スペインのカタツムリ(カラコレス)は初体験が肝心!

2016-05-26セビリア

スペインのセビリアのカラコレスとビール

スペインはカタツムリの季節です。セビリアのいろんなバルで「Hay Caracoles(カタツムリあります)」、冷やし中華始めました、的な文字が見られるようになりました。

5月〜6月のこの時期しかバルでカタツムリにお目見えしないので、スペインの風物詩的な感じで年に一度はカタツムリを食べるといい思い出になると思います…うん。

カタツムリを食べるのは初体験が肝心

日本でカタツムリ(カラコレス)を食べてました、と言う人はほとんどいないでしょう。

日本ではフランス料理などでエスカルゴは食べると思いますが、スペインでカラコレスと呼ばれているものは、エスカルゴみたいに洒落てない。完全なるカタツムリ。

私もスペインに来て初めてカタツムリを食べました。

「スペインでカタツムリを食べる場合は、最初が肝心だ。」

と友達にアドバイスもらいました。初体験がおいしければそのままカタツムリを好きになる人もいるけど、最初にまずいカタツムリを食べると苦手になる人も多いとか。特に泥の味がしたりすると一気に嫌いになるそうな。

何と言っても見た目がザ・カタツムリだから躊躇しちゃう人は多いはず。これからスペインでカタツムリを食べようと思っている人は、おいしいと評判の店を事前にリサーチして、カタツムリに挑戦するのがおすすめです。

カラコレスは路上でも売られている

カタツムリの季節になると、スペインの路上でオリーブと一緒にカラコレスやカブリージャが売られます

スペインのセビリアの道で売られているカラコレス

道でカタツムリが売られている様子はこんな感じ。いやーすごいカタツムリ感出てますね。まさかこれを食べるとは…って感じだけど、スペインではカタツムリを家で調理する人も多いらしい。

セビリアのバルでカタツムリをいただく

セビリアでカラコレスのタパスがあるバル

セビリアのバルでは、カタツムリの季節になると「Hay caracoles(カタツムリあります)」や「tapa de caracoles(カタツムリのタパス)」と軒先に看板が出されます。看板があるバルではカタツムリが食べられるということ。

私のセビリアでの初カタツムリは、ルイス・モントート通り(Calle Luis Montoto)にある混雑しているバル。

このバルではどうやらみんな「カラコレス」と呼ばれる小さいカタツムリを食べている。タパスの人もいれば、大きい皿のカラコレスを分け合って食べてる人も。カラコレスで有名なバルのようだ。

スペインのセビリアのカラコレスとビール

カラコレスのお供はやっぱビールでしょってことで、ビールとカラコレスのタパスを頼んだら、なんとカタツムリ柄のコップでビールが注がれた。これはかわいらしい(^^)

出されたカラコレスのタパスは貝殻から頭が出ているので、それを一気に吸ってカラコレスを食べます。たまに頭が出てきていない強情カラコレスがいるので、その場合は爪楊枝でつついて食べます。

味の感想は個人ごとに異なると思いますが、私の感覚では薄いカレー味のようなスパイスのような味がした。ビールとカラコレスの相性は抜群でそれなりにおいしいけど、個人的にはもうちょっと大きい味わいのある貝類が好きです。

さらに大きいカタツムリもある

スペイン人の友達の家に行った時に、バルで食べたカラコレスよりもさらに大きいカタツムリが出てきました。大きいカラコレスは「カブリージャ」と言うそうです。

スペインの大きいカラコレス「カブリージャ」

ん?これも吸う感じなのか・・?と思ったけど、結局吸う感じでした!

がしかし、この大きいカブリージャは食べるのしんどかったです。大変申し訳ないけど4〜5つくらいしか食べられなかった。

だって、カタツムリそのものなんです。見て。

スペインの大きいカラコレス「カブリージャ」

触覚出てるよ〜(涙)。スペイン人はこんなものを「おいしいおいしい」と食べているのか!謎。

バルで食べた大きさのカタツムリが限界だなとこの時に思いました。

セビリアでカラコレスが評判のバル

カラコレスがおいしいと大変評判でありました、セビリアのプマレホ広場(Plaza del Pumarejo)のバル『Bodega Camacho/ボデガ カマチョ』のカラコレスをついに食べました!

スペインのセビリアのカラコレスのバル

2017年5月、20時過ぎの開店と同時に一番乗りで入りました。このバルはカラコレスの人気バルで、私たちが入った後も続々と人がやってきて、20:30にはほぼ満席になってました。

スペインのセビリアでカラコレスを食べる

で、お噂のお味はというと・・・確かに食べやすいです!このカラコレスなら「味がまずくて無理」ということはないと思います。「カタツムリの触覚が無理」という人は無理だと思いますが。

セビリアで初めてカラコレスに挑戦したい人は、プマレホ広場(Plaza del Pumarejo)のバルのカラコレスを食べるといいと思います。店員さんもいい人たちだし。

Bodega Camacho(ボデガ カマチョ)
住所:Plaza Pumarejo 3C, Sevilla
電話番号:954 371 027

バルでカブリージャも食べてみた

2018年に、友達の家で挑戦して無理だと思った大きいカタツムリ「カブリージャ」をバルでも食べてみました。こちらもプマレホ広場のバル。

セビリアのバルのカブリージャ

友達の家で食べた時は全然味がしなくて正直おいしくないと思ったけど、このバルのカブリージャはうまーく出汁が効いてておいしかった

カブリージャはカタツムリ感が出すぎていて食わず嫌いしていたけど、きちんとおいしいバルで食べればおいしいんだなとわかりました。

Bodega Bar Umbrete
住所:Plaza Pumarejo 89, Sevilla

季節になったらスペインでカラコレスを食べよう

カタツムリはこの季節のスペインの風物詩みたいなものなので、また来年も食べに行きたいと思います。

カタツムリを提供しているセビリアの老舗バルは何故かトイレが汚いので、トイレは済ませて行くのがおすすめです。トイレのスタイルもなかなか昔のスタイルだと聞きます。

最後まで読んでくれてありがとう。
Hasta luego!!!

こんな記事も読まれています