜坊」「〜屋」みたいなスペイン語の表現をご紹介します。

食いしん坊はcomilon/na

食いしん坊というのはスペイン語で「comilon/na」と言います。

いつも食べている人(大食漢)のことは「glotón/na」と言いますが、「comilon/na」の方が表現的には上品になります。

Ella es comilona.
彼女は食いしん坊です。
Pedro es glotón.
ペドロは大食いです。

寒がりはfriolero/a

私は寒とてもがりです。寒いのが苦手な人、寒がりをスペイン語で表す時は「friolero/a」と言います。

Ana es muy friolera.
アナはとても寒がりです。

なんとなくcomilonaの流れを汲んでいる感じがします。

怖がりの言い方は「miedoso/a」

怖がり、ビビリの表現は「miedoso/a」です。

Somos muy miedosas.
私たちは怖がりです。

ピソを探していた時に、「この周辺は夜は安全ですか?」と質問したところ、「うん、安全よ。私たちmiedosasだし。」という言い方をしていました。

ご飯党の言い方はarrocero/a

パンよりご飯が好きな人、ご飯党の人は「arrocero/a」と言います。ちなみにパン党はというと「panero/a」です。

Mi padre es arrocero.
私の父やご飯党です。

「パネーロ」って…パネーって言葉が訛ったみたいな言い方。ちなみに私はarroceraです。

他にも「〜がり」「〜党」「〜派」みたいなスペイン語の表現を入手したら更新しますね。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luego!!!

こんな記事も読まれています

この記事を書いた人

moni

10年勤めた会社を退職し、スペイン語とスペイン文化+αを学ぶため、2015年6月よりスペインのセビージャ暮らし。日々の生活で気づいたこと、スペイン語のこと、セビージャのこと、などなどをブログに記録。熱中したら止まらないB型。Sevilla tiene un color especial〜♬